エースコンバット04 シャッタードスカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ACE COMBAT 04 shattered skies
(エースコンバット04 シャッタードスカイ)
ジャンル フライトシューティング
対応機種 プレイステーション2
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
シリーズ エースコンバットシリーズ
人数 1人、2人(対戦)
メディア プレイステーション2専用DVD-ROM
発売日 2001年9月13日
廉価版:2002年11月7日
再廉価版:2004年9月16日
対象年齢 CERO全年齢対象
ESRB(E)
デバイス PlayStation BB Unit(セーブデータ保存)、HORI製フライトスティック
売上本数 264万本
その他 EU版タイトル『Ace Combat: Distant Thunder』(英語版)。
ファミ通 ゴールド殿堂入り
テンプレートを表示

エースコンバット04 シャッタードスカイ』または『エースコンバット04 シャッタード・スカイズ』(前者はパッケージ上の表記、後者は公式HPの表記によるもの。ACE COMBAT 04 shattered skies、通称エースコンバット04)は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された、プレイステーション2(PS2)用フライトシューティングゲームエースコンバットシリーズ第4作。シリーズナンバーは『4』ではなく『04』と表記される。

作品概要[編集]

ゲームコンセプトは、"IT'S CHANGING EVERYTHING AGAIN"(意訳:すべてが変わる、再び)。サブタイトルの「Shattered Skies」は「砕かれし空」という意味であり、ゲーム内(Mission 8)では「ソラノカケラ」と意訳されている。

ミッション間のサイドストーリーはSTUDIO 4℃制作、片渕須直監督が演出・脚本を担当。戦争の被害者である少年の視点でシナリオが書かれた。

なお、前作では日本語音声だったが、今作では英語に戻っている。

家庭用ゲーム機のソフトとしては、初めてロッキード・マーティン社から同社製の航空機名(F-22F-16U-2C-130SR-71)を使用する際のライセンスを受けているが、他メーカーからはライセンスを得られなかったため、一部の航空機名で略称が用いられている。

本作以降のシリーズ、および後に他社から発売された『エアフォースデルタ』と『エナジーエアフォース』もこれに倣った。

地上のグラフィックにはIKONOSによって撮影された衛星写真が用いられた[1]。ジャケットイラストはF-22(第1作のイラストと同じ機体だが、こちらは量産機仕様のF-22A)が描かれている。空をイメージした青を基調にしている。なお、発売2日前にアメリカ同時多発テロ事件が発生したため、一時的にテレビCMを自粛し、あわや発売中止かと騒がれたが、予定通りに発売した。舞台は前作、前々作に引き続いてユージア大陸である。また、本作ではミッションの分岐は存在しない。

ゲームシステム[編集]

機体の購入
第2作までと同じく、機体はミッションで得た報酬によって購入することで使用可能になる。
特殊兵装
機銃やミサイルのほかに、機体ごとに設定された特殊兵装を一つだけ装備することができる。広範囲を攻撃できる対地爆弾や、複数の敵を同時にロックオンできるミサイルなどバリエーションは多岐にわたる。特殊兵装は機体につき通常一つだが、購入することで複数から選択できるようになる。第3作の兵装選択システムの応用ともいえる。
このシステムは好評だったらしく、一つ跳ばして『ACE COMBAT ZERO』から復活している。
ポイント制
敵機には得点が設定されており、最重要の敵目標を破壊するだけでなく、時間内に特定ポイントを獲得することを目標としたミッションが追加された。ミッションの評価ランクは、ミッション中に獲得したポイントの量で決定される。
作戦中の離着陸
前作までは特定のミッション後のみ、イベントとして空母に着艦することが出来たが、今作では任意でミッション中に作戦エリアから離れることで空母や基地に帰艦・着し、弾薬の補給や機体の修理、特殊兵装の変更などを行った後に離陸、作戦に復帰できる。
対戦モード
第1作以来、本作に搭載された。第1作と同じく、今作も左右分割になっていて、5つの対戦方式で対戦できる。(ゲームクリアによってさらにステージが追加される)

本作で新たに採用された、特殊兵装システムや無線通信による演出などのゲームシステムは好評であったため、以降のシリーズ作品に継承されている。また、HUD視点、三人称視点の他にコックピット視点への変更もできるようになった。

サウンド[編集]

