ブラックウォーターUSA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼー・サービシズLLC
Xe Services LLC
Xe Logo
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州
設立 1997年
業種 民間軍事会社
事業内容 軍事事業、軍需産業
外部リンク http://www.blackwaterusa.com/
テンプレートを表示


物資の空中投下を行うブラックウォーター社のCASA C-212輸送機。

Academi[1](アカデミ、旧XeサービシズLLC、旧ブラックウォーターUSA)は、アメリカ合衆国民間軍事会社である。

1997年アメリカ海軍特殊部隊SEALsを退役したエリック・プリンスにより、ブラックウォーターUSAとして創設された。

主な事業[編集]

軍事サービス 
訓練を受けた自社要員と、ヘリコプターなど航空機を含む装備を有し、戦闘への参加、戦地での護衛、治安維持活動、危険地域での輸送、後方支援、軍事コンサルティング等を提供する。
軍事訓練サービス 
ノースキャロライナ州のアメリカ国内最大級の軍事訓練施設の他、射撃訓練場、軍用犬訓練施設を保有しており、民間人のみならず正規軍に対しても戦闘訓練を提供する。

歴史[編集]

1990年代後半、エリック・プリンスはノースカロライナ州ヴァージニア州の境にある沼地 Great Dismal Swamp の6,000エーカーの土地を購入。その土地は現在では大部分は国有地となっている。彼はそこに最新鋭の訓練施設と、沼地の水が泥炭で黒くなっている所から名づけられたブラックウォーターという企業を設立[2]。軍や警察当局への訓練サポートの提供を主とするブラックウォーターUSAは1997年に設立された。2002年にはブラックウォーター・セキュリティ・コンサルティング (以下BSC 、Blackwater Security Consulting ) が設立された。

ブラックウォーターUSAはアフガニスタン侵攻の際に雇われた企業の一つとなった。また、BSCはイラク戦争の際に軍人や基地を守ったり、イラクの新しい軍や警察を訓練するために雇われた60を超える警備会社の1つとなった[3]。更にブラックウォーターはハリケーン・カトリーナが猛威を振るった後にアメリカ国土安全保障省によって用いられたり、通信、石油、保険会社といった企業とも契約している[4]。いずれのケースでもブラックウォーターは入札なしで受注している。全体的に見て、ブラックウォーターは10億ドル(1040億円)以上を政府との契約によって得ている[5]

ブラックウォーターは株式非公開の企業で、内部情報はほとんど公開していない。ブラックウォーターの設立者でありオーナーのエリック・プリンスは元ネイビーシールズである。プリンスは海軍兵学校で学び、ヒルズデール・カレッジ (Hillsdale College) を卒業、ホワイトハウス実習生としてホワイトハウスで働いたこともある。また、プリンスは共和党の財政援助者でもある[6]。ブラックウォーターには9つの事業部があり、更にBlackwater Vehiclesという子会社を持っている。

ブラックウォーターの代表取締役であるゲイリー・ジャクソンも元ネイビーシールズである[7]。現在副会長を務めるコーファー・ブラックは、911の際にCIAの対テロセンター(Counterterrorist Center) の所長であった人物である。ブラックはまた、2002年12月から2004年11月までアメリカ合衆国国務省のテロ対策のコーディネーターであった。公職を退いた後、ブラックは機密情報収集企業の Total Intelligence Solutions, Inc. の会長となり、更にブラックウォーターの副会長ともなっている。重役の一人であるジョセフ・E・シュミッツは、以前はジョージ・W・ブッシュにより任命されたアメリカ国防総省の監察官であった。2007年1月に別の会社を設立するまで統括責任者であったRobert Richer は元々、CIAの中近東担当部署にいた人物である[8][9]

ブラックウォーターはノースカロライナの北西に7000エーカーの訓練施設を持ち、施設内には射撃場、屋内・屋外施設、街路を再現した施設、人工湖、運転用のコースなどがある。ブラックウォーターによる資料によると、この訓練施設は国内で最も大規模なものだという。2006年11月、ブラックウォーターはシカゴの西240kmの場所に80エーカーの土地(Blackwater Northと呼ばれる)を購入したことを発表した。この施設は2007年4月から使用されている。加えて、現在はサンディエゴから45マイル東の小さな町ポトレロの近くに824エーカーの訓練施設を設立しようとしている[10][11][12][13][14]。しかしこの施設のオープンに対しては地元住民や環境保護団体、反戦団体からの強硬な反対がある。この土地がCleveland National Forestに近いこともあり、施設によって山火事の増加や騒音が懸念される。またブラックウォーターのイラクにおける非人道的な行いに反対する者もいる[15][16]

