ライカミング T53

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライカミング T53
Turboprop T-53.jpg
断面図
主要諸元表
種類 ターボシャフト/ターボプロップエンジン
全長 1,209 mm / 47.6 in
※-701: 1,508 mm / 59.4 in
直径 584 mm / 23.0 in
重量 247 kg
※-701: 314 kg
出力
  • -1B: 860 hp (645 kW)
  • -11: 825 hp (615 kW)
  • -17: 1,500 hp (1118 kW)
  • -701: 1,400 hp (1044 kW)
  • -703: 1,800 hp (1342 kW)

ライカミング T53英語: Lycoming T53)は、アメリカ合衆国ライカミング・エンジンズ社が開発したターボシャフト/ターボプロップエンジンのシリーズ。現在は、ライカミング・エンジンズ社がハネウェル・エアロスペース社に買収されたのに伴い、同社の製品となっている。

本機の開発計画は、1952年より開始され、ユンカース ユモ 004の開発を主導したアンセルム・フランツ (Anselm Franz) 博士によって主導された。1955年には試作機が完成し、1958年には最初の量産機が登場した。その圧縮機は、5段の軸流式圧縮機と1段の遠心式圧縮機によって構成されている。

本機には、下記のようなバリエーションがある。

T-53-L-1/5/9/11
初期に生産されたバージョンで、出力は825 hp (615 kW)ないし1,100 shp (820 kW) である。民間バージョンはT5309, T5311, T5317と称されている。
1962年に登場した最終発達型の-11は海外でもライセンス生産が行なわれ、日本川崎重工業ドイツKHD社、イタリアピアジオ社で生産された。
T-53-L-13
1966年より生産が開始された改良型で、出力は1,400 hp (1044 kW)に強化されている。
民間バージョンはT5313と称されている。また、ターボプロップ型として、-15が派生した。
T-53-L-701
ターボプロップ型の改良型。出力は-15型と同じく1,400 hp (1044 kW)であるが、電子的制御が導入されている。
T-53-L-703
-13をもとにした改良型で、出力は1,800 hp (1342 kW)にさらに強化されている。-13から-703への転換キットも公表されており、UH-1HP ヒューイ-IIの一環としてセールスされている。民間バージョンはT5317Bと称されている。

また姉妹機として、より大型で強力なライカミング T55英語版も開発された。

搭載機種[編集]


参考文献[編集]