加藤保憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 保憲(かとう やすのり)は、荒俣宏小説帝都物語』などに登場する架空の人物。その恐るべき超人的能力から「魔人加藤」とも呼ばれる。

人物[編集]

明治の初頭から昭和73年(1998年)にかけて、表向きは大日本帝国陸軍将校少尉、後に中尉、戦後は自衛官)として、帝都東京の滅亡を画策、暗躍した魔人である。

物語の中では、さまざまな姿の式神たちを駆使し、平将門の子孫を依代にして怨霊として甦らせようとしたり、大地を巡る龍脈を操作した結果、関東大震災を引き起こす結果を招いた。

長身痩躯で、こけた頬にとがった顎、さっぱりとした刈上げといった容姿。眼光は鋭く、体の大きさに似合わないほど軽い身のこなしが特徴的である。黒い五芒星ドーマンセーマン)の紋様がある白手袋を着用している。剣の達人で関孫六を愛用する。

紀州龍神村の生まれとされるが、詳しい出生などについては一切が不明である。いかなる時代においても、老いの感じられない外見をしている(注:出生については、2001年に発刊された『帝都物語異録』で解説されている)。

極めて強力な霊力を持ち、あらゆる魔術に精通している。屍解仙の秘術を用いて転生したこともある。とりわけ陰陽道風水蠱毒の道においては、並ぶ者のいないほどの達人である。天皇直属の陰陽道の名家、土御門家一門ですら、彼一人にかなわなかった。また中国語朝鮮語にも通じる。

昭和73年に、東京の地下に眠る平将門を目覚めさせ、大地震によって東京を壊滅させた後、将門との最後の決闘の間に行方不明となる。

荒俣が原案・ノベライズで参加した映画『妖怪大戦争』においても帝都を滅亡させようとする魔人として登場している。また『帝都物語』の前日談である『帝都幻談』、『新帝都物語』には「加藤重兵衛保憲」が登場する。彼と加藤保憲との関わりは『帝都物語異録』にて語られている。

嶋田久作の影響[編集]

映画版『帝都物語』における加藤役の嶋田久作による演技と存在感は強烈で、荒俣自身も「加藤保憲は嶋田さんと2人で作り上げたキャラクターだ」とコメントしており、前述の加藤の容姿描写も『帝都物語』文庫化の際に嶋田の容姿に合わせて書き直されたものである。OVA版でも容姿は嶋田をモデルとしており(声優も担当)、勇者警察ジェイデッカーブラックロッドストリートファイターIIベガ)など他の漫画やゲームなどにおいて、嶋田演じる加藤の影響を強く受けた「長身・面長の強力な異能力者」というキャラクターが現れるなどした。

演じた俳優[編集]

登場作品[編集]

  • 仮面ノリダー:第47話に登場。ノリダーと辰宮雪子と共闘して自身の偽物である帝都大戦男を倒した。

関連項目[編集]

  • 賀茂保憲 : 平安時代中期の陰陽師。加藤は彼にちなんで「保憲」と名付けられた。