マキン・アイランド (強襲揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Makin Island (LHD-8)
艦歴
運用者  アメリカ海軍
発注 2002年4月
起工 2004年2月14日
進水 2006年10月22日
就役 2009年10月24日
主要諸元
艦級 ワスプ級強襲揚陸艦
排水量 41,335トン(満載)
全長 844 ft (257 m)
全幅 110 ft (34 m)
機関 複合電気推進方式
高速機: LM2500+ガスタービンエンジン(35,000hp)×2基
巡航機: APS、4,000kwディーゼル発電機×6基、補助電動機(5,000hp)×2基
推進器: ロールスロイス製直径5m可変ピッチプロペラ×2軸
機関出力 70,000hp
速力 約22ノット
航続距離 9,500海里(20ノット巡航時)
兵装 シースパロー短SAM 8連装発射機×2基
RAM近SAM 21連装発射機×2基
20mmファランクスCIWS×2基
Mk 38 25 mm 機関砲×3門
12.7mm 機銃×4挺
モットー Gung Ho
テンプレートを表示

マキン・アイランド (英語: USS Makin Island, LHD-8) は、アメリカ海軍強襲揚陸艦であり、ワスプ級強襲揚陸艦の8番艦である。艦名は太平洋戦争における激戦地、マキン島にちなむ。

2004年2月14日ミシシッピ州パスカグーラにあるリットン・インガルス造船所で起工した。同艦は2006年9月に進水し、2009年10月24日にサンディエゴで就役した。

主要変更点[編集]

マキン・アイランドはそれまでのワスプ級姉妹艦と異なり、多様な新技術を取り入れた。

機関[編集]

艦の主機関をガスタービンに変更し、低速航行時には電動機で推進するハイブリッド型艦艇の就役は米軍初である。

  • 主機関を従来の蒸気タービンエンジンからガスタービンエンジンに変更[1][2]
    • GE製LM2500+(定格出力:35,000hp、最大出力:40,500hp)×2
  • 補助推進システム (Auxiliary propulsion system, APS) の追加
    • フェアバンクスME製ディーゼル発電機 (4,000kw)×6
    • 補助電動機 5,000hp×2
  • 新たな機関管制システム

ガスタービン機関と電動機による補助推進システム (APS) を組み合わせた推進機関への変更によって、従来の蒸気を動力とした艦に比べて燃料消費量は若干増すが、操作人員と維持費といった機関関連コスト全体の低廉化が考えられている[2]。ガスタービンエンジン特有の低速航行時での燃料消費量の悪化を、最大速度12ノット程度まで出せる推進力を備えるAPSの使用によって補う予定である。従来艦では艦内電力を発電していた2,500kw蒸気タービン発電機×5基は撤去され、全ての艦内電力は6基のAPSのディーゼル発電機より供給され[3]、総発電能力は従来の1万4千kwから2万4千kwまたはそれ以上へと強化されている[2]

その他[編集]

  • 水霧防火システム
  • 高度な指揮管制・戦闘コントロールシステム
  • 満載排水量が40,650トンから41,335トンへ増加[2]

ハリケーンによる破損[編集]

ハリケーン・カトリーナの余波で、アメリカ海軍はリットン・インガルス造船所で建造中のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦2隻の損害を発表した。マキン・アイランドも同様にハリケーンによる破損が確認された。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 機関出力は、ワスプ級の通常時:7万馬力、最高時:7万7千馬力から、単一の7万2千馬力へと変わったが、大きな差はない。
  2. ^ a b c d 軍事研究 2011年7月号、44-49頁
  3. ^ 河津幸英著 『21世紀のアメリカ海軍』アリアドネ企画 2007年9月15日第1刷発行 ISBN 9784384031768

参考文献[編集]

  • 大塚吉古「STOVL空母化した米海軍強襲揚陸艦」『軍事研究 2011年7月号』、ジャパン・ミリタリー・レビュー、ISSN 0533-6716

外部リンク[編集]