自社ブランドの衣服や装備品の他に「グリズリーAPC」と呼ばれる装甲車を自社で開発。また、宣伝用のテレビゲームも発売されている。

2004年、エリック・プリンスがグレイストーン・リミテッドを設立する。ブラックウォーターがアメリカ軍人を中心とした警備サービスをする事に対し、グレイストーン社は警備員達を現地雇用しアメリカ軍人らが指揮するイギリス型民間軍事会社の方式を採用している。

2007年10月、ブラックウォーターUSAはブラックウォーター・ワールドワイドと名前を変え、ロゴも新しいものに変えた[17]。ブラックウォーターの代表の1人は、名前やロゴの変更は2007年9月17日にブラックウォーターがバグダッドで起こした発砲事件 (en: Blackwater Baghdad shootings) よりも前に決定されていたと語ったが、公式発表は事件の後であった。 更に2009年には、事件に関わったコントラクター側が一方的に発砲したことがほぼ立証され、業界内での評価は急落したという説がある。しかし、他のPMCによる問題行動をさしおいて、同社の事件が報道されたこと自体が米国政府との契約ではないか、とする説もある。同年2月に社長自らが社名変更を発表。現在は“Xe”の看板に架け替え活動を行っている。 ブラックウォーターUSAは2007年10月で民間軍事会社の協会であるIPOAを除名されている。

2009年よりイラク政府は、Xe社へ国内での警備活動に対するライセンスを与えず、また同社社員(すでに別の社に所属している元社員を含む)に対し、2010年2月10日から1週間以内の[18]国外退去を求めることとした[19]。それまでの米共和党政権からバラク・オバマ大統領の民主党へと政権が移譲され、イラクでの米国の関与に関する方針も大きく転換されたことも影響して、国内外で非常に評判の悪くなったXe社の立場を擁護する者は著しく減った[20]。これらのことからXe社は米国政府との契約という収入源の大半を失い、主要な経営者達がXe社を去る事態となっている[出典 1]

2010年。Xeサービシズをモンサント社が買収する。

2011年、エリック・プリンスがアラブ首長国連邦に「リフレックス・レポンセズ(通称R2社)」という新会社を立ち上げる。コロンビア人及び南アフリカ人傭兵などから成る800人の部隊を構成し、暴動鎮圧やテロ対策といった業務を請け負っている。イスラム教徒は市民への発砲や殺害に躊躇するという理由で雇用されることはなかった。

2012年、Academi社がトルコ・シリアの国境において自由シリア軍などといった反アサド派勢力に対して軍事訓練サービスを行なっている。

2014年、民主化運動後のウクライナ東部にて、アメリカ風の戦闘服に身を包んで英語を喋り、AK74と見られる自動小銃で武装した部隊が150人~300人規模で現れ、Academi傘下のグレイストーン社の警備要員がロシア系の住民の暴動などを見越して活動していると見られている。

イラク戦争への関与[編集]

ブラックウォーターは、アメリカ政府国務省が契約するコントラクターの中でも最大の会社であり、特にイラク戦争におけるアメリカ軍正規兵の慢性的不足により傭兵の需要が増したことから、急成長を遂げた。同社サイトでは年4万人以上の社員を訓練していると発表している[21]

警護対象に死者を一人も出さないなど業務の優秀さに定評がある一方で「イラク人のことを動物扱いしている」と評され、2007年9月に社員によるイラク人射殺事件が表面化したことから、議論の的になっている[要出典]。また、武器の横流しや目に付いた民間人を無差別に撃って遊ぶ「実弾演習」が常態化しているという噂もあり、これに対し、イラクの反米派からは「ブラックウォーター社の社員は犯罪者だ」とする声も大きい[要出典]。また、秘密主義で閉鎖的な社風があることや、一部社員達の傲慢な言動や猟色癖など態度が非常に悪いことなどを指摘されており、同じ民間軍事会社の社員など関係者達からもブラックウォーターを酷評する声があった[要出典]

民間軍事会社の『不祥事』で、駐留アメリカ軍とイラクとの関係が悪化しかねないという懸念も強い。アメリカ国内においては、FBIがこれに関する事件の調査に乗り出すことを宣言しているが、紛争地での充分な捜査が可能かどうかは疑問である[要出典]。民間軍事会社の犯罪をアメリカ国内法の管轄下におく法案が下院で可決されているが、ホワイトハウスは反発しており、アメリカ政府内では「民間業者に頼るしかなく、むしろその人達の能力、勇気を称えるべきだ」と民間軍事会社を擁護する立場が主流である[要出典]

