西田幾多郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西田 幾多郎
1943年2月撮影
生誕 1870年6月17日
日本の旗 日本石川県宇ノ気町
死没 1945年6月7日(満74歳没)
日本の旗 日本神奈川県鎌倉市
時代 20世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 京都学派
西田哲学
研究分野 倫理学
形而上学存在論認識論
主な概念 場所的論理
絶対無
絶対矛盾的自己同一
テンプレートを表示
哲学の道(春)
哲学の道にある歌碑

西田 幾多郎(にしだ きたろう、1870年5月19日明治3年4月19日) - 1945年昭和20年)6月7日)は、日本を代表する哲学者京都大学教授名誉教授京都学派の創始者。学位は文学博士京都大学1913年)。

同郷の鈴木大拙(本名:貞太郎)、山本良吉藤岡作太郎とは石川県専門学校(第四高等中学校の前身、のちの第四高等学校)以来の友人であり、西田、鈴木、藤岡の三人は加賀の三太郎と称された。

経歴[編集]

石川県宇ノ気町森(現在かほく市森)に、西田得登(やすのり)、寅三(とさ)の長男として生まれる。江戸時代西田家は、十村(大庄屋)を務めた豪家だった。若い時は、肉親(姉・弟・娘2人・長男)の死、学歴での差別(東京大学における選科〔聴講生に近い立場〕への待遇)、父の事業失敗で破産となり、妻との一度目の離縁など、多くの苦難を味わった。そのため、大学卒業後は故郷に戻り中学の教師となり、同時に思索に耽った。その頃の思索が結晶となり、『善の研究』(弘道館、1911年1月)に結実、旧制高等学校の生徒らには代表的な必読書となった。

哲学への関心が芽生えたのは石川県専門学校に学んだときのことである。ここで古今東西の書籍に加え、外国語から漢籍までを学んだ。金沢出身の数学の教師であり、のちに四高校長などを歴任した北条時敬は、彼の才能を見込んで数学者になるよう強く勧めた。また、自由民権運動に共感し、「極めて進歩的な思想を抱いた」という。だが、薩長藩閥政府は自由民権運動を弾圧、中央集権化を推し進める。そして彼の学んでいる学校は、国立の「第四高等中学校」と名称が変わり、薩摩出身の学校長、教師が送り込まれた。規則ずくめとなった校風に反抗し学校を退学させられるが、学問の道は決して諦めなかった。翌年、東京帝国大学(現在の東京大学)選科に入学し、本格的に哲学を学ぶ。故郷に戻り、教職を得るが、学校内での内紛で失職するなど、在職校を点々とする。

自身は苦難に遭ったときは海に出かけることで心を静めたという。世俗的な苦悩からの脱出求めていた彼は、高校の同級生である鈴木大拙の影響で、禅を打ち込むようになる。20代後半の時から十数年間徹底的に修学・修行した。この時期よく円相図(丸)を好んで描いていたという。その後は、哲学以外にも、物理・生物・文学など、幅広い分野で、学問の神髄を掴み取ろうとした。京都帝国大学教授時代は、18年間、教鞭をとり、三木清西谷啓治など多くの哲学者を育て上げている。

戦時中の晩年、国策研究会において佐藤賢了と出会い、佐藤から東条英機大東亜共栄圏の新政策を発表する演説への助力を依頼される。「佐藤の要領理解の参考に供するため」として、共栄圏についてのビジョンを著述し、『世界新秩序の原理』と題された論文を書き、東条に取り入れられることを期待したが、内容があまりにも難解だった事や、仲介をした人物と軍部との意思疎通が不十分だったため、東条の目には触れず、施政方針演説には、原稿での意向は反映されなかった。後に和辻哲郎宛の手紙の中で、「東条の演説には失望した。あれでは私の理念が少しも理解されていない」と嘆いていたという。

鎌倉にて、尿毒症により急逝。法名は曠然院明道寸心居士。その際鈴木大拙は、遺骸を前に座り込んで号泣したという。

西田幾多郎が散策した琵琶湖疏水沿いの道は「哲学の道」と呼ばれ、日本の道百選にも選ばれている。

年表[編集]

