成金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成金(なりきん)とは、将棋において、低階級の金将と同じ階級に変化することになぞらえ、急激に富裕になった人(ニューリッチ)を表す。

伝統的評価[編集]

古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、成金の性質について大略次のように評している[1]

  • その性格を一言で言えば、幸運に恵まれた愚か者の性格である。
  • 良いものをすべて持っている気になっているために、傲岸不遜である。
  • 贅沢を見せびらかす。
  • 金がすべての評価の基準になっている。
  • 自分好みのものに囲まれて生活しているため、他人が別の好みを持っていることを忘れる。
  • 自分が官職につくべき人間だと考える。
  • 金持ちであることの心得がまだできていないために、金持ちであることにつきものの欠点を古くからの金持ちよりもっと悪い形で持っている。
  • 成金が不正行為に手を染めるのは、悪意からではなく、傲慢や抑制力のなさからである。

語の由来[編集]

成金(成り金・なりきん)は、将棋に由来する言葉である。

玉将(王将)金将以外の駒が敵陣(1段目〜3段目)を進入させるとき、その駒が「成る」ことを選択できる(詳細は将棋 を参照)。特に、歩兵香車桂馬銀将が成った場合は、以降、金将と同じ動きとなる。駒が成ったことを明らかにするため、その駒を裏返すが、この4種の駒の裏側に書かれている文字はすべて「金」(を崩した文字)であり、たとえば歩の裏側の字はひらがなの「と」に見えるが、これも「金」の字を崩したものである(この「と」に見える文字は「今」の崩し字という説もある)。歩兵・香車・桂馬・銀将が成ったものを、それぞれ「と金」(ときん)・「成香」(なりきょう)、「成桂」(なりけい)、「成銀」(なりぎん)と呼ぶ。これらの金将と同じ動きができるようになった駒、特にと金を俗に「成金」ということがあるが、金将は成ることはできず、金将の裏には何も書かれていないので、「成金」という言葉は正式な将棋用語ではない。特にと金は金同様の動きをするにも関わらず奪取されても価値は歩のままであり、相手に取っては非常に脅威の存在となる。

和田邦坊による風刺画「成金栄華時代」(1928年頃)

上記の意味より転じて、(1)社会変動の最中(特に戦争)で急激に裕福になった階層(すなわちニューリッチ)や、(2)庶民や貧困層が、急に莫大な金銭財産を持つ富裕層に変化する現象(すなわち成り上がり者アップスタート)を指す。この意味での用法は江戸時代後期に始まったようであるが、明治維新後には、第一次世界大戦による大戦景気によって、急に富裕層に転じた者を指して使うようになり、一般に広まった。 一方で、最近では、額に汗して苦労して作り上げた事業や技術が成功して裕福になった者や高給取りの仕事の従業者、いわゆる勝ち組もやっかみや侮蔑を込めて一絡げに成金と呼ばれることもあり、その正当な事業や経済活動に対して正当な評価がされない時もままある。

金持ちになったきっかけを頭につけて、炭鉱成金、船成金、土地成金、石油成金、事故成金、宝くじ成金、戦争成金などと呼ぶこともあり、建てた家を同様に鰊御殿、小豆御殿などとも言う。

現代の用法[編集]

元来「成金」の語は、庶民や貧困層から富裕層に転じた人への賞賛の語として用いられていた。しかし戦後混乱期に俄かに財をなして富裕層となった者への反感が一般に強かったことから、現在では、その当人以外が発する場合は、にわかに富裕層になった者への皮肉や非難や侮蔑のニュアンスで用いられるのが通例である。金にものを言わせて傲慢で態度が悪い人を指して「成金」などと皮肉・侮蔑的に呼ぶ場合などである。また、「成金趣味」という言い方もあり、金銭にあかして派手、高尚な趣味を理解していないのにそれを真似ようとして失敗している、趣味が悪いといった否定的な意味に使われる言葉である。暗闇の中で靴を探そうとする女中に対して、紙幣を燃やして灯りを取る成金の風刺画が知られ、山本唯三郎が函館の料亭でその行為を行ったと伝えられている。ただ、もちろん実際にそうした富裕層が皆そういう金に飽かした生活であったわけではない。

当人が自らのライフスタイルをそう呼称する場合は感慨や謙遜が入り交じった感情が含まれることが多い。

また、現代においては「ブルジョワ」や「セレブ」(セレブリティ)という語に、この「成金」の語意を含めている場合がある。この傾向に対し、評論家宮崎哲弥は、「『セレブ』は誤用であり、『成金』ときちんと言うべきである」と述べている。

英語では「new rich」と言うが、英語圏においてもフランス語を使って「nouveau riche」(ヌーヴォー・リシュ)と表現する事が多い。

脚注[編集]

  1. ^ アリストテレス『弁論術』第二巻第十六章(1390b・1391a)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]