前作『ACE COMBAT 3』の世界観であるサイバーパンクを意識した楽曲から、『ACE COMBAT 2』の系譜に連なるエレクトリックギターとシンセサイザーを中心とした「ギターサウンド」(サウンドディレクターの中西哲一による表現)にやや回帰しており、多くの楽曲ではこれに加えてオーケストラ風の表現が用いられている。ストーリームービーではストリングスを取り込んでおり、クライマックスには挿入歌『Rex Tremendae』(レックス・トレメンデ 恐るべき御稜威の王)『Megalith ~Agnus Dei~』というラテン語によるレクイエムを組み込んでいる。最終局面での演出にこだわった開発スタッフが一人いたらしく、この曲の収録には苦労したというエピソードが残っており、以降のシリーズ作品でも、最終ミッションでの演出はこういった合唱曲を含むものが通例となっている。また、『USEA National Anthem ~Hymn of Liberty~』(ユージア国際賛歌 ~ヒム・オブ・リバティ~)といった、テーマソング以外で音声を含む楽曲が他にもあり、これも本作からの特徴である。エンディングテーマはステファニー・クックが歌う『Blue Skies』。

エンジン音などのサウンドエフェクトの一部は、茨城県小美玉市にある航空自衛隊第七航空団および偵察航空隊が所属する百里基地の協力で録音された。収録の光景を収めた写真が本作の取り扱い説明書最終ページに掲載されている。エンジンの構造や視点位置の違いを再現するため、一つの音で何十回というリテイクが行われたという。また、無線音声の数は約3000にも上り、一部は銃撃音といった背景音の合成処理がされている。

ストーリー[編集]

大陸戦争の開戦
ユージア大陸西部の大国エルジアと大陸中部から東部に存在する小国は、「武装平和」と呼ばれる対立を長い間続けていた。1999年7月(ゲーム内の年月)、小惑星ユリシーズが地球への直撃コースを取っていることが明らかになり、破局を避けるため人類は協力し、小惑星を破壊するために巨大な対空砲群『ストーンヘンジ』を建造した。これにより小惑星は砕かれ破滅は避けられたものの、破片が地球全土に降下し世界は混乱状態に陥った。ユリシーズ落下から4年後の夏、以前から続いていた対立に加え、難民問題による対立激化により、エルジア軍は中立国サンサルバシオンに侵攻した。大陸戦争の始まりである。

用語集[編集]

本節内における年月日は特筆していない限りゲーム内の年月であり、実際の年月とは異なる。

国家、組織など[編集]

