エースコンバット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ACE COMBAT
(エースコンバット)
ジャンル 3Dドッグファイトゲーム
対応機種 プレイステーション
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
シリーズ エースコンバットシリーズ
人数 1人、2人(対戦)
メディア プレイステーション用CD-ROM
発売日 1995年6月30日
THE BEST版:1996年8月9日
デバイス ナムコネジコン
売上本数 223万本
その他 CDプレーヤにCD-ROMを挿入することで、ゲーム内で使用される音楽の再生が可能
テンプレートを表示

エースコンバット』(ACE COMBAT、通称エースコンバット1)は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された、プレイステーションフライトシューティングゲームエースコンバットシリーズ第1作。携帯電話アプリ版も配信されている。

作品概要[編集]

本作品の正式タイトルは『エースコンバット』(ACE COMBAT)であるが、他のエースコンバットシリーズと区別するために便宜上『エースコンバット1』と呼ばれることもある。

基本的なゲームの流れは、「ブリーフィング→機体選択→出撃→デブリーフィング→戦果による報酬の受け取りと機体の購入(売却)」 を繰り返すというもの。本作品以降のエースコンバットシリーズ(『エースコンバット3エースコンバット アサルト・ホライゾン』を除く)でも同様のシステムが継承されており、これはシリーズ全体の基本的なシステムとなっている。

本作品では状況に応じてプレーヤーが次の作戦を選択し、その結果によって次の作戦の難易度が変化するというストラテジーゲーム的な要素が存在する。また、プレイステーションで発売されたエースコンバットシリーズでは唯一プレーヤー同士の対戦プレイが可能である。また、シリーズ伝統の狭所を抜けるステージは本作から登場している。

本作のシステムとして複数ある僚機(名前有り)の選択・燃料の存在があり、続編の2にも搭載された。タイトルロゴのフェニックスマークは、続編の2にも付けられた。無線に関してはレーダー手のものが主であり、これは2でも同様である。他にも、裏ワザを実行することによりミニゲームを遊ぶこともできる。

もともとエースコンバットはアーケードのエアーコンバット22の移植の企画から始まったものである。海外版は名前もAir Combatとなっている。

舞台についてはいくつか地域が明言されているが、大陸については明言されていない世界である。

  • ストーリー - 某国でクーデターが発生し、統合軍本部は主人公(=プレイヤー)を隊長にした傭兵部隊フェニックスの出撃を決定した。
  • ジャケットに描かれた戦闘機はF-22(機体上面にエアブレーキが存在するYF-22A)

プレイステーションの初期の作品であり、開発技術の蓄積が少ないためか、ポリゴン数が極端に少なく、テクスチャも粗い。特に、地上のポリゴンが無く、背景色で代替しているため、地上との距離が分かりにくい。NAMCOのプレイステーションの初期に発売した作品はどれもアーケードゲームからの移植であり、ビビッドな色合いに仕上げられている。エースコンバットもその1つである。次回作からは徐々に家庭用の落ち着いた味付けに変化して行った。

携帯電話アプリ版は2バージョンあり、2008年3月まで配信されたものは戦闘機の名前が架空機になっており、ステージの追加ダウンロードが可能になっていた。3月以降配信された1.1では戦闘機の名前が実名に変更され、また、追加ダウンロードの必要が無くなりステージのダウンロード機能は削除された。

用語集[編集]

部隊名[編集]

フェニックス隊
統合軍がクーデター軍制圧のために雇った傭兵部隊。プレイヤーのコールサインは「フェニックス1」。
機体色は白地に機体中央と尾翼の端に青のライン、主翼に赤い炎のような形のペイント、垂直尾翼にフェニックスのエンブレムという、まるでアクロバット部隊のような派手なカラーリングで統一されているが、裏技を使用する事で敵側と同じ落ち着いた配色にすることもできる。

架空機/架空兵器[編集]

クーデター軍[編集]

空中要塞
クーデター軍が開発していた空中要塞。名称こそ「要塞」となっているが、実際は4発のメインエンジンで飛行する巨大な航空機と言える。多くの火器が搭載されており、ある程度の航空機運用能力と空中司令部としての能力を持つ。

登場する地域[編集]

  • ドネットシティ
  • ノウイコット湾
  • スコーピオンアイランド

外部リンク[編集]