ベル 407

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベル 407

ベル407

ベル407

ベル407は、ベル・ヘリコプター社の生産しているヘリコプターベル 206 L-3をもとに開発した。

ベル206の機体をベースに、OH-58で使われている4枚ブレードのローターを採用し、計器類も液晶ディスプレイなどでグラスコックピット化されている。販売開始以来、救急、報道、輸送など多くの業界で広く使われている。

派生種に、偵察ヘリコプターとして軍事用に開発されていたARH-70があった。こちらは、商用オフザシェルフ(COTS)を多用し、開発期間と製造コストを大幅に下げる目的で始まったが、機体トラブル、それによる計画の延長、予算の大幅超過など様々な理由で2008年にキャンセルされている。

性能[編集]

  • 乗員:1名
  • 積載量:5名(操縦士・副操縦士含まず)
  • 全長:12.7 m
  • ローター直径:10.67 m
  • 高さ:3.56 m
  • ローター回転面積:89 m2
  • 乾燥重量:1,210 kg
  • 最大積載量:1,065 kg
  • 最大離陸重量:2,722 kg
  • エンジン:ロールスロイス250-C47 ターボシャフトエンジン 520 kW ×1基
  • 最高速度:260 km/h
  • 巡航速度:246 km/h
  • 航続距離:612 km
  • 実用上昇限度:5,698 m

関連項目[編集]

外部リンク[編集]