Tu-22M (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Туполев Ту-22М

Tu-22M3 ロシア空軍機

Tu-22M3 ロシア空軍

Tu-22M(ツポレフ22M;ロシア語:Ту-22Мトゥー・ドヴァーッツァヂ・ドヴァー・エーム)は、冷戦時代にソ連ツポレフ設計局で設計・製造された中距離爆撃機である。ソ連では、「ミサイル爆撃機」に分類された。ロシア連邦により現在も運用されている。

Tu-22を元に開発され、超音速、可変翼、長航続距離を特徴とする。北大西洋条約機構(NATO)では、「バックファイヤ」(英語:Backfire:内燃機関で発生する「逆火」現象(燃焼室外燃焼)の意味だが「逆効果」・「裏目(に出る)」を意味するスラングでもある)のNATOコードネームを割り当てた。

開発[編集]

先行して開発・運用されていたTu-22は、特に成功した機体とは言えず、高価な割にはいくつかの点でTu-16より劣っていた。特に航続距離、離陸時滑走距離が弱点となった。Tu-22が運用開始されるのと同時に、ツポレフ設計局はTu-22に対する改善研究・設計を開始した。

ミグ設計局のMiG-23や、スホーイ設計局のSu-17と同様、幾何学的な形状の可変翼は魅力ある長所を持つと考えられていた。すなわち、短い離陸時滑走距離、効果的な航続性、高速性、低空飛行性能である。Tu-22にこれらの長所を取り入れ、失敗したTu-98からいくつかの特徴を取り入れて、航空機145(サモリョート145)と呼ばれる可変翼の試作機が試作された。1969年8月に初飛行したこの機体にはTu-136の名称が与えられ、各種試験の結果良好な性能を発揮し、量産に入ることが決定された。

名称について[編集]

Tu-22Mの名称が公表される前は西側は当機をTu-26だと推測し、それが定説となっていたが、SALT2(第二次戦略兵器制限交渉)の交渉中、ソビエトはこの機体をTu-22Mであると主張した。

西側諸国の情報筋は、この主張を「単なるTu-22の派生形とミスリーディングさせるためのもの」と分析した。Tu-22に比べ、かなりの改善と改良が加えられており、武装搭載量も増えていたためである。現在では、この主張が正当であり、またツポレフ設計局がソビエト政府に対し、Tu-22を継承して経済的に開発を継続することを納得させるための命名であったことが判明している。実際、前部の脚と爆弾倉カバーはTu-22のものをそのまま流用している。

アメリカにもこれによく似た現象があり、ロッキードF-94Cスターファイア、ノースアメリカンF-86Dセイバー等の例が1950年代にあった。

概要[編集]

Tu-22からの改良点として、エンジン配置を垂直尾翼の両脇から機体尾部に移され、機体横には空気取り入れ用の通路を設けた。また、機体自体も曲面を多用しており、空気力学的に洗練された。エンジンも強力なものが使用され、航行速度が2倍近くにまで向上した。速度向上に伴って、離着陸時の安定性を確保するために可変翼が採用されている。

各型の共通の武装として、ラドゥーガ Kh-22(NATOコードネーム「AS-4“キッチン”」)長距離対艦ミサイルを搭載した。このミサイルは通常弾頭型の他、核弾頭型もあり、核兵器搭載能力を有している。また、ミサイル以外にも無誘導爆弾も搭載可能である。

自衛用火器として、尾部砲塔にGSh-23 23mm複砲身機関砲を1基備えており、WSOが遠隔操作で作動させる。垂直尾翼の根本に、尾部砲塔の射撃管制レーダーを収めたポッドがある。

乗員は4名で、コックピット内に2名ずつ並列に座る。前席がパイロットとコパイロット、後席は航法士と兵器管制士官(WSO)である。搭乗については、コクピット横にあるガルウィングドアから出入りする方式で、専用のタラップが用意されている。

また、機体尾部には、着陸時に減速するためのパラシュート2基を収納している。

Tu-22Mの開発経験を生かして、ソ連ではTu-160が開発された。しかし、この爆撃機はソ連末期の経済停滞により多数は生産されず、ソ連崩壊後のロシア連邦ではTu-22MがTu-95とともに爆撃機部隊の中核を占めている。

バリエーション[編集]

派生形を含む製造数は497機であった。

Tu-22M0およびM1[編集]

初期のTu-22M0は9機のみ製造され、続いてさらに9機のTu-22M1量産先行試作機が1971年1972年に製造された。これらはNATOコードネームでは「バックファイアA Backfire-A」とされた。

