北山文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金閣寺

北山文化(きたやまぶんか)とは、室町時代初期の文化で、三代将軍足利義満1358年1408年)の北山山荘に代表され、14世紀末~15世紀前半までをさす。東山文化に対して使われる言葉である。

ただし、今日の歴史学では東山文化と合わせて「室町文化」と呼ぶのが一般的だという。(→東山文化#室町文化

特色[編集]

南北朝時代の動乱を経て、それまで伝統的であった公家文化と、新興の武家文化の融合が特色で、明との勘合貿易禅宗を通じて大陸文化の影響も受けている。

建築[編集]

  • 鹿苑寺金閣(1397年):正式には鹿苑寺舎利殿。北山文化を代表するもので足利義満が北山山荘に造営した(北山山荘は義満死後その法名をとって鹿苑寺となる)。一層が公家風の寝殿造で阿弥陀堂、二層が住宅風(俗説では武家造)、三層が禅宗様の仏殿風で仏舎利を置いた。1950年に焼失。

彫刻[編集]

能面
如拙「瓢鮎図」(国宝
天龍寺

能面彫刻

文学[編集]

絵画[編集]

芸能[編集]

宗教[編集]

禅宗の一派、臨済宗が幕府の保護によりさらに発展した。

関連項目[編集]