昭和モダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

昭和モダン(しょうわモダン)とは、昭和時代の初めの1930年代に花開いた、和洋折衷の近代市民文化のことである。現在では1920年大正9年)以後の文化(大正ロマン)をも含む。

歴史[編集]

関東大震災という大事件ののち昭和という時代が始まるが、その頃の世相は五・一五事件二・二六事件などが起こり、戦争の影が忍び寄る時代であった。

第一次世界大戦の後で[編集]

その一方で、1910年頃にヨーロッパで花開いたアール・ヌーボーアール・デコといった機能と美しさと兼ね備えた様式が日本にも浸透していった。フランスシャンソンアメリカ合衆国で流行ったジャズチャールストンカルロス・ガルデルが歌うアルゼンチンタンゴといった大衆音楽蓄音機の普及やラジオ放送の開始などで多くの人が聞くようになった。

またハリウッド映画の草創期であり、チャールズ・チャップリンバスター・キートンと言ったコメディアングレタ・ガルボマレーネ・ディートリッヒといった女優の出演する映画が映画館で娯楽として見られるようになった。チャップリンはこの時期に来日している。映画の技術革新が進み、サイレント映画からトーキー映画への移行が見られたのもこの時期である。

このように大衆文化が開花した時期にはクラシック音楽ではトスカニーニラフマニノフコルトーエンリコ・カルーソーティノ・ロッシなどの優れた音楽家、ピアニスト、歌手が活躍し、日本でも人気を博していった。山田耕筰はラフマニノフの来日を後年出迎えている。

国内の風俗[編集]

アメリカやフランスの新しい文化が流入、受容される中、日本でも西洋の影響を独自に消化した文化が醸成されていった。

大正時代に引き続き竹久夢二の美人画や高畠華宵の美少年・美少女の挿絵などが絶大な人気を得、北原白秋西條八十などの作詞による抒情詩が愛読・愛謡された。また『改造』、『キング』、『文藝春秋』などといった総合雑誌や、岩波文庫円本と呼ばれる廉価な書籍が刊行され、教養の大衆化が進んだ。

川端康成横光利一などの新感覚派文学や、吉川英治中里介山などの大衆文学が出現。雑誌『新青年』などでは江戸川乱歩夢野久作などの怪奇幻想趣味、あるいはエログロナンセンスと呼ばれる作風が一世を風靡し(この分野の開拓者は大正時代の谷崎潤一郎である)、また日夏耿之介が東西古今の怪奇・幻想作品の紹介を行った。

黄金バットフクちゃんのらくろ少年探偵団シリーズといった児童向けの娯楽作品が隆盛を極めたことも記憶に値する。

その他、映画では嵐寛寿郎大河内伝次郎阪東妻三郎といった時代劇スターが現れ、音楽では服部良一古賀政男中山晋平と言った作曲家や淡谷のり子藤山一郎東海林太郎ディック・ミネなどの歌手が活躍した。川畑文子ベティ稲田バッキー白片日系アメリカ人が本場仕込みのジャズやハワイアンを武器に活躍したのも、この時代の特徴である。

大劇場の建築ラッシュが起こり、都心部に東洋劇場日本劇場東京劇場宝塚大劇場東京宝塚劇場日比谷映画劇場が建設された。

新生活[編集]

また生活様式も大きく変わり、服装も女性は着物和服)に日本髪といったものから洋服を着、断髪し帽子をかぶるといったことが一部の勤め人の女性では一般に浸透しつつあったし、それにともない女性の社会進出も進み、「バスガール」と呼ばれたバスの女性車掌やウェイトレス(当時は女給と呼ばれた)など職業婦人が出現するようになった。最先端の洋装を着た女性は「モダン・ガール(モガ)」と呼ばれるようになった(男性版の「モダン・ボーイ(モボ)も存在した)。

市民の足として鉄道会社が開発する沿線の土地には住宅が建てられ、そこに暮らす人々がターミナル駅デパートで休日に買い物などに立ち寄るといった市民生活が一般的になったのも昭和初期からであった。この時期に開店した主なデパートとして、世界初のターミナル駅デパートである阪急百貨店を始め、三越百貨店大丸百貨店などが挙げられる。都心部では地下鉄の建設が始まった。日本における最初の地下鉄である「東京地下鉄道(現・銀座線)」は1927年昭和2年)に開通している。

洋行帰りの実業家らが洋食レストランを開き、都心で成功をおさめるようになったのもこの頃である。当時のカフェーは独身男性の利用が主であったが、いずれもモダンさが受け、人気が高かった。ライスカレーオムライスカツレツなど現在では定番となった洋食メニューが、好んで賞味された。またお子様ランチ森永ミルクキャラメル三ツ矢サイダーカルピスインスタントコーヒーネスカフェ)、サントリー角瓶など、現在でも愛食・愛飲される商品が数多く開発された時期でもある。

前述の鉄道沿線開発では阪急電鉄小林一三東武鉄道根津嘉一郎の近代田園都市建設は名高い。宝塚大劇場甲子園球場が開場したのはこの頃である(阪神間モダニズム)。

モダニズム建築アール・デコ様式が持てはやされ、旧山邑家住宅甲子園ホテル同潤会アパート聖路加国際病院(旧病院棟)、伊勢丹新宿店、旧朝香宮邸などが建設された。

昭和モダンの終わり[編集]

五・一五事件や二・二六事件以降の軍部の台頭と政党政治の終焉以降の1930年代後半頃には、日中戦争の激化と世界的な国際関係の緊張を受け国家総動員となり、これらの文化は「軟弱で贅沢」「反“新体制”的」として排斥され、昭和モダンは終わりを迎える。

昭和モダンを扱った作品[編集]

いずれも、太平洋戦争開戦前、及び食料配給制前、当時の明るい面での市民生活を偲ばせる内容となっている。

内地が舞台[編集]

外地(但し、都市)が舞台[編集]

参考資料[編集]

  • 『女学生手帖—大正・昭和乙女らいふ』内田静枝/弥生美術館・編 河出書房新社 2005年
  • 『女学校と女学生—教養・たしなみ・モダン文化』稲垣恭子・著 中央公論新社 2007年
  • 『教科書には載っていない! 戦前の日本』武田知弘・著 彩図社 2008年

関連項目[編集]