松平康昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平康昌

松平 康昌(まつだいら やすまさ、1893年(明治26年)11月12日 - 1957年(昭和32年)1月4日)は、昭和期の日本華族、官僚。旧福井藩主家(越前松平家)第19代当主。従二位勲一等侯爵明治大学政治経済学部教授や相模女子大学短期大学部校長を務めた。夫人は徳川家達二女の綾子。

来歴[編集]

1893年、松平康荘の子として生まれる。

1905年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1912年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。1919年京都帝国大学法学部卒業後、明治大学や日本大学などの講師を務める。1924年イギリスフランスに留学する。1930年12月15日、父の死により家督を相続。侯爵として貴族院議員を務め、火曜会に所属する。有馬頼寧らの運営する新進華族の会合「十一会」にも参加した。

1936年6月13日内大臣秘書官長に就任。1945年11月24日退任、1946年1月17日宗秩寮総裁に就任。

昭和天皇の側近・宮中グループの中心人物の一人であり、終戦直後から連合国軍最高司令官総司令部と接触をはかって東京裁判の対策にあたった。1946年3月から4月にかけて、松平慶民寺崎英成稲田周一木下道雄と「五人の会」を結成して天皇から聞き取りを行い、「昭和天皇独白録」の作成にあたった。

1947年3月27日、式部頭(のち式部官長)となる。1957年1月4日、式部官長在任のまま死去。

備考[編集]

  • 1945年6月、軍人であった息子康愛が戦死したため、康昌死後の越前松平家は徳川達成の四男宗紀を養子を迎えている。
  • 1934年、旧福井藩士であった岡田啓介の組閣に際しては、資金的な援助を行っている。

関連項目[編集]


先代:
松平康荘
福井松平侯爵家当主
第19代: 1930年 - 1945年
次代:
松平宗紀