エアーコンバット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エアーコンバット[AC]
エアーコンバット22[AC22]
ジャンル フライトシューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人
発売日 [AC]1993年7月
[AC22]1995年3月
その他 [AC]SYSTEM21基板を使用
[AC22]SYSTEM SUPER22基板を使用
テンプレートを表示

エアーコンバット』(英語表記はAIR COMBAT)は、1993年ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)よりアーケード用にリリースされたフライトシューティングゲームSYSTEM SUPER22を使用してグラフィックが大幅に改善され、1995年にリリースされた『エアーコンバット22』についても本記事で説明する。

概要[編集]

プレイヤーは自機を上下左右360度自由な方向に飛行させ、登場する敵機と空中戦を繰り広げるフライトシューティングである。

筐体は、50インチの液晶プロジェクターに、戦闘機の操縦席の計器や座席を模したデザインの座席を組み合わせたDX筐体と、通常のCRTモニタを使用して、全体的にデフォルメされたデザインでコンパクトに纏めたSD筐体の2種類。 どちらの筐体も、座席は固定式で、可動ギミックなどは無い。 ゲーム展開は、面数が表示されているわけではないが、面クリアタイプ(登場する敵を全滅させることで、次の敵一群が登場する)となっている。 ナレーションや味方機との無線交信など、随所で英語が飛び交う演出となっている。

『エアーコンバット』にはSYSTEM21が使用されているが、1995年にはリッジレーサーなどで用いられているSYSTEM22の改良型、SYSTEM SUPER22を使用してグラフィックの大幅な改善が行われた『エアーコンバット22』がリリースされた。 タイトル末尾の「22」は、SYSTEM SUPER22を使用していることに基づくものである。 但し、ゲーム内容については大きな変更は行われていない。

なお、一般にはエースコンバットシリーズ1作目の位置付けとなっている『エースコンバット』は、もともと『エアーコンバット22』をコンシューマ向けに移植する計画がきっかけとなって作成された作品で、海外版は名前もAir Combatである。

本作には、ドップラー効果(敵機とすれ違う場合は超高音、敵機を追いかける場合は低音で飛行音が演出される)の演出など、後発のエースコンバット1作目よりも一歩先の演出を実現している部分もある。

ゲーム内容[編集]

エアーコンバット[編集]

自機は、F-16

ゲーム開始時に初級、中級、上級を選択する。

6面構成で、1機の敵機を制限時間内に撃墜すると面クリアとなる。上級のみ、クリア後航空母艦への着艦があり、失敗するとゲームオーバーとなる。また、特定の条件を満たすと敵エース機と戦うエクストラミッションに進む事ができる。

プレイ後の画面では得点と共に撃墜した機種と撃墜方法(機銃とミサイルのどちらか)が表示され、その後点数によってプレイヤーが獲得した階級が表示される(同社製のメタルホークにも同様の演出がある)。

エアーコンバット22[編集]

ゲーム開始時、F-14Su-35F-22の中から自機を選択する。

初級では空母から、上級では空中給油から、ドッグファイトでは夜の基地から発進する演出が行われ、上空での飛行状態からゲームが始まる。

敵一群が登場し、制限時間内に全滅させることで面クリアとなる。 残った制限時間は面クリアによって次の面に持ち越されるとともに一定時間補充され、その制限時間を用いて次の面に挑む。 全面クリアにて帰還となる。

制限時間以内に敵を全滅させることが出来なかった場合、ゲームオーバー(パラシュートによる脱出の演出)となる。 面の途中で「撃墜される」「墜落する」「敵機と接触する」といった事態に陥っても即座にゲームオーバーとなるわけではなく、何度でも復活可能だが、追撃等の演出に伴うタイムロスが発生し、制限時間切れでのゲームオーバーとなる可能性が高まる。

初級の序盤面では操作説明が行われる。 初級や中級の序盤面では敵機は攻撃してこないが、終盤面になると敵機は攻撃してくる。 また、チャフを散布してミサイルを回避するようになる。 上級の終盤面(最終2面)になると、味方機が敵機に追尾され緊迫した演出(無線越しに「メイデイ」の連呼など)となる。

上級モードの最後は、敵エースとの一騎打ちでミサイルも2発しか使えないハードな戦いとなる。

ミサイルには弾数制限が設けられているが、敵機を撃墜するとある程度補充される。 初級であればミサイルのみでも全面クリア可能であるが、上級となると敵はチャフを散布して高確率でミサイルを回避するようになる。 そのため、近接して敵機の背後を取り、機関砲のみで倒す、あるいは機関砲で敵機を半壊させ、チャフを出せない状態としてからミサイルを使用するなど、ミサイルの温存が必要となる。 但し、敵機の背後を取るのは終盤面に差し掛かるほど難しくなり、時間との戦いとなる。

機銃撃墜の方がスコアは高くなるので、ハイスコアを狙うなら必然的に機銃撃墜を狙うことになる。 ドッグファイトのハイスコアは撃墜機数で表示されるが、同スコアの場合は機銃撃墜数が多いスコアが上位になると思われる。

操作方法[編集]

操縦桿、トリガー(マシンガンおよびミサイル)、スロットルにて自機を操作する。宙返りで背面飛行状態になると自動で修正される。

登場する機体[編集]

自機[編集]

どの機体を選んでも難易度に変化はない。

F-14
F-22
当時生産型のF-22Aの実機デザインは発表されておらず、F-22Aでは廃止されたエアブレーキがある試作型のYF-22を基本にゲームの演出上、空母運用能力、米海軍機等で使用されているプローブアンドドローグ方式受油装置を追加したものと思われる。
Su-35
艦上機Su-33系のダブルタイヤ化された前脚、短いテールコーン、主翼および水平尾翼の折り畳み機構は取り入れられておらず、Su-35に演出上、空母運用能力を追加したものと思われる。

敵機[編集]

F-4
F-14
F-16
F-22
AV-8B
A-10
AC-130 
左側から接近すると攻撃される
B-52
B-2
実機ではあり得ない高機動を行う事がある
E-2C
C-2
Su-35
MiG-21
ラファール

エアーコンバット22の、初代との相違点[編集]

  • システム基板にSYSTEM21ではなくSYSTEM SUPER22が用いられており、オープニングアニメーションなどの演出において、グラフィックの向上が見られる。
  • 初代では決定はスタートボタンでしかできなかったが、AC22では機銃及びミサイルトリガーでもできるようになった。
  • 3種の視点がスタートボタンで選択できるようになった。
  • 敵機との衝突が無い。
  • 近くでもミサイルが発射可能。

その他[編集]

  • 初級では機銃が2連装になる。

関連作品[編集]

LD、VHS エアーコンバット
VILL-90(LD版)、VIVL-117(VHS版) 1枚1面、CAV、26分07秒 「エアーコンバット」のゲーム画面を完全収録したゲームビデオ。
LD、VHS エアーコンバット22
VILL-103(LD版) 1枚1面、CLV、44分46秒 「エアーコンバット22」のゲーム画面を完全収録したゲームビデオ。
CD未収録2曲、LD/VHS用アレンジ2曲(オープニング、エンディング)収録。
ナムコ・ビデオ・ゲーム・グラフィティVol.10
B000UVIGBE CD2枚組 全13タイトルのゲームが収録されているが、この中にエアーコンバットがある。
ナムコゲームサウンドエクスプレス VOL.18 エアーコンバット22

関連項目[編集]