マルク (通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルク (Mark) は、ドイツなどの通貨。ただし、ドイツではユーロ導入により廃止されている。漢字では馬克

ドイツ語で刻印を意味するMark(英語ではマーク mark)から。本来は質量を量る単位で、ドイツに限らず広く西欧で使われていた。

国によってはマーク (mark)、マルカ (marka)、マルッカ (markka) など別の呼びかたをするが、ドイツ語のマルクが有名なため、それらもマルクと呼ばれることがある。

各国・各時代のマルク[編集]

ドイツ[編集]

その他[編集]

質量の単位[編集]

中世・近世の西欧では、金・銀の質量の単位としてマルク(マークとも)が使われた。その量は一定しないが、おおよそ8トロイオンス(249グラム)だった。

その後、ドイツでは1/2ポンド(6トロイオンス)とされた。

現在も、北欧諸国などで使われることがある。その量は以下のとおり。