WAH-64 アパッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WAH-64 アパッチ

WAH-64D Apache - RIAT 2013 (9372433048).jpg

WAH-64 アパッチ(WAH-64 Apache)は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発したAH-64D アパッチ・ロングボウを、アグスタウェストランドイギリス陸軍向けにライセンス生産した攻撃ヘリコプター。最初の8機はボーイングによる製造である。

イギリスでの名称は、採用時はWAH-64の通称であったが、制式化後は、イギリス最初の純粋な攻撃ヘリコプターとして、イギリス国防省によって指定されたApache AH Mk 1もしくはAH.1で呼ばれている。

経緯[編集]

イギリス軍1990年代初頭、新型の純粋な攻撃ヘリコプターを必要としていた。125の開発計画があった後、1993年2月に、最終選定時に以下の機体が選ばれた。

選定の結果、1995年7月にAH-64Dが採用され、イギリス陸軍向けの改造型が新たに開発された。翌年1996年にはAH-64Dの67機の製造契約が結ばれた。

1999年3月には初期製造分であるボーイング製のWAH-64がイギリスに到着した(マクドネル・ダグラスは1997年にボーイングに吸収される形で合併している)。ウェストランド製の最初のWAH-64は2000年7月に調達されている。最終機である67番目のWAH-64は、2004年7月に引き渡された。

結果的にAH-64Dをベースとして、後述する独自仕様が多く追加されたが、1機あたりの調達単価は約60億円に抑えられている[1]

機体[編集]

アーク・ロイヤル」艦上のWAH-64

基本的な機体構成は、原型機であるAH-64Dと同じである。イギリスはこれに加え、イギリス海軍が運用するヘリ空母イラストリアス」とヘリコプター揚陸艦オーシャン」とアルビオン級揚陸艦「ブルワーク」を拠点として活動できる、水陸両用の運用能力を求めた。海上での運用証明は2005年12月にオーシャン級で達成しており、WAH-64は今後イギリス海軍でも活動できるようになる。

他には以下のような変更点がある。

また、イギリス陸軍ではWAH-64に空対空装備としてショートが開発したスターストリークを、4発携行できる能力を追加する予定である。射程は6kmで、攻撃目標は本体によって誘導される。

なお、アフガニスタンにおけるイギリス海兵隊伍長の救出およびターリバーンの拠点を掃討する際など、このWAH-64を用いて捜索救難任務などに就いているが、その際武装装備用のスタブウィングにイギリス陸軍兵を載せてそのまま飛行するという荒業を行った実績がある[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ “アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?”. 東洋経済新聞社. (2014年11月3日). http://toyokeizai.net/articles/-/51971 2014年11月3日閲覧。 
  2. ^ [1]