インテーク(空気取り入れ口)が、F-4ファントムIIのような形状になっている。

Tu-22M2[編集]

最初の量産型は、1972年から製造に入ったTu-22M2(NATOコードネーム:バックファイアB)である。

主翼を延長し、広範囲にわたり再設計が行われ、搭乗員の空間を確保するため胴体断面積を拡大した。エンジンはNK-22 2基に変更され、着陸装置も改良された。尾部砲塔の射撃管制レーダーを収めるポッドの形状も変わっている。

いくつかのTu-22M2は、後にエンジンをより強力な NK-23に換装し、Tu-22M2Yeとされた。

Tu-22M2は、Tu-22M0より優れた性能と改良されたコクピットを持っていたものの、居住性と信頼性に問題があった。運用上、Tu-22M2は乗員に「ドヴォーイカ」というニックネームで呼ばれていたことが知られている。これは基本的には「数字の2」という意味の単語であるが、そこから派生して「2番目の奴」、5段階評価での「2」つまりは「落第点」を意味する単語でもある。

Tu-22M3[編集]

Tu-22M2から更なる改良が施されたTu-22M3(NATOコードネーム:バックファイアC)が、1976年に初飛行し、1983年から運用に入った。

新しくより強力な クリーモフ NK-25 ターボファンエンジンを搭載した。最高速度の向上にあわせてMiG-25に似たくさび形の空気取り入れ口を採用し、可変翼の可動幅が広くなった。ノーズハウジング(先頭部分)は上向きになったうえに大型化し、レーニネツ(「レーニン主義者」の意味)PN-ADレーダーとNK-45航法・射撃統制システムを搭載した。これらの改良の結果、非常に改善された低高度飛行(地形追尾ではない)ができるようになった。

2門搭載されていた尾部の砲は1門となり、砲塔の形が改善され、射撃管制レーダーを収納するポッドの形状も変更された。

ラドゥーガ Kh-15英語版(NATOコードネーム AS-16“Kickback”)短距離攻撃ミサイルを搭載するために、機体内部に回転式のランチャーを設置するための準備工事がなされた。この新型機は、M2よりも良い性能を示した。この機は乗員からトロイカ(ロシア語で「3番目」の意)のニックネームで呼ばれたが、これはTu-22Mのロシアでの運用に関して時々言及される。

なお、可変後退翼機はスペースを節約するために、駐機中は主翼を最後退位置にするのが普通だが、M3はアメリカに最高速度の向上を悟られないようにするため、主翼をM2と同じ位置で固定していた。

Tu-22M3のうち少数(おそらく12機)が、Tu-22M3(R)またはTu-22MRとして、ショームポル側方監視レーダーとELINT(電子情報収集)装備を取り付けられた。また、1986年には電子戦専用の派生形Tu-22MPが計画されたが、これは2-3機のプロトタイプが作られたに過ぎない。若干のTu-22Mの稼働機はアビオニクス装備を換装し、Tu-22MEとして運用されているが、NATO側では特に原型と区別していない。

運用[編集]

論争の種となった機首の空中給油プローブ(画像はTu-22M1のもの)
解体されるウクライナ空軍のTu-22M3

冷戦の間、Tu-22Mはソ連空軍の戦略爆撃任務と、ソ連海軍航空隊の長距離対艦攻撃任務に使われていた。アメリカは、この新しい爆撃機が配備されたことについて、非常な懸念を抱いた。実際には、1982年までに200機しか製造されず、この爆撃機がアメリカ本土への往復機動を伴う爆撃を行うことができないことが判明していた。しかし、アメリカ海軍と空軍はこの機体が深刻な脅威であるとして、北アメリカ防衛に予算を投入した。

Tu-22Mは、1987年から1989年までアフガニスタンで実戦使用された。この時の使われ方は、ベトナム戦争でのアメリカ空軍のB-52の使われ方と酷似していた。通常弾頭ではあったものの、かなりの量の爆弾を投下した。これらの攻撃は一方的で強力なものであったにも関わらず、戦略上はまったく有効ではなかった。

SALT2で米ソ間の交渉が行われた際、本機を戦略爆撃機として扱うかどうかについてに揉めた。最終的に「中距離爆撃機として使用し、空中給油ブローブなどの航続距離を伸ばす装備を外すうえに、生産数を年間30機以下にする」ことをソ連側は認めた。製造されたすべてのTu-22Mは、機首近くのプローブを通して空中給油を受けることができたため、空中給油プローブは取り除かれたが、必要となれば簡単に取り付けることができる(アメリカ合衆国はこれと引き換えにB-1Bから核兵器搭載能力を外した)。

