Lock On: Modern Air Combat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lock On:Modern Air Combat
開発元 Eagle Dynamics
最新版 / 2003年11月20日
対応OS Microsoft Windows
公式サイト Lock On.com
テンプレートを表示


Lock On:Modern Air Combatは、ロシアのEagle Dynamicsによって開発された、軍用機を主としたコンピュータ用のフライトシミュレーションである。略してLOMACLock On (ロックオン)と呼ばれることもある。もともとは、コンバット系のフライトシミュレーションゲーム、FLANKER 2.0の流れを受け継ぐフライトシミュレーターとして開発された。現在、8機の飛行可能な機種と、30機以上のAI制御機が含んでいる。

Lock On: Modern Air Combatの非公式のアドオンソフトとして、LockOn: Flaming Cliffsがある。2005年7月には、両ソフトが一体となったLock On: Modern Air Combat Goldが発売された。

概要[編集]

Lock Onは、同じくコンバット系のフライトシミュレーションゲームであるFalcon4.0 :Allied Forceよりも高度なテクスチャで、快適に動作するとして高い評価を得ている。Lock On: Modern Air Combatでは、18万以上の建造物、5000万本以上の木、21の都市、1,700の町、500の橋、18の空港、黒海地域の中の8カ所の海軍の基地がモデル化されている。 ただしFalcon 4.0がダイナミックキャンペーンを搭載しているのに対してLock Onでは搭載がされていない(発売当初は搭載予定だった) またFalcon 4.0はソースコード流出により世界中の有志が現在も開発を行っておりLock Onと素のFalcon4.0を比較するのはナンセンスといえるだろう。 端的には一般向けがLock On 実機同等志向の踏み込んだマニア向けがFalcon4.0(+MOD)と区分できる。

飛行可能な機種は、NATO軍ロシア軍の7機の戦闘機攻撃機がある。また、AI制御機として、アメリカ、ロシア両国の多くの戦闘機、攻撃機、爆撃機などがある。

ゲーム内には20のミッションがあり、その他のミッションも関連サイトなどからダウンロードできる。

使用機種[編集]

またLock Onの開発サイトでは、現在NATO軍のF/A-18Cを開発中であると伝えられている。[1]

外部リンク[編集]