M777 155mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M777

M777 155mm榴弾砲(M777 Howitzer)は、イギリスで設計・開発され、アメリカ軍が採用した最新型の牽引式榴弾砲である。

開発[編集]

1990年代イギリスのヴィッカース造船技術会社(Vickers Shipbuilding and Engineering Ltd、1999年にBAEシステムズに吸収される)は超軽量野戦榴弾砲(Ultralight - weight Field Howitzer:通称UFH)の開発に着手していた。

その後買収したアメリカ合衆国のユナイテッド・ディフェンス(United Defense)の協力も取り付けることで2005年にこの超軽量野戦榴弾砲が完成し、アメリカ軍M777の制式名称を与えてこれを採用した。

性能[編集]

CH-47で空輸されるM777

M777榴弾砲の性能は、射程や発射速度については特筆に値しないごく平凡なものに過ぎず、前任のM198 155mm榴弾砲と比較してほとんど進歩していない。

M777の最大の特徴は重量の小ささにあり、M777の重量3,175kgは、M198の重量7,154kgの約44.4%と半分以下であるため、M198ではCH-47 チヌークCH-53 シースタリオンなどの大型輸送ヘリコプターでないと吊り下げ輸送ができなかったのに対して、M777はUH-60 ブラックホークUH-1N ツインヒューイのような中型汎用ヘリコプターティルトローター機V-22 オスプレイでも機外に吊り下げて輸送することが可能となった。

構造[編集]

砲撃中のM777

一般的な牽引式榴弾砲と違い、M777は砲架からやや短めの脚を4本突き出させ、後部の2本は駐鋤を取り付けて反動による砲の後退を防ぎ、前部の2本は砲が前につんのめって転倒することを防ぐ役割を分担して担わせることで脚部の軽量化と射撃時の安定性を両立させている。

このほか鉄よりも軽量かつ強度の高いチタン合金製の部品を多用する他、駐退機砲身の左右に設置したり、砲の配置場所自体をかなり低い位置にしたりすることで重心を可能な限り低い位置にしているが、このため装填作業がやり辛く、特に高仰角時の砲弾装填に困難が生じたため、大きく湾曲したさく杖が使われている。

また、砲脚が短いために車両による牽引時に従来のように砲脚に設けた牽引具で牽引することが難しいため、牽引具は砲口のマズルブレーキに設けられており、牽引具がマズルブレーキ下面から前方に向けて突き出している。

M777にはM109A6パラディン自走榴弾砲のそれに匹敵する性能を持つデジタル式弾道計算コンピュータが搭載されており、砲の座標や発射角を素早く算出して初弾を発射できる。

運用[編集]

アメリカでは海兵隊陸軍陸軍州兵を含む)が保有するM198榴弾砲を全面的にこのM777榴弾砲に更新する予定であるが、現在は主に山岳地帯が多く軽量な火砲のヘリ空輸を頻繁に行う必要があるアフガニスタン駐屯部隊から優先してこの砲が配備され運用されている。

アメリカ以外にもカナダ統合軍地上軍が採用を決定したほか、イギリス陸軍でも採用の是非を問うトライアルが始まっており、採用が決まればL118 105mm榴弾砲の一部をこれと更新する予定である。

また、M777榴弾砲の砲架はそのままにして専用トラックの荷台に搭載することでフランス製のカエサル自走砲のような装輪式簡易自走砲とすると共に、必要に応じてM777榴弾砲をトラックの荷台から降ろすことで山の頂上などのようにトラックが入れない場所にもヘリを使って砲を配置することが可能、という、自走砲と牽引砲の利点を両立させたハイブリッド榴弾砲とする構想(M777 Portee System)も存在する[1]

諸元・性能[編集]

Flickr - The U.S. Army - M-777 Howitzer Artillery Cannon.jpg

諸元

作動機構

性能

  • 俯仰角: -5°~+75°
  • 旋回角: 360°
  • 砲口初速: 827メートル毎秒(8号スーパー装薬)
  • 有効射程: 24,000m
  • 最大射程: 30,000m(ERFB弾使用時), 40,000m(M982誘導榴弾使用時)
  • 発射速度: 5発/分(最大)、2発/分(連続射撃時)

砲弾・装薬


採用国[編集]

参考サイト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]