ブロック工法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブロック工法(ブロックこうほう)は、造船において船体を一括して建造せず、いくつかの塊に分けて同時に製造し、最後につなぎ合わせて完成させる工法。

リバティ船などの戦時規格船を急速建造する際に採用され、第二次世界大戦後の造船における主力工法となった。なお、造船以外で、「○○ブロック」を使った工法を「○○ブロック工法」と呼ぶことがある。建造期間の短縮、作業の高効率化を目指し採用された画期的な生産手法であり、戦後日本復興に大きく貢献したと言われている。

船舶[編集]

この工法が造船の主力工法となったのは、第二次世界大戦を契機とする。日本と米国に限っていえば、日米ともに戦域の大半が海上を経由するため、軍事行動、軍事輸送の主役は艦艇であり、輸送船であった。日米両国ともに短期間で艦艇(主に消耗の激しい護衛艦艇)・輸送船の大量の建造・配備を迫られ、この工法を用いて、短期間で大量の建造が行われた。

日本においては、太平洋戦争中盤より、輸送艦[1]海防艦戦時標準船等の建造において用いられた。海軍艦政本部の発案のもと、三菱重工業日本鋼管日立造船の各社で実用され、とりわけ最も多くの海防艦を建造した日本鋼管では、艦政本部の遠山光一海軍技術中佐(後の日本鋼管副社長)、魚住順治海軍少佐(後の海上自衛隊海将補、日本鋼管顧問)と日本鋼管技師の石井利雄海軍中尉らがこの工法の研究に熱心で、海防艦の大量建造に貢献した。当時、造船会社としては二流級であった日本鋼管が、戦後、日本を代表する造船会社に飛躍するきっかけとなった。戦後はこの工法が船舶建造の主力工法として定着し、現在に至っている。

アメリカにおけるブロック工法の発展はリバティ船を参照のこと。

鉄道車両[編集]

日本車輌製造(日車)が開発した、軽量ステンレス鉄道車両の低コストな製造法。同社の公式サイトでは日車式ブロック工法あるいは日車式SUSブロック構体と紹介されている。

今までの車両製造での車体の側構体の組立てでは、車体全長と同じ長さの骨組に上部に幕板、下部に腰版、扉の部分に入口枠を溶接で取付けて組立てていたのだが、その組立作業には広いスペースが必要であり、特に幕板の長さは車体全長と同じで、組立て時においての取り扱いが難しかった。そこで、考案されたのが側構体を車端窓ブロック、中間窓ブロック、側入口ブロックなどのブロック単位に分けて、各ブロック単位でブロックを製造後、各ブロックを溶接接合して側構体を組立てる方式である。また、各ブロックの継ぎ目には余裕があるため、継ぎ目の間隔を調整して接合することにより、車体長の寸法精度を高めている。

採用例[編集]

また、日本国外では台湾車輌に技術移転され、台湾鉄路管理局EMU700型電車の704F以降は現地生産となっている。

ギャラリー[編集]

ブロック工法で製造された車両。扉周辺に継ぎ目が見える。

脚注[編集]

  1. ^ #主要々目及特徴一覧表p.11『一等輸送艦|摘要(特徴)|敵制空下ヲ突破シ第一線ニ高速補給ヲス。大発4隻艦尾ヨリ発進可能又特型戦車ノ発進可能。多数建造ノ為模型ニヨリ艦体ヲ陸上ブロックニヨリ加工、艤装後ノ一部ヲ取付ケル方式ヲ採用セル最初ノ艦型。工数5900、期間4ヶ月』

参考文献[編集]

関連項目[編集]