  • 1884年 石川県師範学校予備科卒業
  • 1888年 第四高等中学校予科修了
  • 1890年 第四高等中学校中途退学
  • 1894年 東京帝国大学文科大学哲学科選科修了
  • 1895年 石川県能登尋常中学校七尾分校教諭(4月)、得田寿美と結婚(5月) 
  • 1896年 第四高等学校講師
  • 1897年 この頃から参禅への関心が高まり、雪門、滴水、広州、虎関の諸禅師に就く
  • 1899年 山口高等学校(旧旧山高)教授(3月)、第四高等学校教授(7月。心理、論理、倫理、ドイツ語を担当)、臥龍山雪門老師に参禅
  • 1900年 同僚の三竹、杉森とともに三々塾を作り、学生指導に当たる
  • 1901年 雪門老師から寸心居士の号を受ける
  • 1903年 京都大徳寺孤蓬庵広州老師に参じ、無字の公案透過
  • 1905年 富山県国泰寺で瑞雲老師に参じる
  • 1909年 学習院教授(7月)、日本大学講師(10月)
  • 1910年 豊山大学(現・大正大学)講師(4月)、京都帝国大学文科大学助教授(8月・倫理学)
  • 1911年 真宗大谷大学(現・大谷大学)講師
  • 1912年 京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)講師
  • 1913年 京都帝国大学文科大学教授(8月。宗教学)、文学博士(12月)
  • 1914年 宗教学講座担当を免じ、哲学、哲学史第一講座担任を命じられる
  • 1925年 妻寿美死去(1月)
  • 1927年 帝国学士院会員
  • 1928年 京都帝国大学停年退職
  • 1929年 京都帝国大学名誉教授
  • 1931年 山田琴と再婚(12月)
  • 1933年 慶應義塾大学文学部講師。
  • 1940年 文化勲章受章。興亜工業大学(現・千葉工業大学)の設立に参画

思想[編集]

彼の哲学体系は西田哲学と呼ばれたが、このように体系にその名が付けられるのは日本の近代以降の哲学者の中では唯一と言って過言ではない。

郷里に近い国泰寺での参禅経験(居士号は寸心)と近代哲学を基礎に、仏教思想西洋哲学をより根本的な地点から融合させようとした。その思索は禅仏教の「無の境地」を哲学論理化した純粋経験論から、その純粋経験を自覚する事によって自己発展していく自覚論、そして、その自覚など、意識の存在する場としての場の論理論、最終的にその場が宗教的・道徳的に統合される絶対矛盾的自己同一論へと展開していった。一方で、一見するだけでは年代的に思想が展開されているように見えながら、西田は最初期から最晩年まで同じ地点を様々な角度で眺めていた、と解釈する見方もあり、現在では研究者(特に禅関係)の間でかなり広く受け入れられている。

最晩年に示された「絶対矛盾的自己同一」は、哲学用語と言うより宗教用語のように崇められたり、逆に厳しく批判されたりした。その要旨は「過去と未来とが現在において互いに否定しあいながらも結びついて、現在から現在へと働いていく」、あるいは、鈴木大拙の「即非の論理」(「Aは非Aであり、それによってまさにAである」という金剛経に通底する思想)を西洋哲学の中で捉え直した「場所的論理」(「自己は自己を否定するところにおいて真の自己である」)とも言われている。そこには、行動と思想とが言語道断で不可分だった西田哲学の真髄が現れている。 論文『場所的論理と宗教的世界観』で西田は「宗教は心霊上の事実である。哲学者が自己の体系の上から宗教を捏造すべきではない。哲学者はこの心霊上の事実を説明せなければならない。」と記している。

西田は思想輸入的・文献学的なアプローチを取らず、先人らの思考法だけを学び独自に思想を展開させたがゆえに、彼の著作は一見すると独創的で難解である。しかし、の実践から抽出された独自の学風は文献学者、「哲学学者」への痛烈なアンチテーゼでもありえよう。一方、田辺元高橋里美などから西田哲学はあまりにも宗教的であり、実践的でないという批判がなされた。

家族[編集]

  • 上田彌生 歌人、長女。上田操(裁判官)に嫁ぐ。
  • 西田静子 エッセイスト。彌生の妹。
  • 上田薫 彌生の長男、初孫。教育哲学者。
  • 上田久 彌生の次男。祖父を回想。
  • 上田滋 彌生の三男。
  • 上田正 彌生の四男。
  • 金子武蔵 東大教授(倫理学)。六女、梅子の夫。
  • 西田外彦 甲南高等学校(旧制)教授。次男。
  • 西田幾久彦 財団法人日本ゴルフ協会理事、元東京銀行常務、外彦の長男、正仁親王妃華子の義兄。

西田幾多郎を取り上げたTV番組[編集]

タイトル 放送日
佐伯啓思×西部邁 二人の思想家が語る! 「無」の思想【その1】 2014年1月11日
佐伯啓思×西部邁 二人の思想家が語る! 西田幾多郎の苦難の人生による「悲しみの哲学」と「無の思想」【その2】 2014年1月18日

著作・主な論考[編集]

