星条旗新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星条旗新聞
Stars and Stripes
Stars & Stripes & Hitler Dead2.jpg
1945年5月2日アドルフ・ヒトラーを伝えるStars and Stripes号外
種別 日刊新聞
判型 タブロイド
所有者 Defense Media Activity
設立 1861年
本社所在地 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
公式サイト stripes.com

星条旗新聞英語: Stars and Stripes)とはアメリカ合衆国新聞である。アメリカ軍関係者に影響を与えるような記事を扱っている。アメリカ国防総省内で運営されているが、編集権は独立している上、読者の興味、定期的なレポートを提供する独立したオンブズマンへの第一条英語版保護はアメリカ合衆国議会によってなされている。ウェブサイトだけでなく軍人向けに欧州中東日本朝鮮といった海外版を含めて日刊の紙媒体を発行しており、無料でダウンロードできる7種類のデジタル版もある[1]。本部はワシントンD.C.に構えている[2]

歴史[編集]

創刊[編集]

南北戦争中の1861年11月9日イリノイ州の11、18、29連隊はミズーリ州ブルームフィールド英語版でキャンプを張っていた。地元新聞社を探したがもぬけの殻だったため、自分達の活動に関する新聞を自身で発行することを決断し、新聞名を「Stars and Stripes」とした。現在ブルームフィールドにはStars & Stripes Museum/Library Associationが置かれている[3]

第一次世界大戦[編集]

第一次世界大戦中に経験を積んだStars and Stripesの記者やイラストレーターは戦後ベテラン記者や若手兵士になっていった。編集者だったヘラルド・ロス英語版はその後雑誌「ザ・ニューヨーカー」を創刊した。アートディレクター兼主要イラストレーターだったサイラス・リロイ・ボルドリッジ英語版は書籍・雑誌のメジャーなイラストレーターだけでなく版画家、ステージデザイナーになった。スポーツ担当編集者のグラントランド・ライス英語版はジャーナリストととして長いキャリアを積み、グラントランド・ライス・スポットライトとという映画スタジオを設立した[4]。演劇評論家のアレクサンダー・ウールコット英語版がStars and Stripesに寄稿したエッセイをまとめた本が「The Command Is Forward」(1919)として出版された。

Stars and Stripesはその後8ページの週刊誌としてフランスで印刷し米軍部隊に配布するという社員の努力により読者は526,000人とピークに達した。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦時は展開されている複数の戦線で何十もの版が発行された。この時の制服を着た記者や若い兵士もまた後に重要なジャーナリストになり、新聞の発行、配達において従業員の欠員を埋め熱意と才能を発揮した。いくつかの版はほとんどの部隊が最新情報を得るために戦線の非常に近い場所で情報の収集や印刷が行われた。また戦時中の新聞は全53巻のG.I. Storiesとして出版された。

戦後、Stars and Stripes掲載の「Willie and Joe」という第二次世界大戦を扱った人気漫画の作者だったビル・モールディン英語版は時事漫画家としてピューリッツァー賞を2回受賞し最も輝かしい経歴を飾った。過去のStars and Stripes社員には60 Minutesアンディ・ルーニー英語版スティーブ・クロフト英語版やソングライター、作家のシェル・シルヴァスタイン、漫画家のトム・サットン英語版、作家のラルフ・G・マーティン、漫画家のポール・フォンテーヌ英語版、作家でテレビニュース番組特派員のトニー・ザッポン英語版、漫画家のバーモン・グラント英語版(代表作に「A Monster Is Loose in Tokyo」)、ハリウッド写真家のフィル・スターン英語版、株式市場後半レポーター、PBSのウォール・ストリート・ウィーク英語版司会のルイ・ルーカイザー英語版がいる。

1965年小説1967年映画特攻大作戦」ではStars and Stripesで掲載されたジャック・アグニュー英語版上等兵の功績を収めた写真が登場する。

新聞は1942年に欧州で1945年太平洋地域で断続的に発行されている。

また、「Stripes' Sunday Comics」というアメリカ合衆国の15ページのコミック・ストリップがある。

現在[編集]

米軍部隊に配達されるStars and Stripes(2003年)

Stars and Stripesはアメリカ国防総省と議会に承認された、独立した日刊の軍事ニュースと、欧州と中東、東アジアの米軍施設情報を発行している。新聞は1日平均40から48ページのタブロイド形式の紙媒体やインターネット上で発行している。また市民や米軍上級下士官を記者として採用しており、世界中に拠点を構えており35万人以上に読まれている。また、オンライン版は月約400,000アクセスがありそのうち60から70%がアメリカ合衆国からのアクセスになっている。

2009年、Stars and StripesはワシントンD.C.の事務局にてStripes Centralというブログサイトを解説した。コンテンツは事務局の記者によって執筆されている。

Stars and Stripesは国防総省職員等による福利厚生基金の従業員による組織であり、国防総省による助成は一部に限られる。運営資金の大部分は広告収入と購読契約で賄われている。また多くの軍事出版物の中で唯一憲法修正第一条の保護対象の新聞で、新たに組織されたDefense Media Activityの一部になっている。Defense Media Activityによる他のメディア(例としてPentagon Channel、Armed Forces Radio and Television Service)は国防総省の命令によるものであるのに対し、Stars and Stripesのみは完全に編集権の独立性を維持している。

また、過去の版のデジタル化を推し進めており、1943年から1999年までの新聞マイクロフィルムを復元し、ヘリテージ・マイクロフィルム社が検索可能な形式に変換し、アーカイブウェブサイトに掲載している。Newspaper Archiveでは1948年から1999年までの50年間の新聞を掲載している。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.stripes.com/site-map
  2. ^ "Contact Us." Stars and Stripes. Retrieved on October 12, 2010. "529 14th Street NW, Suite 350, Washington, D.C. 20045-1301."
  3. ^ http://www.starsandstripesmuseumlibrary.org/
  4. ^ “1918-1919: A Talented Editorial Staff”, The Stars and Stripes (Library of Congress Serial and Government Publications Division. American Memory), http://memory.loc.gov/ammem/sgphtml/sashtml/staff.html 2009年8月28日閲覧。 

外部リンク[編集]