グッバイ、レーニン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グッバイ、レーニン!
Good Bye Lenin!
監督 ヴォルフガング・ベッカー
脚本 ベルント・リヒテンベルク
ヴォルフガング・ベッカー
製作 シュテファン・アーント
出演者 ダニエル・ブリュール
カトリーン・ザース
音楽 ヤン・ティルセン
撮影 マルティン・ククラ
編集 ペーター・R・アダム
配給 ギャガ
公開 ドイツの旗 2003年2月13日
日本の旗 2004年2月21日
上映時間 121分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 € 4,800,000
テンプレートを表示

グッバイ、レーニン!』(Good Bye Lenin!)は、2002年製作、2003年2月に公開されたドイツ映画。監督はヴォルフガング・ベッカー、脚本はベルント・リヒテンベルクとヴォルフガング・ベッカーの共同、音楽は『アメリ』のヤン・ティルセン。東西ドイツ統合後に庶民の身に起こった悲喜劇を家族像と共に描いた佳作。

映画公開後は本国ドイツで大ヒットし、ドイツ歴代興行記録を更新した。 また第53回(2003年ベルリン国際映画祭の最優秀ヨーロッパ映画賞(「嘆きの天使賞」)ほかドイツ内外の様々な映画賞を受賞した。

日本ではギャガ・コミュニケーションズ(現・ギャガ)の配給2004年2月に公開。

あらすじ[編集]

東ドイツ首都東ベルリンに暮らす主人公のアレックスとその家族。母のクリスティアーネは夫のローベルトが西ドイツへ単独亡命して以来、その反動から熱烈に社会主義に傾倒していた。そんな家庭環境の中、東ドイツ建国40周年記念日である1989年10月7日の夜に、アレックスは家族に内緒で反体制デモに参加、街中で警官ともみあっていた。それを偶然通りがかったクリスティアーネが目撃。強いショックから心臓発作を起こして倒れ、昏睡状態に陥る。

彼女は二度と目覚めないと思われたが、8ヶ月後に病院で奇跡的に目を覚ます。しかし、その時にはすでにベルリンの壁は崩壊、東ドイツから社会主義体制は消え去り、東西統一も時間の問題となっていた。「もう一度大きなショックを受ければ命の保障は無い」と医師から宣告されたアレックスは、思案の末、母の命を守るため自宅に引き取った。周囲の協力を半ば強要しながら、東ドイツの社会主義体制が何一つ変わっていないかのように必死の細工と演技を続ける。だが、道路は西側の車が頻繁に通行し、ビルの壁にも西側文化の象徴「コカ・コーラ」の広告垂れ幕が掛けられ、国営配給ストアは西側資本のスーパーマーケットに変貌していく。

アレックスは映画マニアの友人デニスの協力を得て、コカ・コーラが東ドイツの国営企業と提携をしたという内容や、西ドイツの経済が悪化したことで自家用車で亡命する西ドイツ人が急増したといった内容の偽のニュースを製作して母に見せることで変化を納得させるが、それでも東西統一の現実は着実に近づいてくる…。

キャスト[編集]

