藤岡作太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤岡 作太郎(ふじおか さくたろう、明治3年7月19日1870年8月15日) - 明治43年(1910年2月3日)は、日本国文学者

人物[編集]

加賀国金沢(現・石川県金沢市)生まれ。号は東圃・李花亭・枇杷園。1890年第四高等中学校を卒業。ここでの同窓生に西田幾多郎鈴木大拙がおり、藤岡とあわせて「加賀の三太郎」と称される。東京帝国大学国文科卒業、第三高等学校教授ののち、1900年東京帝国大学助教授となり、芳賀矢一の洋行の後の担当となる。日本文学史を全体にわたって講義し、『国文学全史』の執筆にかかるが、平安朝篇のみ完成したところで病に倒れ、41歳で死去。没後その遺稿が刊行され、『国文学全史平安朝篇』は今も読み継がれる古典である。

長女の綾は、1927年に雪の結晶の研究で知られる物理学者中谷宇吉郎と結婚したが、翌1928年ジフテリアで死去している。長男の藤岡由夫は原子物理学者、孫の藤岡知夫はレーザー工学者、曾孫の藤岡幸夫は指揮者。次男の藤岡通夫は、建築史家。

著書[編集]

  • 日本風俗史 平出鏗二郎共著 東陽堂 1895
  • 国史綱 錦光館 1897
  • 日本文学史教科書 開成館 1901
  • 日本史教科書 開成館 1902
  • 近世絵画史 金港堂 1903
  • 国文学全史 平安朝編 東京開成館 1905 のち平凡社東洋文庫、講談社学術文庫
  • 国文学史講話 東京開成館 1908
  • 松雲公小伝 高木亥三郎 1909
  • 東圃遺稿 巻1,2 大倉書店 1911-1912
  • 近代小説史 大倉書店 1917 (東圃遺稿巻第4)
  • 鎌倉室町時代文学史 国本出版社 1935
  • 藤岡作太郎著作集 全4冊 岩波書店 1948-55

校訂[編集]

関連項目[編集]