シュプレー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュプレー川
シュプレー川 2005年9月1日撮影
ベルリン市街
水系 エルベ川
延長 約400 km
平均流量 36 /s
流域面積 10,105 km²
水源 ラウジッツ山地
河口・合流先 ハーフェル川
流域 チェコドイツ
テンプレートを表示
流路

シュプレー川(Spree)は、ドイツ連邦共和国を流れるで、ハーフェル川の支流である。ザクセン州ブランデンブルク州ベルリンを流れる。全長は約400キロ[1]

流路[編集]

チェコとの国境に近いラウジッツ山地に源を発し北へ向かう。バウツェンコトブスといった都市を流れ、西へ転じベルリンに入り、ベルリン郊外のベルリン・シュパンダウでハーフェル川に合流する。フュルステンヴァルデの付近ではオーデル・シュプレー運河によってポーランド側の水系であるオーデル川と結ばれている。

地理[編集]

オーデル川は河岸が低いため、コトブスの辺りから分流し、湿地帯が多く見られる。この辺りでは農業も盛んである。ハーフェル川に合流する直前に位置するベルリンでは、市街地の中心を流れるため、市民の憩いの場となっている。

観光[編集]

ベルリンでは遊覧船がでており、観光客を楽しませている。また、シュプレー川沿いには様々な公共施設が置かれ、とりわけシュプレー川中州北側地区(ムゼウムスインゼル(博物館島))にあるベルリン国立博物館は、世界遺産に登録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 水源によって多少の誤差がある。