ISAF(Independent States Allied Forces)
プレーヤーが所属する勢力。独立国家連合軍の意で、「アイサフ」と呼称される。ISAF加盟国の集団的防衛と平和維持を目的とし、加盟国が武力攻撃を受けた場合、他の加盟国が軍事的にその国を援助する、大規模な国家間同盟機構。「Arrowhead(アローヘッズ)」、あるいは「Three arrowheads(スリーアローヘッズ)」と呼ばれる3つの鏃(やじり)を模したマークシンボルとしている。
エルジアのサンサルバシオン侵攻に伴う軍事的脅威に対抗するために2003年8月に発足し、当初は前身である大陸諸国間経済同盟の原加盟国11カ国を含む16カ国で構成されていた。最終的に敵対国であるエルジア共和国と中立国サンサルバシオンを除くユージア大陸内全ての国が参加しているが、巨大対空砲施設ストーンヘンジによって大陸の制空権の大半を奪われたために、大陸東部の島々(コモナ諸島、フォートグレイス諸島、ロッキー諸島、ノースポイントなど)と大陸北東に位置する港湾都市セントアークの周辺を除き、大陸のほぼ全域をエルジアによって制圧されるまでに至る。当時すでに大陸からの撤退が決定しており、大陸北東の島国ノースポイントに於いて残存戦力の再編成中であった。敗戦ムード濃厚の中、ノースポイント陥落が現実味を帯び始めた2004年9月、後に今戦争最大の「英雄」と称されることとなる1人のパイロットが現れ、この後ISAFは奇跡的な反攻を見せることとなる。
※ 同様の略称を使用している組織が実在しており、アフガニスタンで活動している国際治安支援部隊のことを指すが、この組織とは無関係である。
エルジア共和国(Erusea Republic)
ユージア大陸西部に位置する大陸最大の領土を誇る国家で、首都はファーバンティ(Farbanti)。大陸戦争開戦直前には、一国でISAF全参加国の総軍事力と同程度の軍備を有していたほどの軍事大国。歴史的に大陸内の他の国々とは関係が悪く、武装平和と呼ばれる長い緊張関係にあった。その一方で、非公式ながらもベルーサ大陸の大国ユークトバニア連邦共和国などとは、武器の輸出入に関する相互援助関係にあったともいわれている。
1999年、小惑星ユリシーズの衝突によって首都付近にその破片が落下、数万人が死亡する。これを含め大小10個の隕石が領内に落下し、ユージア大陸内に存在する国家の中でも特に大きな被害を受ける。しかし、大陸全体で数百万人といわれる被災難民の最大の受入れ先として期待されたため、60万人以上という大量の難民が国境に押し寄せ、結果的に同国に押し付けられる形となってしまう。これが元々対立状態にあった他諸国との更なる関係悪化を招き、開戦のきっかけとなる。
開戦後はストーンヘンジによる制空支援の下、1年で大陸全土をほぼ掌握したが、ISAFによる大陸反攻以降は敗北への道を歩む。2005年9月19日、ISAF部隊による包囲作戦で首都ファーバンティが陥落、ISAFによる降伏勧告を受諾する。
後の『エースコンバット3D』においてユージア大陸に国境線が定められた事で詳細な領土が判明しており、同国は大陸西部一帯を支配する巨大国家である事が明確にされている。
サンサルバシオン(San Salvacion)
ユージア大陸中部に位置する中立国家。大陸の交通の要所であり、過去幾度も戦場となった歴史を持つ。領内に隕石迎撃目的で開発された対空砲ストーンヘンジが存在したこと、落着した隕石ユリシーズで発生した難民問題、ユリシーズ落着以前から存在した経済問題による東西対立などの理由により、2003年夏(8月?)にエルジアによる侵攻を受ける。エルジア軍は猛烈な空爆と、それに続く3日間の地上戦の末に首都サンサルバシオンを制圧。同国内のストーンヘンジも接収される。以後、ISAFによる解放まで2年近くの間、エルジアによる圧政下に置かれることとなる。2005年7月10日深夜、レジスタンス組織の協力の下、官庁街・旧市街地、および市街地北方のサンプロフェッタ空港へ侵攻したISAF航空・地上部隊によって解放される。
ノースポイント(North Point)
ユージア大陸北東に位置する国家で、ユージア大陸とは海によって隔てられている。大陸放棄を決定したISAFはここに拠点を構え、残存戦力の再編成を進めていた。しかし、レーダー設備こそ存在するものの防空態勢は貧弱で、当時ノースポイント陥落は時間の問題と思われていた。
2004年9月19日、潜入したエルジア工作員によるレーダー施設破壊と、それに連動した大陸北東に位置するリグリー空軍基地からの出撃機による空襲が行われたが、ノースポイントへの飛行経路途上のニューフィールド島市街地、および同島のアレンフォート航空基地が空襲を受けたものの、同島の上空でISAF軍機による迎撃を受け、ノースポイント空襲は失敗に終わる。同年10月5日、出撃元であるリグリー空軍基地がISAF軍機によって襲撃され、エルジア軍は集結させていた爆撃機隊を全て喪失。これによってノースポイントへの空爆の危機はひとまず去る。その後、空軍の奇襲作戦によりエルジア海軍によるノースポイント占領計画が頓挫し、ノースポイント防衛がほぼ確実なものとなり、同国で再編成された部隊は戦力を消耗することなく、後の反攻の貴重な戦力となった。
ユリシーズ落下以前の時代を描いた『3D』では軍事国家として君臨しており、仮想敵国であるユークトバニアに対抗する為に軍事要塞である「イントレランス」を建造するなど軍拡に邁進していた。その後『3D』でのクーデターや本作の大陸戦争など数多の争いを経験した結果、『5』の時代では中立国となっている。
FCU
中央ユージア連合の略。ユージア大陸に存在する国家で、ISAFを構成する小国家群の中では最も規模の大きい大統領制国家。ISAFの主力軍はFCU軍である。小惑星ユリシーズの地球への落下を最初に公式発表し、2003年にはエルジアのストーンヘンジおよびサンサルバシオン占拠に抵抗して、多数の同盟国(ISAFの前身である大陸諸国間経済同盟およびUTO)にISAF結成を呼びかけた(当時のFCU大統領はロバート・シンクレア)。
大陸諸国間経済同盟
ISAFの前身である、FCUを中心としたユージア東側諸国11カ国で構成される中小規模国家間の経済的同盟。ISAF結成以前から、エルジアの軍事的脅威に対抗するための大規模な軍事同盟の構想は存在していたが、エルジアに無用の刺激を与えるのではとの懸念から経済同盟以上の結び付きを持つことは控えられていた。しかし、エルジアによるサンサルバシオン占領、ストーンヘンジ接収により危機に晒された加盟国は、元々の経済的同盟に軍事的な同盟としての要素を付け加え、ISAFへと発展させることとなる。
UTO
中央ユージア条約機構の略。FCUを含む一部のユージア東側諸国によって構成される比較的小規模な軍事同盟機構。エルジアのサンサルバシオン侵攻以前は、ストーンヘンジの警備を担当していた。

