オスタルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1983年型600ccトラバントP601L.東ドイツ産の自動車「トラバント」は「オスタルギー」の代表的アイコンである。

オスタルギードイツ語: Ostalgie)とは、東ドイツの存在した時代、および当時の事物への郷愁のことである。ドイツ語で「東」をあらわす「オスト(Ost)」と「郷愁」をあらわす「ノスタルジー(Nostalgie)」の合成語。

東西再統一[編集]

1989年ベルリンの壁が崩壊し、翌1990年にはドイツ連邦共和国(西ドイツ)ドイツ民主共和国(東ドイツ)の統合が実現した。

しかし、蓋を開けてみると、「新生ドイツ」の政権はドイツ連邦共和国の顔ぶれがそのままで、「統一まで制定せず」と「ドイツ基本法」にとどまっていた「ドイツ憲法」も制定されず「基本法」を格上げすることにとどまった。また、東ドイツの行政区画は5の連邦州に再編され、「基本法」を受け入れることになった。

そのため、ドイツ再統一は「対等統一」は名ばかりの「西による東の吸収合併」という事態になり、「統一のユーフォリア」から醒めると旧東独には厳しい現実が待ち構えていた。旧東独地域への政治的配慮として、実勢レートとはかけ離れた東西マルクの等価交換を行ったことが一面仇となり、旧東独地域の製造業は軒並み競争力を失うこととなった。「社会主義の優等生」といわれた東独経済も、GDP世界第三位の経済大国である西独の経済には太刀打ちできず、次々と国営企業倒産・閉鎖に追い込まれた。東独マルクの等価回収を皮切りに、旧東独地域のインフラ再整備や高率の失業への対処などのため国の財政支出が増大することに対して、旧西独市民の中には旧東独地域を厄介者扱いする向きも現れ、それが旧東独市民のプライドを傷つけることとなった。

「オッシー」と「ヴェッシー」[編集]

このような統一後の状況は旧東独国民と旧西独国民の間に見えない溝を作った。旧東独国民は「オッシー」と呼ばれ、旧西独国民は「ヴェッシー」と呼ばれた。「オッシーはヴェッシーに敗れた」という敗北感を東ドイツの消滅とその後の旧東独地域の経済低迷に感じざるを得なかった。

また、シュタージなど旧東独の負の側面も次第に判明することになり、オッシーは自分たちの時代や社会が否定されたという失望を感じるに至った。

その中で「旧東独時代も悪いことばかりではなかった」という郷愁の念がオッシーたちの間に生まれ、それが「オスタルギー」と呼ばれるに至った。

「オスタルギー」の実際[編集]

オスタルギー≒資本主義の否定として見る向きもあるが、これは誤りである。劇場映画グッバイ、レーニン!』の映画の紹介やレビューで使われた「昔だって悪くなかったじゃないか」という種のコピーがあるが、これは日本における「旧き佳き時代」と同じ意味合いのものであって、情緒的・郷愁的思いを込めたものであり、決して東ドイツ体制への回帰を望んでいるものではない。

共和国宮殿の取り壊し

オスタルギーの由来のひとつは統一後の短い時間に、政府が性急な「東独の西独化」を行ったことに対する反発である。共産主義時代を象徴するような建造物などを(資本主義体制における運用に支障があるかどうかを問わず)一気に、しかも旧西ドイツの規格品で置き換えたことによる。これは現在も続けられており、2004年には東側市民の6割が反対という状況の中、旧人民議会や少ない娯楽施設が入居していた共和国宮殿の取り壊しが決行された。

アンペルマン表示の信号機

道路標識が旧西ドイツ規格に統一されたのは止むを得ないことだが、色灯の種類が同じで、ドライバーのちょっとした心がけで併用できるはずの信号機まで、旧東ドイツ規格の物はすべて旧西ドイツ規格の物に交換するといった徹底振りだった。この時は東ドイツの歩行者用信号機に使用されていたアンペルマンのファンが『アンペルマンを救う会』を結成、断固とした抗議活動を行ったため、アンペルマンは全滅を免れた。その後、西ドイツ規格の信号機をベースにアンペルマン・アンペルフラウを使用した信号機も旧東ドイツ領域に姿を現した。

このアンペルマンの作者であったカールハインツ・ペグラウは、「誰も東独の政治体制を恋しいなどとは思わないが、政治家の連中を見ていると、東独のすべてを否定し敵視しているようで、われわれ東独人の尊厳を踏みにじっている」と発言している。旧西ドイツベースの現政府を批判しつつも、それは東ドイツ体制への回帰を意味するものではない。

また、アンペルマンや建造物を性急に撤去することには、旧東ドイツ市民のみならず、旧西ドイツ出身の識者からも「貴重な文化財の喪失」として反対意見が多い。「オスタルギスト=オッシー」とは限らないのも現状である。

関連項目[編集]

他の旧共産圏諸国[編集]

参考文献[編集]

  • 伸井太一 『ニセドイツ〈1〉 ≒東ドイツ製工業品』 社会評論社〈共産趣味インターナショナル VOL2〉、2009年ISBN 978-4784511129[1]
  • 伸井太一 『ニセドイツ〈2〉 ≒東ドイツ製生活用品』 社会評論社〈共産趣味インターナショナル VOL3〉、2009年ISBN 978-4784511136[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 書名の「ニセドイツ」とは「似せ(西)ドイツ」の意味であり、「贋ドイツ」・「偽ドイツ」の意味ではない。詳細は同書を参照のこと。

外部リンク[編集]