シコルスキー S-42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シコルスキー S-42
概要
用途 旅客機(飛行艇)
乗員 4
座席数 37席
初飛行 1934-3-30
製造者 United Aircraft Corporation
単価
寸法
全長 20.73 m
全幅 36.03 m
全高 5.3 m
翼面積 123.5m²
重量
空虚 8,984kg
運用 17,273kg
最大離陸 kg
動力
エンジン Pratt & Whitney R-1690 Hornet
出力 660 hp ×4
性能(目安)
最大巡航速度
最大速度 300 km/h
航続距離 3,088 km
最大運用高度 4,788 m
上昇率 305 m/min
翼面荷重 140 kg/m2;

シコルスキー S-42は、アメリカ合衆国旅客用飛行艇

概要[編集]

シコルスキー S-42

旅客をのせた実用的な渡洋飛行をおこなった最初の飛行艇である。4発単葉で主翼は胴体から離れた高い位置にセットされ、主翼と胴体の間は支柱で支えたパラソル方式を採用。4基のエンジンは主翼の前縁に並べている。パンアメリカン航空のために10機がUnited Aircraft Corporationのボート・シコルスキー部門で製作された。初飛行は1934年3月30日である。

S-42は、前作シコルスキーS-40(1930年就航の4発大型飛行艇:乗員6乗客38)の運用で飛行艇による航空輸送に自信を持ったパンアメリカン航空が、さらに長距離路線への拡大を狙って発注された機体。同時に発注されたマーチンM-130チャイナクリッパーとともにパンナムの海外路線に活躍した。太平洋大西洋横断路線は本機が開拓し、最初の北大西洋横断定期便となった飛行艇である。太平洋横断路線の実就航は航続距離の長いマーチンに譲り、アメリカと中南米を結ぶルートで多用された。また1937年ホノルル-アメリカ本土間に就航した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考画像[1]