注・役名 - キャスト名

アレクサンダー・ケルナー(アレックス) - ダニエル・ブリュール
主人公の青年。幼少時代には宇宙飛行士に憬れ、卒業後は東ドイツでテレビ修理工として働く。ベルリンの壁崩壊で国営事業所の解体により失職してしまうが、運良く衛星放送のサービスを行なう会社に再就職した。長き眠りから目覚めた母のために東ドイツが健在であるという偽装を行うため、消えつつある東ドイツ製品を求めて奔走。失業や貧困といった問題に直面していく。やがて、姉や恋人は彼の無理には付き合えないと背を向けるようになる。アレックス自身、東ドイツの生活を愛しく懐かしいものと感じるようになっていくが、急速な時代の変化は東西冷戦時代を忘却の彼方へと押しやってゆく。危篤となった母の為にアレックスは最後の嘘を演出する。
クリスティアーネ・ケルナー - カトリーン・ザース
アレックスの母。夫が西ドイツに亡命したことで心身を喪失してしまう。失語状態から抜け出した後は、社会主義に傾倒。ピオネールでの教育活動や婦人の生活改善運動を積極的に行ない、ついには表彰されるまでになった。アレックスも参加していた反体制デモを目の当たりにしてショックのあまり心臓発作を起こす。その8ヶ月後、意識を取り戻すが、ホーネッカー議長は辞任に追い込まれ、ベルリンの壁は崩壊していた。再度の発作は命取りとなる為、アレックスは姉の反対を押し切って母を嘘で塗り固めた自宅へと連れ帰った。アレックスらの涙ぐましい努力により東ドイツの健在を信じていた。しかし、ドイツ統一は西側主導で加速し、FIFAワールドカップイタリア大会では統一ドイツチームが見事優勝を成し遂げる(史実では優勝したのは「西ドイツ代表」である)。アレックスが寝ている間に外を出歩いて西側から流入した資本主義の洗礼を目の当たりにしてしまう。それでも尚、アレックスは巧妙に情報を改ざんして母を安心させる。しかし実は子供たちには内緒で夫と手紙で連絡を取り合っており、社会主義に対しては…
再度の発作により危篤状態となり、生き別れた夫との再会を望むが…
ララ - チュルパン・ハマートヴァ
ソ連からのロシア人交換留学看護学生。反体制デモでアレックスと知り合い、その後病院でクリスティアーネの担当看護婦となりアレックスと再会、アレックスの積極的なアプローチで晴れて恋人同士となる。母思いのアレックスに協力こそしているが、内心では事実の隠ぺいを快く思っておらず、アレックスとの関係も次第にギクシャクし始める。ひた隠しにしている事実はいずれ知られると感じたため、アレックスがいない間に現実に起こっている事実をクリスティアーネに告げる。
アリアネ・ケルナー - マリア・シモン
アレックスの姉。学生結婚の末離婚したシングルマザー。大学で経済学を学んでいたが、ベルリンの壁崩壊後に中退してバーガーキングに勤務するようになりライナーと知り合った。流入した西側文化を手放しで受け入れ、自由で快適な生活を謳歌する。母のため当初は渋々ながらアレックスに協力していたが、徐々に自分達の生活が脅かされていくため、苛立ちを隠せなくなっていく。仕事中に偶然にも父と再会してしまい、ストレスに悩ませられる。ライナーとの間に出来た二人目の子供を妊娠する。
デニス・ドマシュケ - フロリアン・ルーカス
アレックスの再就職した衛星放送サービス会社の同僚で西ドイツ出身の青年。「明日のキューブリック」を目指す映画マニアで、自主制作映画を作っている。親友となったアレックスを助けるために持っていた東ドイツのニュース番組の録画テープを基に偽のニュース映像を作成。自ら付け髭を生やしてアナウンサーとして登場している。
ライナー - アレクサンダー・ベイヤー
アリアネの新しい恋人。アリアネの就職したバーガーキングのマネージャーでインド文化オタク。少し間の抜けたところはあるが愛嬌のある青年。アレックスの無茶な試みに渋々協力させられる。トラバントの新車を購入する。
ローベルト・ケルナー - ブルクハルト・クラウスナー
アレックスの父で医師。愛人にそそのかされて西ドイツに亡命した、とアレックスは聞かされていたが、実は別の原因があっての行動であった。西ドイツで再婚しており、庭付きの豪邸で妻と2人の子供に囲まれて生活している。母が食器棚に隠していた手紙から居場所が判明し、アレックスとの再会を果たす。
ジークムント・イェーン - シュテファン・ヴァルツ
東ドイツ空軍軍人にして東西ドイツ両国で初の宇宙飛行士。宇宙飛行士に憬れていたアレックスは彼を尊敬している。ある日、タクシー運転手をしていたところをアレックスに気づかれて…
なお、イェーンは実在の人物だが、史実では東西ドイツ統一の前日まで東ドイツ空軍の将官として勤務しており(最終階級は少将)、退役後はドイツ航空宇宙センターのコンサルタントとなっている。日本公開時の字幕では「S・イェーン」と表記されており、DVD版の吹替えやノヴェライズ版では「ジクムント」と発音あるいは表記されている。

日本公開版の関係者[編集]

日本語吹替版の声優[編集]

関連人物・関連用語[編集]