部隊名[編集]

ISAF空軍第118戦術航空隊メビウス(TFW118 Mobius)
プレイヤーである「メビウス1」が所属するISAF空軍の戦闘機部隊。大陸撤退後、ISAF空軍は残存兵力の寄せ集めから再編成され、同じ中隊に複数の機種の航空機やコールサインが混在していた。そのため、当部隊で実際にメビウス中隊としての統一されたコールサインやエンブレムが使用されたのは、メビウス1の功績が多大なものとなった戦争末期に、メビウス1を中心に部隊が再編成されてからである。メビウス中隊再編成以降、同中隊所属機のコールサインは「メビウスn」(nは番号)で統一され、部隊章(エンブレム)にはメビウス1同様、メビウスの輪を模したものが使用された。ノースポイントでの編成当初、同隊は残存部隊から再編成された部隊だったとはいえ、大陸戦争初期の激戦を生き延びた搭乗員が含まれていたことから、その練度はエルジア空軍と比較しても十分に高いものであったと思われる。
部隊が参加した主な戦闘は、ノースポイント防空戦、コンベース港空襲、コモナ防空戦、バンカーショット作戦(ヘイル・クラウン・カランダビーチ上陸戦)、ストーンヘンジ攻撃、サンサルバシオン解放、ウィスキー回廊戦車戦、ファーバンティ包囲戦などで、いずれの戦闘に於いても高い戦果を上げ、今戦争に於けるISAFの勝利を牽引した。
エルジア空軍第156戦術戦闘航空団アクィラ(Erusea Air Force 156th Tactical Fighter Wing Aquila Squadron)
通称:黄色中隊(Yellow Squadron)
エルジア空軍がストーンヘンジ防衛のために選抜したパイロットによって構成された戦闘機部隊。主翼両端と機体下部を黄色に塗装したSu-37を使用する。コールサインは「イエローn」(nは番号。ペイントとコールサインのいずれが初出かは不明)。その特徴から「黄色中隊」と呼ばれることが多いが、正式には「アクィラ中隊」(鷲座の意)であり、部隊章(エンブレム)にはと5機の機体、そして鷲座が描かれている。出撃時には、隊長である「イエロー13」が僚機として随伴する隊員を選び、常に5機編隊で出撃する。サンサルバシオン南部の建設途上の高速道路を利用した野戦滑走路を基地とし、ストーンヘンジ防衛任務の他に、大陸制圧が進んでからは制空任務を受け遠方に派遣されることもあった。ISAFによる第1次ストーンヘンジ攻撃に於いて、戦闘爆撃機F-15E」12機と、その護衛機「F-15C」12機で編成された選抜パイロットによる当時最精鋭のISAF特別攻撃部隊を、わずか5機編隊の当部隊が全滅させたという実績を持ち、エルジア軍はもちろんISAFにもその存在が知れ渡っていた。なお、黄色中隊所属の1機が、コモナ諸島に於いて被弾したという情報があるが、具体的に誰が撃ったかは戦場があまりにも混乱していたためにわからなかった。(後にメビウス1と判明)
ISAFの大陸再上陸以降、黄色中隊は補給の遅延などにより資材調達が困難となり始め、ISAFの第2次ストーンヘンジ攻撃に際して隊員の「イエロー4」が戦死。以降も戦死者や熟練隊員の引抜きも相まって弱体化が進み始める。戦況が悪化するに従い損失機も増え、ついに首都ファーバンティ防衛戦に於いて、メビウス1との交戦により出撃した5機全機が撃墜、黄色中隊は壊滅する。しかしその後、停戦に従わない一部の部隊が黄色中隊と同様の塗装を行ったSu-37で抵抗を続けており、部隊壊滅後もなお、同中隊がエルジア軍に与える影響力の大きさを物語っている。
エイギル艦隊(Aegir Fleet)
「無敵艦隊」「不沈艦隊」とも呼ばれるエルジアの主力艦隊。同艦隊はノースポイント上陸作戦に向けてコンベース港に集結。作戦に必要な緊急展開軍や大量の物資を空輸し部隊編成を進めていたが、2004年11月7日、ISAF航空部隊の襲撃により空輸部隊が壊滅。空輸計画の変更を余儀なくされる。さらに同19日、ISAF航空部隊は多大な犠牲を払いながらもコンベース港への唯一の燃料供給源である石油化学コンビナートを破壊。燃料補給も断たれたことによって、侵攻作戦は延期された。そして同23日、ISAF航空部隊のコンベース港奇襲で停泊していた保有艦艇の大部分と集積物資を喪失。無敵艦隊は海に沈み、侵攻作戦は無期限延期されることとなる。この勝利で、ノースポイントを拠点とするISAFへの差し迫った危機は消滅。これは開戦以来守勢に回り続けていたISAFにとって、今戦争に於ける大きな転換点であった。
ISAFによるコンベース港奇襲時に於けるエイギル艦隊の陣容は、近代化された戦艦タナガーを旗艦に、空母ジオフォン、イージス艦レイヴン、巡洋艦ベルガ、ラズーリ、フェンリス、コルガ他5隻、駆逐艦ハーン、タイチ、チアシ他7隻、潜水艦ベイオウルフ=ニュー、ベイオウルフ=パイ他5隻、揚陸艦2隻、補給艦2隻の大編成であった。
※ エイギルという艦隊名は、北欧神話海神エーギル(Ægir)がモデルと思われる。ただし、一般的には艦隊司令の名前がそのまま艦隊名となる場合もあるため、エルジア軍自体が海神の名前を艦隊名のモデルにしていたのかどうかは不明である。

