An-148 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

An-148

パリ航空ショー2007年で披露されたAn-148

パリ航空ショー2007年で披露されたAn-148

2009年モスクワ航空ショーでの初のロシア製An-148
2009年12月、キエフ航空機工場で初のウクライナ製An-148の完成祝賀会
ホストーメリ空港に着陸するAn-148
2007年パリ航空ショーでのAn-148
コックピット内部
客室内部

An-148(アントノフ148:ウクライナ語:Ан-148 アーン・ストー・ソーロク・ヴィースィム)は、ウクライナANTKアントーノウ2001年に開発を発表したリージョナルジェット機である。

概要[編集]

An-148は、高翼双発ターボファンエンジンを搭載したジェット旅客機である。

機体構造はアントノフが以前に開発したAn-72An-74を踏襲しているが、コアンダ効果を狙って主翼上面にエンジンを配したAn-72/74に対し、An-148はAn-74TK-300のようにパイロンでエンジンを吊り下げている。また最新の飛行ナビゲーション器材やフライ・バイ・ワイヤのシステムが組み込まれている。

An-148計画は1990年代初頭に始まり、当時はウクライナのアントノフ設計局でAn-74-68として作業が始まった。2001年にAn-148に改名されP.V. Balabuevが率いる開発チームはAn-74TK-300 輸送機を元に開発した。胴体が延長され主翼は新設計され、開発者達はモトール・シーチD-436-148エンジンを使用することを決めた。

生産はウクライナのアヴィアントとロシアのヴォロネジ航空機生産共同体(VASO)で行われる。多くの企業がこの計画に参加しておりその中で約70%の部材はロシアの企業が生産する[2]。地域の航空旅客市場に応じて複数の機種が用意される。An-148の値段は約2400–3000万ドルである[3]。この計画で主要な問題は生産率の低迷である。キエフのアヴィアントの工場は当初VASOの増え続ける機体の組み立ての対応に失敗した[3]

2002年にキエフのアヴィアントで最初の3機の試作機の製造が始まった。試作初号機は2004年9月に完成し、11月17日初飛行した。2005年4月には他の試作機が試験に加わった。また2005年にはモスクワ航空ショーで実機が展示された[4]。認証取得の為の期間中に2機の試作機は合計約600回飛行した[5]2007年2月26日に型式証明を取得。D-436-148エンジンとAI-450-МSエンジンがロシアとウクライナの航空局から認証された。

ロシアアエロフロート・ロシア航空なども導入する予定であるとしている。

同じくAn-74をもとにした姉妹機と言える機体に、双発ターボプロップ機のAn-140がある。こちらは、すでに実用段階に入っている。

2009年6月2日、An-148B「UR-NTA」号機がアエロスヴィート航空キエフハルキウ・キエフ間路線を飛行し、最初の運航に入った。

2005年4月、An-148は最初の注文をリース会社のイリューシン・ファイナンス(IFC)から10機とオプション5機受注した。受注額は総額2億7000万ドルである[6]

スペック[編集]

  • 全長:29.13 m
  • 全幅:28.91 m
  • 全高:8.20 m
  • 機体重量:23083 kg
  • 最大離陸重量:36800 kg
  • エンジン:モトール・シーチ社製D-436-148 ターボファンエンジン ×2
  • 速度:820 - 870 km/h
  • 最大限界上昇高度:11000 - 12500 m
  • 航続距離:2200 km - 5100 km
  • 乗員:2 名
  • 乗客:最大75 名

比較[編集]

項目 148-100A 148-100B 148-100E 158
乗員 2名
座席数 68席 (8+60, 混合)
75席 (1クラス, 代表機種)
78/80席 (1クラス,密集)
99席 (1クラス)
座席間隔 35 & 32インチ (混合)
32インチ (1クラス, 代表機種)
31/30インチ(1クラス,密集)
全長 29.13メートル (95 ft 7 in) 34.36メートル (112 ft 9 in)
翼幅 28.91メートル (94 ft 10 in)
翼面積 87.32平方メートル (939.9 ft²)
全高 8.19メートル (26 ft 10 in) 8.60メートル (28 ft 3 in)
室内幅 3.15メートル (10 ft 4 in)
室内高 2.00メートル (6 ft 7 in)
最大離陸重量 38,550キログラム (85,000 lb) 41,950キログラム (92,500 lb) 43,700キログラム (96,000 lb)
最大積載量 9,000キログラム (20,000 lb) 9,800キログラム (22,000 lb)
貨物容量 14.60 m3 (516 cu ft) -
最大離陸重量での滑走距離 1,560メートル (5,120 ft) 1,800メートル (5,900 ft) 1,885メートル (6,184 ft) 1,900メートル (6,200 ft)
運行高度 12,200メートル (40,000 ft)
巡航速度 800 km/hから870 km/h (497 mphから541 mph)
最大積載時の航続距離
(148型の場合75パック積載時)
2,100キロメートル (1,300 mi) 3,500キロメートル (2,200 mi) 4,400キロメートル (2,700 mi) 2,500キロメートル (1,600 mi)
燃料消費率 1,550 kg/h (3,417 lb/h) 1,600 kg/h (3,527 lb/h) 1,650 kg/h (3,638 lb/h) 1,800 kg/h (3,968 lb/h)
エンジン (x 2) プログレス D-436
最大推力(x 2) 6,830 Kgf
15,058 lbf (67.0 kN)
-

