Mi-14 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Mi-14

Mi-14は、ソ連ミル設計局で開発されたヘリコプターである。NATOコードネームは「ヘイズ」(Haze)。海軍・洋上作戦向けの機体であり、対潜哨戒及び捜索・救難に用いられている。

概要[編集]

Mi-8から発展したヘリコプター。基本機体形状はMi-8を踏襲し、胴体の上にターボシャフトエンジン2基を搭載し、尾部ローターは胴体上部より細長く突き出たテールブームの先にある。相違点は、降着装置は引き込み脚、テールローターが左側に移され、胴体を水密構造とし下部を艇体型に、主脚を収納するスポンソン(張り出し部分)に膨張式フロートを装備、テイルブーム後端にゴムパック式のフロートが装備され、着水も可能になっている。魚雷・爆雷等は、胴体内に搭載し、底部を開き投下される。また、レーダーは胴体前部下側に取り付けられている[1]

対潜作戦型PLのほか、機雷掃海型BT、捜索救難型PS、民間型Pが製作された。

派生型[編集]

V-14
試作・原型機[1]
Mi-14PL「ヘイズA」
対潜哨戒型。機首下面に12-M捜索レーダー、胴体後部にAPM-60曳航式MAD(磁気探知機)、OKA-2ソノブイを装備、胴体内武器庫に航空爆雷、AT-1対潜魚雷またはAPR-2対潜魚雷などを搭載。
Mi-14PL ストライク
Mi-14PLにAS-7空対地ミサイルを装備した型。
Mi-14PLM
対潜哨戒型の改良型。レーダーやソナー、コンピュータなどを更新。生産機数は限られている[2]
Mi-14PŁ(Mi-14PW)
ポーランド海軍向け改良型。対潜器材を降ろし、捜索・救難用途に用いられた[3]
Mi-14BT「ヘイズB」
機雷掃海型。機首下面に捜索レーダー、胴体にストレッキー追加、テイルブーム下面にドップラー・レーダーを2基装備。
Mi-14PS「ヘイズC」
捜索救難型。胴体左側に大型のスライドドア、引き込み式救難ホイスト、機首両側面にサーチライトを装備。
Mi-14PX
ポーランド海軍による捜索救難訓練型。Mi-14PLから1機改装されて運用された。後に対潜型に戻された。
Mi-14PZh
Mi-14BTから改装した消防型。1機の価格は100万ドル
Mi-14PZh エルミネーター III
Mi-14BTから改装した消防型。
Mi-14GP
民間型。輸送機または旅客型。
Mi-14P
24人分の座席を装備した民間型。

性能・主要諸元[編集]

使用国[編集]

()内数字は導入した数。

ブルガリアの旗 ブルガリア
キューバの旗 キューバ
  • 海軍(4)
エチオピアの旗 エチオピア
グルジアの旗 グルジア
  • 空軍(2)
リビアの旗 リビア
  • 空軍(12)
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
  • 空軍(10)
ポーランドの旗 ポーランド
  • 海軍(10)
ロシアの旗 ロシア
  • 空軍 (9)
シリアの旗 シリア
  • 海軍(11)
ウクライナの旗 ウクライナ

以前の使用国[編集]

東ドイツの旗 東ドイツ
  • 空軍
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
  • 空軍
  • 海軍
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア/ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
  • 空軍

脚注[編集]

  1. ^ a b Gunston 1995, p. 238.
  2. ^ Mladenov Air International April 2001, p. 244.
  3. ^ Adam Gołąbek, Andrzej Wrona, Śmigłowce Mi-14PŁ/R w służbie, in: Lotnictwo Nr. 7/2011, pp. 40-47 (in Polish).

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill (1995). The Osprey Encyclopedia of Russian Aircraft 1875–1995. London: Osprey. ISBN 1-85532-405-9. 
  • Mladenov, Alexander. “Cutting through the Haze”. Air International (March 2001): pp. 184–188. ISSN 0306-5634. 
  • Mladenov, Alexander. “Cutting through the Haze: Part 2”. Air International (April 2001): pp. 244–247. ISSN 0306-5634.