2007年9月、バグダッドにおいてブラックウォーターの社員がイラク人17人を射殺する事件が発生し、当初ブラックウォーター側は正当性を主張したが、アメリカ政府は、少なくとも14人の射殺には正当性が認められないと判断した[22]。一方で、アメリカ政府はブラックウォーター社との再契約を「問題ない」とし、その契約を継続している。

日本での展開[編集]

2006年6月、青森県つがる市航空自衛隊車力分屯基地で、ミサイル防衛用のレーダー:AN/TPY-2(Xバンドレーダー)の搬入の際、アメリカ政府と契約していたブラックウォーター社の要員が、車力分屯基地、及び、AN/TPY-2の警備にあたっていたことがある。レーダーの運用の為、開発元のレイセオン社から派遣された同社社員もそこにおり、つがる市に派遣された民間企業の要員は、ブラックウォーター社の人間と合わせて、100名であった(2名の米軍軍人が監督)[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Former Blackwater firm renamed again”. BBC News. (2011年12月12日). http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-16149971 2012年11月22日閲覧。 
  2. ^ ニューズウィーク, "The Man Behind Blackwater", 22 October 2007, pp 36-38.
  3. ^ "Role of security companies likely to become more visible"
  4. ^ Private Security Company Creates Stir in New Orleans — The Virginian-Pilot
  5. ^ US-IRAQ: Blackwater Blues for Dead Contractors' Families, by Bill Berkowitz, IPS, June 29, 2007.
  6. ^ Flintoff, Corey (2007年9月25日). “Blackwater's Prince Has GOP, Christian Group Ties”. National Public Radio. http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=14659780 2007年9月28日閲覧。 
  7. ^ Four Civilians Worked for N.C. Security Firm, Associated Press, March 31, 2004.
  8. ^ Ken Silverstein, "Revolving Door to Blackwater Causes Alarm at CIA," Harper's Magazine, September 12, 2006.
  9. ^ About Total Intelligence Solutions - Personnel Total Intelligence Solutions 2007 retrieved October 24, 2007
  10. ^ “Locals Against Training Camp In East County”. 10News.com. (2007年5月12日). http://www.10news.com/news/13308753/detail.html 2007年9月28日閲覧。 
  11. ^ R. J. Hillhouse (2007年4月26日). “Exclusive Interview: Blackwater USA's President Gary Jackson”. The Spy Who Billed Me. http://www.thespywhobilledme.com/the_spy_who_billed_me/2007/04/blackwater_usa_.html 2007年9月28日閲覧。 
  12. ^ Bauder, Don (2007年2月22日). “Tiny Potrero Battles County and Blackwater USA”. San Diego Reader. http://www.sdreader.com/php/cityshow.php?id=1566 2007年9月28日閲覧。 
  13. ^ Van Deerlin, Lionel (2007年4月19日). “Blackwater in Potrero?”. http://www.signonsandiego.com/news/op-ed/vandeerlin/20070419-9999-lz1e19vandeer.html 2007年9月28日閲覧。 
  14. ^ Bauder, Don. "Tiny Potrero Battles County and Blackwater USA". San Diego Reader. Retrieved on 2007-10-07.
  15. ^ "Blackwater Plans for New Military Facility Near San Diego Draws Fire From Residents, Peace Activists and Local Congressmember". Democracy Now!. 2007-04-19. Retrieved on 2007-10-07.
  16. ^ Kahn, Carrie. "Blackwater's San Diego-Area Plan Spurs Protest". National Public Radio (2007-10-09). Retrieved on 2007-10-15.
  17. ^ Blackwater Softens Its Logo From Macho to Corporate, 2007-10-22, NY Times, Retrieved 2007-10-29
  18. ^ 米民間軍事会社の元従業員に1週間内の出国命令、イラク政府CNN
  19. ^ 正確にはイラク政府はそれまでもXe社へライセンスを与えたことはなく、イラク駐留の米国政府機関がなし崩し的にライセンスを持たないXe社へ任意契約を発注していただけである。米Xe社と同様にイラク国内で主要な警備業務を担っていた米DynCorp社と米Paratus World Wide Protectionはライセンスを更新された。
  20. ^ DynCorp社と米Paratus World Wide Protectionのようなイラク国内で活動する民間軍事会社は米国政府機関等から警備業務の契約を受ける時点で、自分達の会社がどれだけXe社と異なっているかを強調するようになっている。
  21. ^ About Us Blackwater Worldwide ホームページ
  22. ^ [1] "Report: Blackwater Killings Unjustified" New York Times, November 14, 2007

出典[編集]

  1. ^ 阿部拓磨、『悪名高きブラック・ウォーター社消滅!』、軍事研究2009年7月号、(株)ジャパン・ミリタリー・レビュー

外部リンク[編集]