ロミーとミッシェルの場合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロミーとミッシェルの場合
Romy and Michele's High School Reunion
監督 デヴィッド・マーキン
脚本 ロビン・シフ
製作 ローレンス・マーク
製作総指揮 バリー・ケンプ
ロビン・シフ
出演者 ミラ・ソルヴィノ
リサ・クドロー
ジャニーン・ガラファロー
音楽 スティーヴ・バーテック
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
編集 デヴィッド・フィンファー
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年4月25日[1]
日本の旗 1997年11月8日[2]
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$29,205,077[3]
テンプレートを表示

ロミーとミッシェルの場合』( - ばあい、原題:Romy and Michele's High School Reunion)は、1997年に公開されたアメリカ映画。ソフトタイトルは『ロミー&ミッシェル』。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスでお気楽人生を満喫するロミーとミッシェルは『プリティ・ウーマン』が大好きな幼なじみでルームメイト。同級生ヘザーからアリゾナ州トゥーソンで高校卒業10年目の同窓会に出ないのと聞かれる。彼女らは底意地の悪いクリスティとボーイフレンドのビリーに卒業パーティーで恥をかかされた。キャッシャーと無職という現在の境遇では同級生を見返せない。2週間で仕事と恋人を見つけようとヴェルサーチやお見合い番組の申込に行ったり、奮闘するも、減量も失敗。

同僚に借りたジャガーコンパチブルにキャリアっぽいスーツで乗り込む。ガリ勉だったヘザーが新しい煙草の巻紙を発明して大成功したというので、誰でも知っていて誰も発明者を知らないもの、「ポスト・イット」の発明者ロミーとそのデザイナーのミッシェルを演じることに。道中、ライバル意識が燃え、口喧嘩して「同窓会では別行動よ」と絶好。同窓会で宿敵クリスティと取り巻きたちに遭遇したロミーはサクセス・ストーリーをでっち上げる。リムジンで来たサンディと同乗。卒業後最も変身した人に二人が選ばれ、70年後も喧嘩している夢見る。来ないはずのヘザーが来て「考案者は3M社のアート・フライよ」と言い放ち、嘲笑される。ロミーを救ったのはミッシェルで、「昔のように楽しめばいいのよ」と、普段の派手なファッションに身を包み、「私たちのパーティーはこれからよ!」と反撃を開始。下品というクリスティに『ヴォーグ』の編集者となった同級生が誉める。自家用ヘリでサンディが登場して、「どうしても手に入れられないものは君だよ、ミシェル」。ヘザーもカップルに。ビリーに言い寄られ、彼と結婚して幸せだというクリスティが悲惨な結婚生活ということも分かる。

6ヶ月後、2人はブティックを共同経営していた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロミー・ホワイト ミラ・ソルヴィノ 小山茉美
ミッシェル・ワインバーガー リサ・クドロー 勝生真沙子
ヘザー・ムーニー ジャニーン・ガラファロー 小宮和枝
サンディ・フリンク アラン・カミング 江原正士
クリスティ・マスターズ ジュリア・キャンベル 水谷優子
シェリル ミア・コテット 小金沢篤子
ケリー クリスティン・バウアー 吉田美保
リサ・ルーダー エレイン・ヘンドリックス 玉川紗己子
ビリー ヴィンセント・ヴェントレスカ 宮本充
トビー・ウォルターズ カムリン・マンハイム さとうあい
カウボーイ ジャスティン・セロー

スタッフ[編集]

  • 監督:デヴィッド・マーキン
  • 製作:ローレンス・マーク
  • 製作総指揮:バリー・ケンプ、ロビン・シフ
  • 脚本:ロビン・シフ
  • 撮影:レイナルド・ヴィラロボス
  • 音楽:スティーヴ・バーテック、ジェームズ・ニュートン・ハワード
  • 編集:デヴィッド・フィンファー
  • 衣裳デザイン:モナ・メイ

脚注[編集]

外部リンク[編集]