大正ロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大正ロマン(たいしょうロマン)は、大正時代の雰囲気を伝える思潮や文化事象を指して呼ぶ言葉である。しばしば大正浪漫とも表記されるが、「浪漫」という当て字夏目漱石によって付けられたとされる。

19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動である「ロマン主義」の影響を受け、大正時代の個人の解放や新しい時代への理想に満ちた風潮にかぶせて、このように呼ばれるようになった。

時代の背景[編集]

寿屋(現サントリー)・赤玉ポートワインの広告。日本初のヌード広告である。1922年(大正11年)

大正時代は、明治昭和に挟まれ、15年と短いながらも、国内外が激動の時代であった。日本では2度の戦勝(日清日露)を経て帝国主義の国として欧米列強と肩を並べ、勢いを得て第一次世界大戦にも参戦、勝利の側につき国中が国威の発揚に沸いた時代である。西欧先進国の産業革命からの影響を受けて明治の45年間をかけて国内での工業化も進み、鉄道網の形成や汽船による水運が発達、流通や商業が飛躍的に発展した。これと並行して徐々に町や都市の基盤が形作られ、さらに大正に入ってからは近郊鉄道の敷設、道路網の拡大や自動車・乗り合いバスなどの都市内交通手段の発展により都市化が促進された。録音活動写真の出現、電報電話技術の発達、そして新しい印刷技法による大衆向け新聞書籍雑誌の普及など、これらの新しいメディアによって文化・情報の伝播も拡大的に飛躍した。

経済的には商人の立場が、明治時代の経済の自由化とともに向上した。欧米から学んだ会社制度が発達し、制度上は個人商店であった私企業が発展、世界に向けて大規模化していく。また投機の成功で「成金」と呼ばれるような個人も現れ、立身出世の野望が実業の方面に向かっても開かれた。中流層には「大正デモクラシー民本主義)」が台頭し、一般民衆と女性の地位向上に目が向けられ、西洋文化の影響を受けた新しい文芸・絵画・音楽・演劇などの芸術が流布して、思想的にも自由と開放・躍動の気分が横溢し、都市を中心とする大衆文化が花開いた。いっぽう、多くの農村村落はまだまだ近代化に取り残されており、大正に至っても、明治初期と変わらない封建的な文化が残っていた。

しかし、時代の後半に入ると大戦後の恐慌関東大震災もあり、経済の激しい浮き沈みや新時代への急激な変化に対応できないストレスも顕在化してくる。都市化と工業化は膨大な労働者階級を生み出し、国外の社会変革を求める政治運動に呼応した社会主義運動が大きなうねりとなって支配層を脅かした。また恵まれた階層においても未だ克服されなかった肺結核などの病による著名人の死も時代に暗い影を落とした。知識人においては個人主義理想主義が強く意識され、新時代への飛躍に心躍らせながらも、同時に社会不安に通底するアンビバレントな葛藤や心理的摩擦もあった。昭和の時代にかけて、自由恋愛の流行による心中・自殺や、作家や芸術家の間に薬物や自傷による自殺が流行するのも、この頃からである。

大衆紙の流布とともにそれらの情報が増幅して伝えられ、時代の不安の上にある種の退廃的かつ虚無的な気分も醸し出された。むしろこれらの事々のほうが「大正浪漫」に叙情性や負の彩りを添えて、人々をさらに蠱惑する側面もある。この背景には、19世紀後半にヨーロッパで興った文芸における耽美主義や同時代のダダイズム、あるいは政治思想であるアナキズムなどの影響もあろう。芸術作品にはアール・ヌーボーアール・デコ表現主義など世紀末芸術から影響を受けたものも多い。

大正ロマン」は、新しい時代の萌芽を示す意味合いから、モダニズム近代化)から派生した「大正モダン」という言葉と同列に扱われることもある。「大正モダン」と「大正ロマン」は同時代の表と裏を表象する対立の概念であろう。在位の短かった天皇崩御により、震災復興などによる経済の閉塞感とともにこの時代は終わり、世界的大恐慌で始まる昭和の時代に移るが、大正モダンの流れは断絶することなく昭和モダンの時代へと引き継がれる。

歴史的事件と「大正ロマン」を象徴する文化事象[編集]