出典: アントノフ設計局,[7] 統一航空機製造,[8] フライトグローバル.com,[9][10] アヴィアント.[11]

現在の発注と納入機数[編集]

国名 発注機数 納入機数
ロシアの旗 ロシア 107 6
Atlant-Soyuz 30
Polet 20
ロシア航空[12][13] 15 6
アエロフロート・ロシア航空[14] 11
モスコヴィア航空 10
ヴォルガ・ドニエプル航空[15] >10
サラーヴィア 5
ウラジオストク航空 [16] 4
ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省 [17] 2
イランの旗 イラン 50
HESA[18] 50
ウクライナの旗 ウクライナ 38 2
アエロスヴィート航空 15[19] 2
南航空 6
DonbasEnergo 5
ウクライナ航空輸送会社 3
ルガンスク航空 2
アイリッシュ航空 2
ウラガ航空 2
Crimea-Trial 2
"ЕES-avia" 1
インドの旗 インド 18[20]
ベネズエラの旗 ベネズエラ 10[21]
カザフスタンの旗 カザフスタン 8
スカット航空 [22] 7
ベルクト航空 [22] 1
キューバの旗 キューバ 3
クバーナ航空 [23] 3
ミャンマーの旗 ミャンマー 2[24]
ボリビアの旗 ボリビア 1 [25]
ボリビア空軍 1
237 8

また、2014年6月29日に再開された中国延吉朝陽川空港から北朝鮮平壌国際空港向けチャーター便に、高麗航空のAn-148が使用されたとの報道があり、高麗航空もAn-148を所有している可能性がある。[26]

脚注[編集]

  1. ^ AviaPort.Ru - 11-03-2010 - НЕБЕСНАЯ КОНКУРЕНЦИЯ. (Каталожная стоимость Ан-148 - около $25 млн…)
  2. ^ “Russia to produce Ukrainian-designed passenger jet”. RIA Novosti. (2010年7月19日). http://en.rian.ru/russia/20100719/159867392.html 
  3. ^ a b Sinitsky, Alex (2009-11-01). Antonov-148 jet enters in service in Russia. http://www.ato.ru/content/antonov-148-jet-enters-service-russia 2011年2月12日閲覧。. 
  4. ^ History of An-148”. United Aircraft Corporation (2010年). 2011年2月12日閲覧。
  5. ^ AN-148”. Antonov Design Bureau (2010年). 2011年2月12日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ Ryzhkin, Sergey (2005年6月7日). “Aircraft for the Provinces”. Kommersant. http://www.kommersant.com/page.asp?id=583456 2006年6月26日閲覧。 
  7. ^ Antonov AN-148
  8. ^ An-148-100 Specifications
  9. ^ Antonov discloses An-158 specifications
  10. ^ Antonov Design Bureau begins to design An-178 transport aircraft
  11. ^ AN-148-200 Specifications[リンク切れ]
  12. ^ Rossiya gets first An-148 (article in Russian)
  13. ^ http://www.aviaport.ru/digest/2010/08/24/200903.html
  14. ^ Aeroflot plans up to 50 MS-21s as part of effort to support Russia’s airliner industry”. Flightglobal.com (2010年9月1日). 2010年9月1日閲覧。
  15. ^ Novichkov, Nikolai (2008年2月19日). “Ukraine’s aerospace biz gaining real momentum”. AIN online. http://www.ainonline.com/news/single-news-page/article/ukraines-aerospace-biz-gaining-real-momentum/?no_cache=1 2008年2月19日閲覧。 
  16. ^ Work results for 7 months and long range plans for development” (2009年8月28日). 2009年5月9日閲覧。
  17. ^ http://www.ruaviation.com/docs/3/2010/11/24/15/
  18. ^ Iran to buy 50 An-148 airliners from Ukraine” (2008年10月31日). 2008年11月1日閲覧。
  19. ^ http://www.ukrainebusiness.com.ua/news/1245/ [リンク切れ]
  20. ^ BL: UAC signs deals for 18 An-148 aircraft
  21. ^ http://www.aex.ru/news/2010/4/6/74374/
  22. ^ a b Kyiv-based AVIANT completing assembling first An-148 for Kazakh company” (2006年8月31日). 2006年9月9日閲覧。
  23. ^ Cubana orders 3 An-148 regional aircraft
  24. ^ Two An-148 planes to be supplied to Myanmar in 2010, キーウ・ポスト (December 3, 2009)
  25. ^ Самолеты деловой авиации leasing.com
  26. ^ 延吉直飞平壤包机29日首航 73名游客抢先体验 - 吉和網(中国語)

外部リンク[編集]