アナポリス級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナポリス級駆逐艦
HMCS Nipagon - Ocean Safari 85 - DN-ST-86-02520.JPEG
艦級概観
艦種 駆逐艦
就役期間 1964年 - 1998年
前級 マッケンジー級駆逐艦
次級 ハリファックス級フリゲート
主要諸元
#諸元表を参照
テンプレートを表示

アナポリス級駆逐艦 (英語: Annapolis-class destroyer) はカナダ海軍駆逐艦。1960年代から1990年代にかけて運用された。

概要[編集]

本級は、本来はマッケンジー級駆逐艦英語版の5、6番艦として就役する予定であったものを、サン・ローラン級駆逐艦に準じて設計変更して建造したものである。サン・ローラン級は、当初は護衛駆逐艦(DDE)として建造され、のちにヘリコプター駆逐艦(DDH)に改修されたことで有名であるが、本級は、当初より航空機の搭載を前提にして設計・建造された。ただし、実際に航空設備を搭載したのは、就役後のことであった。

本級の2隻はその艦歴の大半をカナダの沿岸で過ごし、アナポリスはエスクワイモルト海軍基地を、ニピゴンはハリファックス海軍基地を拠点として活動した。

また、のちにサン・ローラン級などと同様に、駆逐艦延命改修 (DELEX, DEstroyer Life EXtension) を受けた。これは戦闘、レーダー、射撃指揮システムの近代化を行なうもので、「ニピゴン」は1982年、「アナポリス」は1984年に改修された。

その後、1992年より、後継となるハリファックス級フリゲートが就役を開始したのに伴って、1996年に「アナポリス」、1998年に「ニピゴン」が退役して、運用を終了した。「ニピゴン」はカナダ海軍における最後の蒸気動力艦であった。

諸元表[編集]

護衛駆逐艦
(新規建造時)
ヘリコプター駆逐艦
(DELEX改修後、最終形態)
排水量 満載: 3,420 t
全長 111.6 m
全幅 12.80 m
吃水 6.93 m
機関 バブコック・アンド・ウィルコックスボイラー×2基
イングリッシュ・エレクトリック蒸気タービン×2基 (計30,000 shp)
スクリュープロペラ×2軸
速力 28.5 kt
航続距離
乗員 228名 210名+航空要員20名
兵装 Mk.33 3インチ連装砲 ×1基
Mk.10 リンボー対潜臼砲 ×1基 Mk.32 3連装短魚雷発射管 ×2基
Mk.4 短魚雷投射機 ×1基
艦載機 CH-124 シー・キング 哨戒ヘリコプター ×1機
C4I CIC設置、音声リンクのみ 海軍戦術情報システム
(ADLIPS戦術情報処理装置 + リンク 11)
レーダー AN/SPS-12 対空捜索用 SPS-503 対空捜索用
AN/SPS-10 対水上捜索用 SPS-502 対水上捜索用
AN/SPG-48 砲FC用×1基
※Mk.64 FCSのサブシステム
SPG-515 砲FC用×1基
※Mk.69 FCSのサブシステム
URN-20 TACAN URN-25 TACAN
スペリーMk.2 航法用 スペリーMk.127E 航法用
ソナー SQS-501(162型; 目標識別) SQS-510 船底ソナー
SQS-502(170型; 攻撃)
SQS-503(アクティブ捜索)
SQS-504可変深度ソナー AN/SQR-19(V) CANTASS 戦術曳航ソナー
FCS Mk.64 砲FCS Mk.69 砲FCS
電子戦 SRD 501 HF/DF装置
AN/ULQ-6 ECM装置
AN/WLR-1C ESM装置 SLQ-501 ESM装置
UPD-501 ESM装置

同型艦[編集]

# 艦名 起工 就役 退役
265 アナポリス
HMCS Annapolis
1961年9月2日 1964年12月19日 1996年11月15日
266 ニピゴン
HMCS Nipigon
1960年8月5日 1964年5月30日 1998年7月7日

参考文献[編集]