架空機/架空兵器[編集]

国際共同開発[編集]

ストーンヘンジ (Stonehenge)
ロシュ限界を突破した小惑星ユリシーズ (Ulysses) の破片を大気圏突入後に燃え尽きる大きさに砕く目的で開発された、火薬による発砲と電磁加速を併用したハイブリッド式地対空レールガン。正式には『120cm対地対空両用磁気火薬複合加速方式半自動固定砲』と呼ぶ。本来の目標である隕石ばかりか、約650海里(約1200km)の射程圏内で高度2000フィート以上を飛行する航空機に対しても絶大な破壊力を有していた。サンサルバシオン国内の砂漠地帯に8基設置されていたが、ユリシーズ迎撃時に撃ち漏らした破片によって1基、2005年4月2日に行われたISAF側の強襲で残りの7基も破壊された。
8基のレールガンが円形に並んだ外観から、その名前の由来は、イギリス南部のソールズベリーにある同名の遺跡ストーンヘンジと思われる。

エルジア[編集]

X-02
エルジア軍が開発していた、同国の航空技術の結晶ともいえる戦闘機。
メガリス (Megalith)
エルジアが開発していた、軌道上に残存する小惑星ユリシーズの破片を落着させるロケットミサイル)の発射センターとして、首都ファーバンティ南方のトゥインクル諸島近辺に建設された巨大要塞。要塞から南に伸びるミサイル搬入路の側面に構築された発射機群には、軌道上に残る小惑星の破片と結合し、地上に向かって落下させる機能を持つロケットが多数配備されている。ロケットは要塞から照射される誘導用レーザーによってコントロールされる。この特殊ロケットの他に、中央サイロには大型ミサイル、その東西のランチャーに4発の中型ミサイルが格納されているが、これらが隕石落着機能を持つものなのか、単なる弾道ミサイルなのかは不明である。メガリスは通常の航空攻撃では破壊が困難な高い堅牢性を持ってはいたものの、開発途中だったためか防衛用対空火器が一切配備されていない状態であった。
首都陥落によるエルジア政府降伏後、開発中であったメガリスは降伏に従わないエルジア軍将校団によって占領され、大陸に再び隕石を落下させ始める。2005年9月26日、ISAFによる攻略作戦が実行され、エルジア軍残存部隊は同軍の精鋭部隊である黄色中隊機と同様の塗装を行ったSu-37で構成された臨時編成の戦闘機部隊を投入し抵抗するが、部隊員の多くは低練度の新兵であり、メビウス1を中心に再編成されたISAF精鋭航空部隊、通称“メビウス中隊”を抑えきることは出来なかった。同隊の航空支援の下、要塞内部に潜入しサブコントロール室制圧に成功したISAF陸上部隊と、それに連動したメビウス1の大型ミサイルへの攻撃によって、メガリスは格納されていたミサイル群が誘爆し内部から破壊され陥落することとなる。
※ デザインは『ACE COMBAT 2』に登場する要塞「イントレランス」のリメイクで、その最期も非常に似ているが、ストーリー的な繋がりがあるかどうかは不明。

登場人物[編集]

ISAF[編集]

メビウス1(Mobius 1)
プレイヤー。当初はISAF空軍の一パイロットに過ぎなかったが、2004年12月31日、コモナ防空戦に於いて、エルジア軍の最精鋭部隊である黄色中隊機に命中弾を与え、同隊を撤退に追い込み頭角を現し始める。さらに、2005年4月2日のストーンヘンジ攻撃作戦に於いて、ストーンヘンジ破壊と黄色中隊「黄色の4」撃墜を成し遂げたことで、その存在は内外に広く知れ渡り、以降は敵味方双方から注目されることとなる。 機体にメビウスの輪を模したエンブレムが描かれており、それがリボンのように見えたため、エルジア軍兵士からは「リボン」や「リボン付き」、或いはその凄まじい戦果から「死神」と呼ばれ恐れられる。戦後はその功績から大陸解放の「英雄」と称えられ、伝説的パイロットとなる。
