Tu-334 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tu-334

Tu-334(ツポレフ334;ロシア語:Ту-334トゥー・トリースタ・トリーッツァチ・チトィーリェ)は、ロシアの航空機メーカーであるツポレフが、老朽化が進んでいる世界で運行中のTu-134の買い替え需要に応じるために新規開発した短中距離用ジェット旅客機である。生産効率を高めるためにツポレフが同様に開発したTu-204の胴体を短縮したものを使用しているが、エンジンはTu-134同様に機体後部に取り付けられている。

開発経過[編集]

Tu-334の開発はソ連崩壊に伴うロシア経済の混乱のため、資金難であったために1990年代にゆっくりと進められ、実験機が1995年に作られたが、実際に初飛行に成功したのは1999年2月8日のことであった。またツポレフには112の航空会社から購入したいとする意向がよせられているが、ロシア政府からの型式証明が遅れていることなどにより計画の進行は遅れている。実際、開発開始から20年近く経つが2008年現在、未だに営業路線に就航する見通しがたっていないうえ、このクラスの旅客機市場はロシア国内外のライバルも多く将来性は明るいものではない。

2003年には、ウクライナアントノフもTu-334の製造に加わることとなり、キエフキエフ航空機工場「アヴィアーント」で生産が行われることとなった。

スペック(Tu-334-100)[編集]

  • 乗員: 2名
  • 乗客: 102名(オールエコノミー時)
  • 全長: 31.26 m
  • 全幅: 29.77 m
  • 高さ: 9.38 m
  • 翼面積: 83 m²
  • 自重: 30,050 kg
  • 最大離陸重量: 47,900 kg
  • エンジン: イーフチェンコ=プロフレース D-436T1 ×2、73.6 kN
  • 最大時速: 820 km/h
  • 航続距離: 2,000 km

派生型(計画)[編集]

以下はツポレフの作成した開発計画一覧である

機種名 Tu-334-100 Tu-334-100D Tu-334-120D Tu-334-200 (Tu-354) Tu-334-220 (Tu-354)
全長 31,26 m 31,26 m 31,26 m 35 m 35 m
全幅 29,7 m 32,61 m 32,61 m 32,61 m 32,61 m
高さ 9,38 m 9,38 m 9,38 m 9,38 m 9,38 m
自重 28.950 kg 31.920 kg 32.320 kg 33.975 kg 34.325 kg
最大離陸重量 47.900 kg 54.420 kg 53.750 kg 54.470 kg 54.800 kg
最大乗客数 102 102 102 126 126
操縦士 2 2 2 2 2
最大時速 820 km/h 820 km/h 820 km/h 820 km/h 820 km/h
航続距離 3.150 km 4.100 km 4.100 km 2.200 km 2.200 km
エンジン Progress D436Т1x2 Progress D436-T2 ロールス・ロイス BR715-562x2 Progres D436-T2 ロールス・ロイス BR715-562x 2

外部リンク[編集]