プリンシペ・デ・アストゥリアス (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SNS Principe de Asturias (R11) during Dragon Hammer 92.jpg
艦歴
発注 1977年6月29日
起工 1979年10月8日
進水 1982年5月22日
就役 1988年5月30日
退役 2013年2月6日
要目
艦種 航空母艦軽空母
排水量 建造排水量:13,400t
基準排水量:15,912t
満載排水量:17,190t
全長 195.9m
飛行
甲板
175.3m
全幅 32m
水線幅 24.3m
吃水 9.4m
機関 COGAG方式 1軸推進(46,400hp 34.6Mw)
GE LM2500ガスタービンエンジン 2基
速力 27ノット
航続
距離
6,500海里/20ノット
乗員 605名、司令部60名、航空要員145名
兵装 メロカ20mmCIWS 4基
20mm機関砲 2基
搭載機 AV-8BハリアーIIプラス 12機
SH-3AB212 12機

プリンシペ・デ・アストゥリアスPortaaviones Príncipe de Asturias)は、スペイン海軍航空母艦軽空母)。スキージャンプ甲板を有し、V/STOL機ヘリコプターを運用する。その名はスペイン王太子の称号アストゥリアス公に由来している。英国王太子の称号プリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)と同様のものである。

概要[編集]

1970年代にアメリカ海軍が研究していた制海艦をベースにして共同開発で建造された。なお、スペイン海軍では、艦隊旗艦として使用する為、制海艦に比べて通信機能が強化されている。1988年5月に就役し、軽空母「デダロ」を更新した。

最大で甲板に12機、格納庫に17機、合計29機の艦載機を搭載できる。V/STOL機としては、AV-8BハリアーII及びハリアーIIプラスを、ヘリコプターとしてSH-3対潜ヘリコプターAB212輸送・救難ヘリコプターおよびSH-3早期警戒ヘリコプターを搭載した。

2013年2月6日退役、翌2月7日フェロルナバンティア造船所まで最後の航海を行った[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ O «Príncipe de Asturias» chega a Ferrol para a súa baixa” (ガリシア語). La voz de Galicia (2013年2月8日). 2013年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]