新版 『西田幾多郎全集 〈全24巻〉』 岩波書店2002年2009年に刊行完結。
編集委員は小坂国継、竹田篤司、藤田正勝クラウス・リーゼンフーバー
旧版 『西田幾多郎全集』(全19巻)は、1947—1953年、1965—1966年、1980年、1989年に刊行。
1965—1966年版の編集委員は安倍能成天野貞祐和辻哲郎山内得立務台理作高坂正顕下村寅太郎
  • 1巻 善の研究・思索と体験
  • 2巻 自覚に於ける直観と反省
  • 3巻 意識の問題・芸術と道徳
  • 4巻 働くものから見るものへ
  • 5巻 一般者の自覚的体系
  • 6巻 無の自覚的限定
  • 7巻 哲学の根本問題(行為の世界)・哲学の根本問題:続編(弁証法的世界)
  • 8巻 哲学論文集I:哲学体系への企図・哲学論文集II
  • 9巻 哲学論文集III
  • 10巻 哲学論文集IV・哲学論文集V
  • 11巻 哲学論文集VI・哲学論文集VII
  • 12巻 続思索と体験・「続思索と体験」以後・日本文化の問題
  • 13巻 小篇・ノート
  • 14巻 講演筆記
  • 15巻 講義(哲学概論・宗教学)
  • 16巻 英国倫理学史・心理学講義・倫理学草案・純粋経験に関する断章・我尊会有翼文稿・不成会有翼草稿・Spinoza's Conception of God
  • 17巻 日記
  • 18巻 書簡集I
  • 19巻 書簡集II
善の研究』 岩波文庫、下村寅太郎解説・近年再改版、ワイド版でも刊。
「西田幾多郎哲学論集」〈Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、上田閑照編、岩波文庫〉、下記を所収、1987-89年。
※同文庫では他に「思索と体験」(正・続)、「西田幾多郎随筆集」、「西田幾多郎歌集」がある。

Ⅰは以下8編

  • 場所
  • 私と汝
  • 種々の世界
  • 働くものから見るものへ
  • 直接に与えられるもの
  • 左右田博士に答う
  • 叡智的世界
  • 無の自覚的限定 

Ⅱは以下5編

  • 論理と生命  
  • 行為的直観
  • 人間的存在
  • 弁証法的一般者としての世界
  • 行為的自己の立場

Ⅲは以下5編

  • 自覚について  
  • 絶対矛盾的自己同一
  • 歴史的形成作用としての芸術的創作
  • デカルト哲学について
  • 場所的論理と宗教的世界観
『西田哲学選集』<全7巻別巻2>、燈影舎1998年上田閑照監修、大橋良介野家啓一編。
 別巻1は伝記、2は研究、燈影舎では「西田幾多郎哲学講演集」と「寸心日記」が刊。
  • 1巻 西田幾多郎による西田哲学入門
  • 2巻 「科学哲学」論文集
  • 3巻 「宗教哲学」論文集
  • 4巻 「現象学」論文集
  • 5巻 「歴史哲学」論文集
  • 6巻 「芸術哲学」論文集
  • 7巻 日記・書簡・講演集
『西田幾多郎論文選』、書肆心水
  • 「西田幾多郎キーワード論集」 <エッセンシャル・ニシダ  即の巻> 2007年
  • 「西田幾多郎生命論集」 <エッセンシャル・ニシダ  命の巻> 2007年
  • 「西田幾多郎日本論集」 <エッセンシャル・ニシダ 国の巻> 2007年
  • 「種々の哲学に対する私の立場 西田幾多郎論文選」 2008年
  • 「実践哲学について 西田幾多郎論文選」 2008年
  • 「真善美 西田幾多郎論文選」 2009年
  • 「意識と意志 西田幾多郎論文選」 2012年
  • 「師弟問答 西田哲学」 三木清共著 2007年
  • 「西田幾多郎の声 前・後篇 手紙と日記が語るその人生」 2011年。

参考文献[編集]

  • 上田閑照集』全11巻、『西田幾多郎とは誰か』 各岩波書店
※哲学研究の他に、西田の伝記も含む。ほか数冊刊行。
  • 上田久『祖父西田幾多郎』南窓社,1978.11.
※生い立ち~明治43年の「善の研究」成立まで。
  • 上田久『続 祖父西田幾多郎』南窓社,1983. 1.
※以後昭和20年に没するまで
  • 竹田篤司『西田幾多郎』中央公論社,1979. 3.
  • 上杉知行『西田幾多郎の生涯』燈影舎,1988. 4.
  • 遊佐道子『伝記 西田幾多郎』
上田閑照監修,大橋良介・野家啓一編『西田哲学選集』別巻一. 燈影舎,1998. 9
  • 西田静子・上田弥生『わが父西田幾多郎』弘文堂書房,1948. 3.
※西田静子「父」,上田弥生「あの頃の父」を収録。
  • 西田静子編『父西田幾多郎の歌』明善書房,1948.10.
  • Cheung Ching-yuen 『Experience, other, body and life : on Nishida Kitaro's phenomenological philosophy(経験・他者・身体・生命 : 西田幾多郎の現象学的哲学をめぐって) ,2007 [1]
  • 長迫英倫 『「制作」における世界とのつながり : 西田幾多郎と伊藤仁斎の比較から見えてくる世界観』 2007[2]
  • 淺見洋 『西田幾多郎とキリスト教の対話 』2000 [3]
  • 今滝憲雄 『矢内原忠雄における信仰と実践をめぐる問題 : : 西田幾多郎の「宗教論」を介して』2000 [4]
  • 石崎恵子 『西田幾多郎における「創造」』2012[5]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本語

英語