稲田周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

稲田 周一(いなだ しゅういち、1902年明治35年)2月26日 - 1973年昭和48年)2月5日[1])は、日本の内務宮内官僚侍従長、官選滋賀県知事

経歴[編集]

新潟県出身。稲田周之助の長男として生まれる。開成中学校第一高等学校を卒業。1924年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1925年3月、東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し佐賀県属となり内務部産業課兼地方課に配属された[1]

1927年4月、地方事務官・群馬県工場監督官兼社会課長に就任。拓務事務官を経て、1931年12月、内閣官房に転じ内閣書記官・内閣官房総務課勤務となる。以後、内閣官房会計課長、同総務課長、兼同会計課長などを歴任[1]

1945年4月、滋賀県知事に就任し終戦を迎えた[2]1946年1月に知事を退任し、同年2月、宮内省内記部長に就任。同年5月、侍従次長となるが、同年9月から1950年10月まで公職追放となる。追放解除後に侍従次長に復帰し、1965年3月から1969年9月まで侍従長を務め退官した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本近現代人物履歴事典』57頁。
  2. ^ 『新編日本の歴代知事』643頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
先代:
三谷隆信
侍従長
1965年 - 1969年
次代:
入江相政