※ 次作『ACE COMBAT 5』ではアーケードモードの主人公として再登場。その際、先の戦争における空戦の分析結果として、「単機でISAF空軍一個飛行隊に匹敵する作戦遂行能力を持つ」というメビウス1の戦場での影響力が明らかにされている。また、『ACE COMBAT ZERO』では最高難易度のSPミッションで対戦相手として登場する。これらの後発作品では本作品のパッケージイラストに描かれたF-22に搭乗している。また、後発作品においてプレイヤーキャラクターが搭乗するF-22も、一定の条件を満たすことでメビウス1と同じカラーリング(ISAFのスリーアローヘッズと、青いメビウスの輪のリボン付き)にすることが可能である。ただし、「ACE COMBAT6」の場合は有料DLCで購入しなければ使用できない。
TwitterのACES公式アカウントでは、この「リボン付き」にまつわる幼少時代のエピソードがつぶやかれた。
AWACS「スカイアイ」(SkyEye)
今戦争を通じてメビウス1と共に戦場の空を翔ける早期警戒管制機E-767「スカイアイ」管制官。メビウス1の参加した全作戦の管制を担った。9月19日が誕生日であり、2004年の誕生日にはメビウス1の初陣であるノースポイント防空戦の勝利を、2005年の誕生日にはメビウス1の活躍によってエルジア共和国の首都ファーバンティ攻略が成功し、メビウス1から終戦記念日をプレゼントして貰うことになる。
※ 次作『ACE COMBAT 5』アーケードモードでも、メビウス1担当AWACSとして登場する。
レオナード・ベルツ
ISAFによる大陸再上陸作戦、通称「バンカーショット作戦」に於いて、第32海兵コマンド連隊B部隊を指揮する。階級は中尉。エルジア軍との豊富な戦闘経験を持つが、その多くはストーンヘンジによる敵制空権下の戦闘であり、航空支援を得られず苦汁を舐めてきた。再上陸作戦において、同部隊は他のISAF部隊に先駆けてビーチに上陸、メビウス1を含む増援航空攻撃部隊と共に担当区域であるクラウンビーチを順調に制圧していくが、ベルツ中尉は作戦完了を目前に戦死してしまう。その後、部隊の指揮は同部隊のコリンズ軍曹に引き継がれ、クラウンビーチの確保に成功している。
オメガ11(Omega 11)
ISAF空軍のパイロット。ノースポイントのニューフィールド島防衛作戦にて初めて登場し、その後メビウス1と共に様々な作戦に参加している。
元は声のみの、いわゆるモブキャラの一人だったのだが、各ステージで頻繁に「Omega-11 Engage!(オメガ11、交戦)」という、特徴的な野太い声の無線が流れたことで、多くのプレイヤーに強い印象を与えた。ストーンヘンジの攻撃に巻き込まれて墜落するも、次のミッションでは平然と参加していたり、また、コモナ諸島の制空戦において「オメガ11が黄色にやられた」という旨の無線が流れた数分後に再度オメガ11が撃墜された事を伝える無線が流れたりするなど珍妙な事態も生じている。勿論これらの現象は無線音声の使い回しによって起こるものなのだが、その特徴的な声も相まって「何度墜落、撃墜されても甦る不死身の男」、さらに転じて「むしろ墜落、被撃墜によるベイルアウトを自ら好んで行っている(ベイルアウター)」といった非公式なキャラ付けが成された。制作側でもこの一件を意識しているようで、公式ツイッターにおいて「オメガ11はネタキャラである」と語られている。

