Ka-50 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Ka-50/Ка-50

飛行するKa-50

飛行するKa-50

Ka-50(カモフ50チョルナヤ・アクラ;ロシア語: Ка-50 «Чёрная акула» カー・ピヂスャート・チョールナヤ・アクーラ)は、ロシアカモフ社で開発された単座型攻撃ヘリコプターである。愛称は「チョールナヤ・アクーラ」(ロシア語で「黒い」という意)。Black Shark という英訳名で紹介されることもある。

派生型Ka-50ShКа-50Шカー・ピヂスャート・シャー)は非公式に「ノチュノーイ・オホートニク」«Ночной охотник»ナチュノーイ・アホートニク)と呼ばれるが、これは「夜の狩人」という意味で、Night hunterという英訳名でも紹介される。

北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームは、「ホーカム」(Hokum:インチキ、デタラメの意)であった。


開発・運用[編集]

Ka-50は、ロシア陸軍の主力攻撃ヘリコプターであるMi-24シリーズの後継機として開発された。開発名称はV-80В-80ヴェー・ヴォースィミヂスャト)であった。「V」(В)は、ロシア語ヘリコプターを意味する「ヴェルトリョート」(вертолётヴィルタリョート)の頭文字である。対抗馬であるMi-28が前任機Mi-24譲りの大型の機体であるのに対し、Ka-50は、カモフが得意とする同軸反転式ローターを採用した小柄な機体として設計され、乗員も1名のみとされた。

Ka-50は、前任機を上回る高度な運動性を有し、同軸反転式ローターによってもたらされる安定した飛行特性は他の攻撃ヘリコプターにはみられないものである。Ka-50は、対空・対地両方への攻撃能力を有する機体として開発されたため、通常の攻撃ヘリコプター以上に空対空ミサイルなどの運用能力に優れている。なお、対空戦闘は後期型Mi-24にも付与されていた任務で、ソ連ロシア西側諸国以上に攻撃ヘリコプターを多目的に使用してきたことはよく知られたことである。それに関連し、Ka-50でもMi-24同様あらゆる地上目標への攻撃能力が付与されている。Ka-50では、同機とSu-25T向けに開発された昼間テレビ自動追跡装置シュクヴァール(Шквал:「突風」の意味)を搭載した。また、自動追跡航法装置ルビコーン(Рубикон)も搭載した。

なお、Ka-50が正式に発表される以前、西側はハヴォック(Mi-28)がハインド(Mi-24)の後継となる攻撃ヘリコプターであり、ホーカム(Ka-50)は世界初の空対空戦闘ヘリコプターと想像していた。これはMi-28は西側の攻撃ヘリコプターと比較しても常識的な形態を採用しているのに対し、Ka-50は単座であるなど大きく異なっており、しかも(カモフでは普通のことだが)二重反転メインローターを採用しているという特徴による。

1989年、V-80Sh-1(В-80Ш-1ヴェー・ヴォースィミヂスャト・アヂーン)は、Ka-50という新しい名称を獲得した。

漆黒に塗装されたKa-50のデモンストレーション機

また、Ka-50は、世界で初めて射出座席を採用したヘリコプターとしても知られている。乗員が1名のみとするのも攻撃ヘリコプターとしては世界初の試みで、カモフではこれをセールスポイントとしていた。結果としてこれは複座機に慣れ親しんできた運用側に不安感を与えてしまい、Ka-50が商業的に失敗する要因となってしまった。そのため、トルコ空軍に売り込みをかけているKa-50-2はKa-50を複座型に改造した発展型となっている。

その後、カモフはKa-50を複座にしたKa-52を開発するとともに単座型Ka-50の改良型としてKa-50Shを開発した。同時期にはMi-28の夜間攻撃機型Mi-28Nも発されており、Ka-50シリーズでもKa-52やKa-50Shへ同様に夜間攻撃能力が付与された。シュクヴァール-V(Шквал-В)の上部に装備されたサムシート-50T(Самшит-Тсамшитは「」の意味)システムは温度によって敵の画像を捉えるもので、索敵、追跡、レーザー誘導ミサイルによる攻撃に際し大きな力を発揮するものと期待された。カモフではKa-52とともにこのKa-50Shをロシア陸軍へ売り込んでおり、一度は決定されたとされたMi-28の採用が取り消しとなったことから再攻勢をかけた。結局は、Mi-28Nが50機の発注を受けている。なお、Mi-28Nの愛称もKa-50Sh同様「ノチュノーイ・オホートニク」である。

Ka-50はイメージ戦略として全身漆黒のカラーリングで公開され、その後もいくどかの変更を経ながら「映画スクリーン上の兵器」のような塗装は維持されてきた。それが大きく変更されたのはチェチェン戦争への実戦投入で、Ka-50は実戦仕様の迷彩を施され、8機が前線へ投入された。これは、Ka-50の実戦試験であった。

派生型[編集]

Ka-50 チョールナヤ・アクーラ
基本型。
Ka-50Sh
単座夜間攻撃機型。
Ka-50N - Ка-50Н
単座夜間攻撃ヘリコプター型。
Ka-50-2 エルドガン - Ка-50-2 Эрдоган
NATO向けに開発された複座型。
Ka-52 アリガートル - Ка-52 Алигатор
複座偵察攻撃ヘリコプター型。
Ka-54
Ka-52から開発されたタンデム複座式の派生型。

性能・主要諸元[編集]

Kamov Ka-50 Hokum graphic.gif

Ka-50[編集]

Ka-50Sh[編集]

  • 初飛行:1997年
  • 主回転翼直径:14.50m
  • 全長:13.50m
  • 全高:4.90m
  • 空虚重量:7,692kg
  • 通常離陸重量:9,800kg
  • 最大離陸重量:10,800kg
  • 発動機:クリーモフ製TV3-117VMA ターボシャフト(出力:1,660kW)2基
  • 超過禁止速度:300km/h
  • 巡航速度:270km/h
  • 実用航続距離:1,160km
  • 戦闘行動半径:460km
  • 上昇率:600m/min
  • 実用上限限度:5,500m
  • 戦闘上昇限度:4,000m
  • 乗員:1名
  • 武装
    • 30mm機関砲 2A42 1基(弾数500発)
    • 4箇所のハードポイントに2,000kgまでの武装を搭載可能
      • ヴィーフリ対戦車ミサイル3連装発射機4基
      • イグラ-1V空対空ミサイル4基
      • S-8ロケット弾用 B-8V20A 20連装ポッド2基
      • 23mm機関砲ポッド

運用国[編集]

ロシアの旗 ロシア連邦
ロシア空軍 - 15機のKa-50と10機のKa-52を使用。

登場作品[編集]

(現段階では)Ka-50がメインのフライトシミュレーター。プロトタイプを再現したとされている。
ダウンロードコンテンツの機体としてプレイヤーも使用可能。
試作機であるV-80が登場。シングルミッション(単発のミッションでキャンペーンとは別)で使用できる。
日本を占拠したロシア軍の機体として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
ロシアン・マフィアが所有。
ソラーノ軍(ベネズエラ軍)が使用。PS2版のみ登場。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]