鳩山会館。当時立憲政友会所属の代議士・鳩山一郎の私邸。1924年(大正13年)
1911年(明治44年):普通選挙法衆議院可決、中国辛亥革命
帝国劇場」完成、文芸誌「青鞜」創刊、西田幾多郎善の研究」発表、この頃「第三次大谷探検隊」派遣
1912年(明治45年/大正元年):オリンピック日本初参加(第5回ストックホルム大会)、「タイタニック号」遭難
活動写真(映画)会社「日活」設立、「吉本興業」設立、美術団体「光風会」結成、京都市電開通、JTB(日本交通公社)創立、東海道・山陽線に展望車つき特急、大阪「通天閣」開業、有楽町にタクシー
1913年(大正2年):第一次護憲運動
劇団「藝術座」結成・歌謡「カチューシャの唄」大流行、中里介山大菩薩峠」連載開始、映画「里見八犬伝」「忠臣蔵」など公開、「宝塚観光花火大会」開催、三越呉服店「国産化粧品展示販売会」
1914年(大正3年):第一次世界大戦勃発、日本対独宣戦布告
東京駅」開業、「宝塚少女歌劇」初演、「女性パーマ」流行、「森永ミルクキャラメル」発売、美術団体「二科会」発足、初のカラー長編映画「義経千本桜」公開、「東京ゴルフ倶楽部」創立、上野「大正博覧会」にてブラジル珈琲の宣伝/日本初のエスカレーター
1915年(大正4年):日本対中「21か条の要求
第1回「全国中等学校優勝野球大会」(現在の全国高等学校野球選手権大会)開催、「東京漫画会」(後の日本漫画会)設立、大阪「天王寺動物園」開園、「東京ステーションホテル」開業
1916年(大正5年):
婦人公論」創刊、歌謡「ゴンドラの唄」大流行、国産蓄音機製造開始、葉山「日陰茶屋事件」、日本初のアニメ「サルとカニの合戦」公開(日活)、「東京自動車学校」開校
1917年(大正6年):ロシア革命 勃発、アインシュタイン相対論的宇宙論」発表
雑誌「思潮」・「主婦の友」創刊、「浅草オペラ」時代はじまる、各地の展覧会で裸体画の摘発、「中島飛行機」設立
1918年(大正7年):米騒動シベリア出兵第一次世界大戦終結、大学令公布、スペイン風邪の世界的流行
児童雑誌「[{赤い鳥]]」創刊、歌謡「宵待草」大流行、島村抱月病死(スペイン風邪)、第1回全国蹴球大会、「大学令」交付
1919年(大正8年):パリ講和会議関東軍設置、選挙法改正 、ムッソリーニファシスト党結成
松井須磨子後追い自殺、「民本主義」創刊、「カルピス」発売開始、「帝国美術院」が発足し「帝国美術院展覧会(現在の日展)」開催、「キネマ旬報」創刊、「道路法」(道路・街路構造令、自動車取締令)発令、「市街地建築法」「都市計画法」公布
1920年(大正9年):国際連盟成立(大日本帝国常任理事国で参加)、ヴェルサイユ条約、株価が大暴落し戦後恐慌
新婦人協会」結成、雑誌「新青年」創刊、日本最初のメーデー、「日本社会主義同盟」結成、活動写真会社「松竹」「帝国キネマ」設立、両国「新国技館」落成、東京市街自動車に女性車掌(バスガール)が登場、慶應義塾早稲田中央明治法政などに私立大学設立許可、「松竹蒲田撮影所」設立、第1回「国勢調査
1921年(大正10年):原敬暗殺事件ワシントン会議(米英仏日四カ国条約成立)、アドルフ・ヒトラーナチス党首に、中国共産党創立大会
表現主義映画「カリガリ博士」公開、「借地法借家法」「メートル法」公布、「大日本蹴球協会」(現・日本サッカー協会)創立、「足尾銅山争議」、「白蓮事件
1922年(大正11年):ソビエト連邦成立、日本共産党結成、アインシュタイン博士来日
上野にて「平和記念東京博覧会」、「週刊朝日」「サンデー毎日」創刊、「小学五年生・六年生」(小学館)創刊、「江崎グリコ」創業、「資生堂」が美容講習会、婦人断髪スタイルが流行、全国水平社創立
1923年(大正12年):関東大震災甘粕事件
文藝春秋」創刊、大佛次郎鞍馬天狗」連載開始、4コマ漫画正チャンの冒険」(日本で初めて吹き出しを用いた漫画)、「新橋演舞場」完成、「帝国ホテル」(旧館)落成、「丸ビル」完成、「マキノ映画製作所」創立、壽屋ウイスキー工場設立、「アサヒグラフ」創刊、歌謡「船頭小唄」大流行
1924年(大正13年):第二次護憲運動、皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)成婚
「大阪毎日新聞」「大阪朝日新聞」それぞれ発行100万部突破と発表、「築地小劇場」創設、「阪神電車甲子園大運動場(現在の阪神甲子園球場)」完成、「明治神宮外苑競技場」完成、「メートル法」施行、
1925年(大正14年):治安維持法公布、普通選挙法公布
大衆娯楽雑誌「キング」(講談社)創刊、ラジオ放送開始、「東京六大学野球連盟」発足、「大日本相撲協会」設立、「山手線」環状運転開始、地下鉄上野~浅草間着工(昭和2年開通)
1926年(大正15年/昭和元年):「労働農民党」結成、治安維持法初適用、大正天皇崩御
改造社「現代日本文学全集」刊行~「円本」ブーム、「宝塚ホテル」開業、「日本放送協会」設立、「新交響楽団(後のN響)」設立、「アサヒカメラ」創刊、新宿高野フルーツパーラー営業開始、豊田自動織機製作所設立
大正末期から昭和にかけて:中国政情不安
モボモガ」の大流行、漫才の登場(横山エンタツ花菱アチャコ寄席の舞台に初めて洋服で登場…以降、日本男子庶民の洋服スタイルが一般的に普及)

