徳川達成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳川 達成(とくがわ さとなり、1899年5月3日 - 1961年3月28日)は、田安徳川家の第10代当主。徳川達孝の子。妻は戸田氏秀の次女・元子。子に宗英(第11代当主)、雅子(徳川義恭夫人、後に渡邊正廣夫人)、宗賢(言語学者)、宗廣(元・国土庁官房審議官)、文子(溝口道郎夫人)、松平宗紀越前松平家当主)がいる。伯父の家達は、徳川慶喜の養子になって徳川宗家を継いだ。

東京生まれ。1923年東京帝国大学工学部造兵科を卒業して[1]、日本海軍の技術大佐となった。戦後、一時は服部時計店の社外重役をしていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 妻である徳川元子の著書(『遠いうた -徳川伯爵夫人の七十五年』 文春文庫 ISBN 4-16-767929-9 )による

参考文献[編集]

  • 『昭和新修華族家系大成』下巻 吉川弘文館、1984年