シュベツォフ ASh-21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュベツォフ ASh-21ロシア語: Швецов АШ-21)とは、1940年代ソビエト連邦で開発された、単列7気筒・空冷星型航空用エンジンである。

設計と開発[編集]

ASh-21は、基本的には複列14気筒のASh-82エンジンを単列化したものである。ASh-82の姉妹機であるASh-62からも多くの部品が流用された。設計は1945年に始まり、1947年までに試験を終えて量産が開始された。1947年から1955年までに7636基のASh-21がソ連国内で生産され、ほかに1952年以降チェコスロバキアでもM-21として生産された。

搭載機[編集]

仕様 (ASh-21)[編集]

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill (1986). World Encyclopedia of Aero Engines. Wellingborough: Patrick Stephens. pp. 175. 
  • Kotelnikov, Vladimir (2005). Russian Piston Aero Engines. Crowood Press Ltd.. pp. 118–119.