表題「グッバイ、レーニン!」が指し示す人物。劇中ではベルリンの壁崩壊の象徴として解体され運ばれるレーニン像が登場する。
東ドイツの秘密警察。作中に登場し、母親クリスティアーネに対して嫌味な言動を執拗に行なう。
東ドイツの警察。アレックスが加わったデモ隊の排除を試みる。
東ドイツの軍隊。東ベルリン都心のカール・マルクス・アレーで建国40周年の軍事パレードが挙行され、アレックスが騒音と振動に頭を抱えてしまう。しかしその1か月後、ベルリンの壁が解放される。軍事パレードのシーンには実際の記録映像が使われている。
旧東ドイツで製作されていたパペット・アニメーション作品。夜更かしする子供に睡眠を促す少年の妖精の数々の冒険を描いた作品で、東西ドイツ統一後も命脈を保ち続けている数少ない旧東ドイツ産文化の一つであり、象徴的な存在。作中ではイェーンが宇宙飛行時に宇宙船内に人形を持ち込んでおり、またアレックスが西ドイツのローベルト邸で見て、ローベルトがアレックスに気づくきっかけとなった。
100東独逸マルク紙幣(肖像:カール・マルクス
東ドイツの通貨。劇中では東西統一後にドイツマルクへ交換されることになったが、母が大量の東ドイツマルクの隠し場所を病気のショックから忘れてしまい、母がやっと隠し場所を思い出した時にはすでに交換期限が2日過ぎた後で、紙幣はただの紙切れとなってしまった。
  • シュプレーヴァルト・グルケン
主人公の母の好物である旧東ドイツ産ピクルスの銘柄。シュプレーヴァルトとは、ブランデンブルク州南西部にある湿地帯の地名であり、原材料であるキュウリの産地である。
  • モカフィックス・ゴールド
旧東ドイツの代表的なコーヒー・ブランド。「シュプレーヴァルト・グルケン」のピクルス空き瓶同様、このコーヒーの銘柄のパッケージ探しをすることになる。
旧共産圏にて多く見られた子供の運営による鉄道。本作でも登場する。ハンガリーブダペストロシア各地(サハリン州ユジノサハリンスク等)では今でも存在し、観光名所の一つになっている。子供鉄道の一覧も参照の事。
インテル・コスモス計画記念切手
1973年7月13日に調印され、1977年3月25日に発効。正式名称は「平和目的のための宇宙空間の探査及び利用に関する協定」。旧ソビエトを中心に、締約国諸国(ブルガリアハンガリー、旧東ドイツ、キューバモンゴル人民共和国ポーランドルーマニア)により結ばれた共同宇宙開発プロジェクト。作中に登場したジークムント・イェーンは、東ドイツ代表の宇宙飛行士として選抜されて参加した[1]
トラバント
旧東ドイツ製の小型乗用車。作中ではアレックスがクリスティアーネと家族を連れて山小屋に行くのに使われている。
  • シュヴァルベ (SIMSON Schwalbe)
旧東ドイツ製のスクーター。作中ではアレックスが青いシュヴァルベを足代わりにしている。ネーミングは鳥のツバメの意味。いくつかのバリエーションがあるが、いずれもエンジン排気量は約50cc。
ドイツ語で「東」を意味する「オスト」と「郷愁」を意味する「ノスタルギー」を合わせた造語。東西ドイツ統一後に旧東地区出身者の「昔だってそんなに悪くなかった」との感傷から作られた概念。本作品自体がオスタルギーに満ちているとも言える。
ドイツ国内では、東西ドイツ統一そのものは肯定的に捉えられているが、統一を急ぎすぎたことにより生じた東西の経済格差や雇用格差などが社会問題となっている。本作品の「急激な西側文化の流入が心臓発作を引き起こす」という設定は、統一に対する社会的評価が投影されたものである[2]

入手可能なメディア[編集]

  • DVD『グッバイ、レーニン!』 映像特典として未公開シーンや監督のインタビューも収録されている。発売元はカルチュア・パブリッシャーズ、販売元は日本ソフトサービス。
  • Blu-ray 2014年1月10日発売 発売元GAGA、販売元東映、東映ビデオ
  • ノヴェライズ版『グッバイ、レーニン!』 入間眞・編訳:竹書房文庫より2004年2月21日初版発行。巻頭に関連年表が付く。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 計画の詳細
  2. ^ NHKドイツ語会話2004年放送回より。

外部リンク[編集]