エルジア[編集]

黄色の13(Yellow 13)
ストーンヘンジ防空のために選抜されたパイロットで編成された戦闘飛行隊、通称「黄色中隊」の隊長。戦闘機パイロットとして優れた技量を持つ。その証明として、5機編隊で飛行する黄色中隊機の中で、一斉に同じ旋回機動をしたにもかかわらず、彼の操縦する機体のみが鋭く飛行機雲を引いたというエピソードが残っている。また、大陸戦争中期に於ける彼個人の総撃墜スコアは64機という驚異的な撃墜数を誇っている。黄色中隊は、隊長である彼が4機の僚機を選び常に5機編隊で出撃する。 ギターを弾くことを趣味としているらしく、行きつけの酒場でよく弾いている。
メビウス1の素質をいち早く見抜いた人物でもあり、やがて彼を自身の対等な敵手と認めるに至る。パイロットとしての高い誇りを持っており、優れた敵パイロットであるメビウス1を賞賛したり(メビウス1によって「黄色の4」が撃墜され戦死しても変わらず)、病院の屋上に設置された味方高射砲陣地に対して怒りを表すなど、随所にそれが確認できる。また、自らの撃墜数よりも共に出撃した全ての列機を連れ帰ることを誇りとする他、戦闘機乗りの本分である空中戦による決着を望み、技の限りを尽くし戦えるのであれば、たとえ撃墜されても構わないとする信念を持つ。一方で、レジスタンスによる地上での自部隊の損害に対しては怒りを露わにするなど、自らが中立国に侵攻し圧政を敷く侵略軍の一員であることを省みていない一面もある。後に、中隊の行きつけの酒場の娘と、自らが親しくしていた戦災孤児の少年がレジスタンスのメンバーであると知り強い衝撃を受けるが、軍には報告せず少年達を見逃すことを決めた。2005年9月19日、エルジア首都ファーバンティ防衛戦に中隊を率いて出撃するがメビウス1との交戦で中隊は壊滅。自らもメビウス1との激闘の末、エルジアの空に散る。
※ 「黄色の13」は、実在のエース・パイロットハンス・ヨアヒム・マルセイユ(黄色の14)」がモデルとされ、飛行機雲のエピソードも当人物由来のものとされている。これ以降のシリーズ作品であり、設定上の時系列では本作品の後である『5』および以前の『ZERO』にも黄色中隊と同じカラーリングの機体や、それを駆る敵エースが登場するが、当人物や「黄色中隊」とのストーリー的な繋がりがあるかどうかは不明である。また、メビウス1のF-22と同様、「黄色の13」カラー(主翼の端を黄色く塗り、「013」のナンバーとエルジアのラウンデル付き)のSu-37が本作以降の全てのシリーズ作品(ace6では同系列のSu-33)で使用可能である。メビウス1仕様のF-22と同じく、ace6では有料DLCで購入しなければ使用できない。
黄色の4(Yellow 4)
その時々の状況により常に入れ替わる「黄色の13」の4機の列機の中で不動の2番機を務める、「黄色の13」の絶対の信頼を受けるパイロット。「黄色の13」の護衛機を担当し、地上に降りた時でさえも彼を静かに護る、黄色中隊で唯一の女性隊員。「黄色の13」は「黄色の4」の元教官であり、さらには2人が恋人関係にあった描写も匂わせる。ISAFの大陸再上陸以降、不足気味であった予備機材がレジスタンスの破壊工作によって失われたため、不調機でストーンヘンジ防空に出撃。2005年4月2日、ストーンヘンジ上空でメビウス1との戦闘により撃墜され戦死した。彼女の遺品である香水の香るハンカチは「黄色の13」が戦死するまで、彼が肌身離さず懐に入れていた。
ジャン・ルイ・フローベル
首都ファーバンティ陥落によるエルジア降伏後も抵抗を続けるエルジア軍残存部隊の一人。元々は航空予備士官学校の練習生に過ぎなかったが、2005年9月26日、ISAFによるメガリス攻略戦の際に黄色中隊機塗装のSu-37で編成された部隊を指揮し、メビウス中隊の前に立ちはだかる。同部隊には他にジーン、エスター、ケネス、リスト、ミハイル、クルト、デュアン、ルイスと呼ばれる人物達が参加しているが詳細は不明。