「大正ロマン」を象徴する文化人[編集]

黒船屋。大正時代の流行画家、竹久夢二の作品。 1919年(大正8年)

年代が短いこともあり、大正時代に限ってのみ活躍した人物というものを挙げるのは難しいが、以下のような明治から昭和への過渡の時代に生きた人物の名が挙げられ、この時代を彩る数々の芸術作品や新思潮が生み出された。

竹久夢二高畠華宵西條八十野口雨情北原白秋中山晋平山田耕筰島村抱月松井須磨子小山内薫倉田百三久保田万太郎室生犀星萩原朔太郎芥川龍之介武者小路実篤志賀直哉有島武郎菊池寛直木三十五谷崎潤一郎中里介山阿部次郎吉野作造長谷川如是閑宮武外骨大杉栄伊藤野枝平塚らいてう等…

  • 特に「竹久夢二」に限っていえば、彼の場合、実質的に活躍した年代が大正期と重なり、その思索や行動、そして作品において時代の浮き沈みと一体化しており、この時代とともに生きた人物であり、「大正ロマン」を代表する名として、しばしば掲げられる。
  • また、「大正ロマン」は大衆性や庶民的な部分で捉えられる傾向が強く、「白樺派」に属する人々らについては直接的に関連付けられることは少ないが、その自由性や耽美性、明治以降のロマンティシズムにおいて大いにその牽引力となったと思われる。
  • 中里介山」においては、1913年(大正2年)より大長編小説『大菩薩峠』の新聞への連載を始め、昭和に至るまで脈々と書き続けられ、未完のままに終わるが、大衆娯楽小説の出発点ともされており、大佛次郎の『鞍馬天狗(1923年(大正12年) - )』や林不忘の『丹下左膳(1927年(昭和2年) - )』などの作品連載発表に先んじて、大衆文化(サブ・カルチュア)の創生に大きく影響を及ぼした。
  • 1913年(大正2年)、劇団「藝術座」を旗揚げした島村抱月松井須磨子の、数年後の病死~後追い自殺(1918年(大正7年) - 1919年(大正8年))に至る関係においては、劇団や演目への好評が大きいだけに政治的圧力や短い期間での破綻が大衆の好奇を刺激し、須磨子の歌った「命短し恋せよ乙女 (ゴンドラの唄)」に乗せて、後の芸能人への憧れや自由恋愛の風潮を育む元となった。
  • 1916年(大正5年)の「日蔭茶屋事件」から同12年の「甘粕事件」に至る間の、思想家・大杉栄と女性開放活動家・伊藤野枝を取り巻く動きについては逐一新聞などで報道され、有名人のスキャンダルとして大衆の好奇の材料ともなったが、一方で時代の不安な空気の中で、自由の行く末に暗い展望を投げかける契機ともなった。
  • 川端画学校」は1909年(明治42年)に東京小石川に設立された私立の画塾ではあるが、1913年(大正2年)に創設者の川端玉章が逝去したのちも、芸術や都会の文化に憧れる若者を各地から集めて、太平洋戦争大東亜戦争)さなかの廃校に至るまで、画家のみならず多くの才能を輩出した。

関連項目[編集]

カテゴリ「大正時代の事件」に主要事件へのリンクあり)

「大正ロマン」を色濃く表現する後世の作品[編集]

小説 など[編集]

映画・TVドラマ など[編集]

漫画・アニメ など[編集]

コンピュータ・ゲーム など[編集]

出典・参考資料[編集]

外部リンク[編集]