トロイオンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロイオンス (troy ounce)
1ozの金
1ozの金
記号 oz tr, toz
ヤード・ポンド法(トロイ衡)
質量
SI 正確に 31.103 4768 g、日本の計量法では、正確に 31.1035g
定義 480グレーン
テンプレートを表示

トロイオンス(troy ounce)は、貴金属宝石の原石の計量に用いられるヤード・ポンド法質量単位であり、1トロイオンス = 正確に 31.103 4768グラムである。金衡オンス(きんこうオンス)ともいう。日本では、特殊の計量である「金貨質量の計量」にのみ限定して使用できる単位であり、その定義値も僅かに異なる(後述)。

定義[編集]

トロイオンスは、480グレーンに等しく、常用オンス(437.5グレーン)よりも少しだけ重い。

1958年に米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの6カ国の国際協定が締結され、アメリカでは1959年7月1日に発効した定義では、1グレーンが正確に64.798 91ミリグラムと定められた[2]ので、現在では、1トロイオンスは正確に31.103 4768グラムとなる。常用オンスが正確に 28.349 523 125グラムであるので、約9.7%重いことになる。トロイオンスは、貴金属)の価格設定において用いられるが、日本国内ではグラムキログラムも用いられる。

日本の計量法では、「金貨の質量の計量」に限定してトロイオンスの使用が認められている。ただし、計量法体系では上記の国際定義値の桁数を6桁に丸めて、31.1035グラムと定義している[1]

トロイオンスはヤード・ポンド法トロイ衡(Troy System of Units)(トロイこう、金衡(きんこう)ともいう)という単位系単位の一つであるが、トロイ衡の単位は現在ではトロイオンスしか使われていない。トロイ衡に対して通常使われるオンスポンドなどは常衡(Avoirdupois System)という。トロイ衡は、ウィリアム1世によるイングランド征服の時代にまで遡る。その名前は、中世において重要な商都であったフランス・シャンパーニュ地方の町トロワ(Troyes)に由来する。

トロイポンド[編集]

トロイポンド(金衡ポンド)は12トロイオンスに等しく、5760グレーンに等しい。よって、正確に 373.241 7216グラムとなる。

常衡では1ポンドは16オンス、7000グレーンに等しく、正確に 453.592 37グラムである。

かつては、1トロイポンドのをそのまま通貨として使用していた。これが通貨単位としてのポンドの由来である。トロイポンドの240分の1をペニーウェイト(pennyweight)と呼んでいたことから、通貨のポンドの240分の1がペニー(penny、複数形はペンス(pence))という単位となった。1971年に、1ポンド=100ペンスに改められた。

換算[編集]

いずれも、英米などの6カ国による1958年の国際協定の定義に基づく正確な換算数値である。日本の計量法による定義(1トロイオンス=正確に31.1035 g)とは異なることに注意。

単位 グレーン グラム
ポンド(12オンス) 5760 373.241 7216
オンス(20ペニーウェイト) 480 31.103 4768
ペニーウェイト 24 1.555 173 84
グレーン 1 0.064 798 91

参照[編集]

  1. ^ 計量単位令 別表第6 項番5[1]

関連項目[編集]