ソ連はTu-22Mの輸出を行わなかった。しかし、ソ連崩壊により旧ソ連構成共和国のうち、いくつかの独立国がTu-22Mを保有することになった。この時点で、約370機の稼働機が独立国家共同体諸国に配備されていた。

ウクライナ空軍に29機を所有していたが、ウクライナ政府が核の放棄を宣言して以降、これらのTu-22Mはアメリカの資金援助の下2004年末頃に多くが破棄された。残る機体は2006年までポルタヴァで運用されていたが、これもこの年初頭に破棄され、Tu-22M0を含む3機のみがキエフ空港に隣接する国立航空博物館で保存されている。

ロシアでは、生産を再開する話があったものの、経済の悪化により実現に至らず、1993年に生産が中止されている。1992年以降は、それまでの方針を変え、ツポレフはTu-22Mの顧客を探し、イランインド中華人民共和国に売り込みを行ったが、販売は実現しなかった。2001年、4機がインドに海上偵察および攻撃用途のためにリースされた。2005年12月にはロシアはインドにTu-22M3を提供している。

ロシアは1995年第一次チェチェン紛争にTu-22Mを投入し、チェチェンの首都グロズヌイの近くで爆撃を行った。2008年南オセチア紛争にも投入され、ロシア側の発表では偵察任務中の第929飛行実験センター所属の1機がグルジア軍によって撃墜されている。

要目[編集]

Tu-22M2 三面図

*下記はTu-22M3のもの

  • 乗員:4名(操縦士、副操縦士、爆撃手、防御システムオペレータ)
  • 全長:39.60m
  • 翼長:
    • 展開時(20度):34.28m
    • 後退時(65度):23.30m
  • 全高:11.05m
  • 翼域:
    • 展開時:183.6m²
    • 展開時:175.8m²
  • 自重:54,000kg
  • 全備重量:124,000kg
  • 離陸可能最大重量:130,000kg
  • エンジン:クリーモフ NK-25 ターボファンエンジン 2基
    •  出力:245kN
  • 最大速度:マッハ2.05(2,160km/h)
  • 作戦行動半径:
    • 戦闘行動半径:2,880km
    • 輸送行動半径:6,800km
  • 実用上昇限界:13,300m(43,600フィート)
  • 翼面荷重:706kg/m²
  • 推力重量比:0.40 : 1

武装[編集]

  • GSh-23 23mm複砲身機関砲(遠隔操作式尾部砲塔に装備)1基
  • 爆弾およびミサイル:主翼・胴体パイロンおよび、投下式兵器用の内部爆弾倉に最大12,000kg
    • Kh-22/Kh-32 長距離対艦ミサイル 1発(爆弾倉外部)*ただしKh-22搭載時は他の武装は搭載不可、
    • Kh-15 短距離対地ミサイル 6発(爆弾倉内ロータリーランチャーに搭載)、加えて2発のKh-15またはKh-27(主翼パイロン)
  • レーダー A-332Z/A-359Zほか

登場作品[編集]

小説
漫画
  • パタリロ!
    機体そのものは登場していないが「バンコラン死す」の話の中でパタリロがバンコランたちの帰国用に用意した飛行機がソビエト産のバックファイヤーII戦略爆撃機とのこと(バンコランは以前の帰国の時に飛行機を頼んだらミラージュIIIで帰国するというひどい目に遭っており、当然パタリロはバンコランに殴られた)。
映画
  • FUTURE WAR 198X年
    Tu-22M2が「ソ連爆撃機 バックファイアB」の名で登場。空対地ミサイルを2基搭載している。冒頭、日本の領空を侵犯飛行して、航空自衛隊F-15Jのインターセプトを受ける。中盤には日本本土を強襲し、空対地ミサイルで石油コンビナートや新幹線、高速道路を次々と攻撃する。
    なお、冒頭に登場する機体は、実機と空気取り入れ口の形状が異なる。
  • ウォーゲーム
  • トータル・フィアーズ
    モスクワが核攻撃を受けたとの、ロシア軍反乱分子将校による偽情報を受け、ロシア海軍航空隊が北海に展開していたアメリカ海軍の空母ジョン・C・ステニスを攻撃し、行動不能とする。
ゲーム
  • 大戦略シリーズ
    生産タイプ、または陣営がロシアの場合にユニットとして生産可能。『大戦略ポータブル』シリーズでは、経験値を積むことで生産型を発展させることが可能であるが、ゲームグラフィックはTu-22M2のままである。

外部リンク[編集]