ロンゲール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンゲールの街
ロンゲールのビル街
ロンゲールの大聖堂

ロンゲール(仏:Longueuil)は、ケベック州南部モンテレジー地域に位置する都市。人口231,409人(2011年統計[1])。都市の規模はケベック州5番目の大きさでカナダ国内では19番目。面積115.59 km²。モントリオールの衛星都市であり、モントリオール大都市圏を構成する。

市はVieux-Longueuil、Saint-Hubert、Greenfield Parkの3つの地区から構成される。周辺自治体は南にサン・ランベールブロサード、北にブーシャーヴィルサンブルーノ・ドゥ・モンタルヴィル、東にカリニャン、西はセントローレンス川を挟んでモントリオールが接している。

行政区分[編集]

2006年ロンゲール市を再分割した結果、従来のロンゲール市をロンゲール都市圏(L'agglomération de Longueuil)として呼び、下記の区からなる旧都市部を新しいロンゲール市とした。

  • ヴュー・ロンゲール区(Vieux-Longueuil)
  • グリーンフィールド区(Greenfield Park)
  • サン・チュベール区(Saint-Hubert)

旧ロンゲール市から分割した市は下記の通りである。

人口動態[編集]

人口は231,409人(2011年)。2006年の国勢調査では人種は白人が87.6%、黒人4.1%、中南米系2%となっており、住民の母語はフランス語が 81.4%、英語7.5%、その他13.6% となっている。

交通[編集]

モントリオール島とは、5つの橋とトンネルで結ばれており、住民の多くはモントリオールまで通勤している。これに伴いセント・ローレンス川を挟んでモントリオール島と南岸を結ぶ5つの橋は常に混雑していて、交通渋滞を引き起こす原因となっている。モントリオール地下鉄のイエローラインが伸び、ロンゲール-シェルブルック大学駅(Longueuil–Université-de-Sherbrooke)が終点となっている他、郊外列車(AMT)の路線も1路線が走っている。バス路線はRTL(Réseau de transport de Longueuil)によって運行されている。

教育[編集]

シャーブルック大学ケベック大学モントリオール校モントリオール大学のキャンパスが置かれている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]