国泰寺 (高岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国泰寺
禅堂
禅堂
所在地 富山県高岡市太田184
位置 北緯36度48分39秒 東経137度00分39秒 / 北緯36.810787度 東経137.010735度 / 36.810787; 137.010735座標: 北緯36度48分39秒 東経137度00分39秒 / 北緯36.810787度 東経137.010735度 / 36.810787; 137.010735
山号 摩頂山
宗旨 臨済宗
宗派 国泰寺派
寺格 本山
本尊 釈迦如来
創建年 1296年永仁2年)
開基 慈雲妙意
正式名 護国摩頂巨山 国泰仁王万年禅寺
札所等 北陸三十三観音霊場 第24番
越中観音霊場 第3番
文化財 前田利家安堵状(高岡市指定文化財)
テンプレートを表示

国泰寺(こくたいじ)は、富山県高岡市にある禅寺臨済宗国泰寺派の本山。山号は摩頂山。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

この寺は、1296年永仁2年)慈雲妙意が二上山に立てた草庵に始まるとされる。その後、妙意は草庵を訪れた孤峰覚明の勧めを受け、覚明の師で普化宗の祖心地覚心に師事した。1299年正安元年)二上山に戻り草庵を寺として摩頂山東松寺と号した。

1328年嘉暦3年)後醍醐天皇から護国摩頂巨山国泰仁王万年禅寺の号が下賜されたと伝える。戦国時代には、二上山に築かれた守山城をめぐる兵火により焼失したが、神保氏の支援により復興された。

戦国時代末期の1585年天正13年)閏8月に前田利家の命で方丈が没収され守山城の書院に転用された。江戸時代に入ると5代将軍徳川綱吉はこの寺を法燈派の本山に指定したという。

明治初年には普化宗の解体などにより衰退して臨済宗相国寺派に統合されたが、1905年明治38年)に臨済宗国泰寺派として独立した。

近年は、哲学者鈴木大拙西田幾太郎らがの修行をしている。

文化財[編集]

  • 前田利家安堵状(高岡市指定文化財。天正13年閏8月に発給。方丈を守山城の書院に転用するために没収を命じたうえ、境内の小寺・山林を安堵した内容。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]