北条時敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北条時敬

北条 時敬(ほうじょう ときゆき、安政5年3月23日1858年5月6日) - 昭和4年(1929年4月27日)は、教育者数学者。幼名は粂次郎(くめじろう)。第12代学習院院長。

経歴[編集]

加賀国金沢(現・石川県金沢市池田町)に金沢藩士の次男として生まれる。鎌倉北条氏の末裔と称する。

石川県専門学校の教師を経て、山口高等学校第四高等学校広島高等師範学校の各校長を歴任の後、東北帝国大学総長、学習院院長に就任。

大正9年(1920年)には宮中顧問官になり、貴族院議員にも選出された。

昭和4年(1929年)4月27日、肝臓癌で死去。享年71。

エピソード[編集]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第232号、大正2年5月10日。

関連項目[編集]

関連人物[編集]