フェアチャイルド (航空機メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェアチャイルドFairchild )は、1925年から2002年まで活動したアメリカの航空機メーカーである。

歴史[編集]

1920年代、航空カメラを設計製作していたシャーマン・M・フェアチャイルド (Sherman Fairchild) によって創立された。空中撮影用の機体FC-1(FC-2)から始まる。第二次世界大戦中は練習機PT-19輸送機を生産した。

1950年代から1960年代フォッカーフレンドシップライセンス生産した。1965年にP-47F105などを開発したリパブリック・アヴィエーションを買収した。

1996年ドイツDASAダイムラークライスラー・アエロスペース)傘下のドルニエを買収して「フェアチャイルド・ドルニエ」に社名を変えたが、業績不振で2002年に経営破綻した。2003年に部門ごとに分割され、旧フェアチャイルド部門はM7 Aerospaceが買収した。

機体リスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]