民間人[編集]

戦災孤児の少年
中立国サンサルバシオンに住む少年。開戦初期に、「黄色の13」が撃墜した戦闘機が家に墜落して家族を失い、「黄色の13」に復讐を誓うが、身を寄せた酒場での彼らとの触れ合いによってそれと矛盾する感情が次第に芽生えていく。サンサルバシオン解放後も、酒場の娘と共に敗走する黄色中隊を追い、「黄色の13」の最期を見届ける。そして、空から舞い落ちてきた「黄色の13」と「黄色の4」の共通の遺品となったハンカチを拾い、酒場の娘と共にファーバンティ郊外の林の中にハンカチを埋めた。成人後の彼が語り部となって物語が進行する。ハーモニカの名手で、ギターの巧みな「黄色の13」とは酒場で共演もした。
酒場の娘
黄色中隊の行きつけの酒場「CAFE PUB&RESTAURANT SKY KID」の主人の娘。年の頃は戦災孤児の少年よりやや上。少年が心を惹かれるが、彼女は「黄色の13」にほのかな想いを寄せ、常に彼のそばにいる「黄色の4」に対しては嫉妬の眼差しを向けている。占領軍を馴染み客にする酒場の主人は少年の叔父を含めた街の住人から眉を顰められているが、実は一家全員レジスタンスのメンバーで、彼女自身も破壊工作に従事している。
少年の叔父
家族を失った少年の保護者で、タクシーの運転手。しかし、エルジア占領下の経済統制でタクシーの燃料が入手困難となり失業。酒浸りの生活となり、ハーモニカ演奏による少年の酒場での稼ぎを搾取する日々を送るが、やがて原因不明の失踪を遂げる。
ナガセ
民間航空会社エアイクシオン701便の副操縦士。エルジアによって保護名目で拘束されていたストーンヘンジ技術者およびその家族を乗せ、同社702便と共にエルジアを脱出する。しかし離陸時に701便は損傷、客室気圧を保てず高度を上げられなくなる。同時に機長が負傷し、副操縦士ナガセが操縦桿を握ることとなる。2機はエルジア軍機による追撃を受けるも、護衛に出撃したメビウス1により2005年3月14日に救助される。
※ フルネームはケイ・ナガセ、元空軍パイロットでTACネームEDGEとする資料もある。 当人物に関する注意事項は『ACE COMBAT 2』登場人物の項を参照。

キャスト[編集]

  • ジェフ・ジェダート - サイドストーリーのナレーション / 酒場の少年
  • ニール・ハワード - スカイアイ
  • キース・フィリップス
  • クリス・サイモンズ
  • ジェフ・クレーマー
  • ケヴィン・ミラー
  • デイヴ・ノーリン
  • ゲイリー・マルティネス
  • ジェーン・フォックス
  • マイク・イノウエ

出典[編集]

[1] Ace Combat 04 - インターネット・ムービーデータベース

外部リンク[編集]