自由シリア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレッポにて戦闘中の兵士
自由シリア軍が使用しているトラック
アレッポの戦い英語版において、作戦を練っている自由シリア軍の兵士
AK-47の手入れをしている自由シリア軍の兵士

自由シリア軍(じゆうシリアぐん、アラビア語: الجيش السوري الحر‎ ; 英語: Free Syrian Army, 略称:FSA)は、シリアの反政府武装組織。2011年に設立し、翌2012年シリア国民評議会英語版の下部組織である軍事事務所の監督下に入る見込み[1]

概要[編集]

2011年に始まったシリア国内の争乱の過程で、同年7月にリヤード・アル=アスアド大佐が率いる政府軍の一部が離反し結成。翌8月にはフセイン・ハルムーシュ大佐が率いる自由将校旅団と合流し規模を拡大、さらに後にアサド政権に反目するスンニ派の勢力も取り込み、戦闘員は数万人規模に成長。各地で武装闘争を開始した[2]

2012年7月16日、「ダマスカスの火山とシリアの地震」と命名した総攻撃作戦を開始、イラクトルコとの国境検問所等を襲撃、イラク国境沿いの検問所は全て占拠した。2日後の18日には首都ダマスカスの治安司令本部に爆弾攻撃をしかけ国防相、副国防相ら3人を殺害している[3]

2012年7月以降、シリア第二の都市アレッポに展開し、激しい市街地戦を引き起こした。

2012年9月22日、リヤード・アル=アスアド最高司令官は、軍司令本部を隣国のトルコからシリア国内(場所は伏せられたまま)に移動したと発表[4]

イスラーム過激派として知られるアルカイダとは、協力関係にあるとされる。しかし、2013年9月には、アルカイダ系の武装組織が自由シリア軍の拠点を攻撃するなど、両者は対立しつつある[5]

自由シリア軍は、アメリカ合衆国トルコサウジアラビアカタールなどから支持を受けている。しかし、イスラエルの友好国たるアメリカ合衆国から支持を受けているという事実は、多数のシリア国民が自由シリア軍を支持しない理由の一つとなっている[6]。他に、トルコより支援を受けており、戦闘員2000人ほどがトルコで訓練を受けることとなっている。トルコは、シリアで活動しているクルド人勢力に刺激を受けることで、自国内のクルド人の独立運動が活発になるのを警戒しており、クルド人の活躍を目立たなくさせるために自由シリア軍を支援している[7]

敵対勢力[編集]

兵器[編集]

 小火器が中心だが、シリア軍から拿捕した戦車や戦闘機等の装備もある。  

小火器[編集]

誘導弾[編集]

車軸[編集]

航空機[編集]

出典[編集]

  1. ^ “反体制派「自由シリア軍」とは?その成り立ちと今後”. AFP.BB.NEWS (フランス通信社). (2012年3月5日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2863042/8582992 2012年7月20日閲覧。 
  2. ^ “自由シリア軍”. 時事通信 (時事通信). (2012年7月18日). http://www.jiji.com/jc/c?g=tha_30&k=2012071801008 2012年7月20日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ “シリアの首都で爆弾攻撃、国防相ら死亡 アサド政権に打撃”. AFP.BB.NEWS (フランス通信社). (2012年7月19日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2890360/9264449 2012年7月20日閲覧。 
  4. ^ “自由シリア軍、司令部をシリア国内に移動”. AFP.BB.NEWS (フランス通信社). (2012年9月23日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2902935/9565774 2012年9月24日閲覧。 
  5. ^ “シリア情勢 アルカイダ系「浸透」で構図に変化が起きています。”. FNN. (2013年10月5日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00255192.html 2013年10月5日閲覧。 
  6. ^ 田岡俊次 (2014年10月2日). “集団的自衛権の行使容認で自衛隊を「イスラム国」攻撃に派遣できるか”. ダイヤモンド社. http://diamond.jp/articles/-/59946 2014年10月2日閲覧。 
  7. ^ “自由シリア軍2000人 トルコで軍事訓練 来月開始”. 東京新聞. (2014年11月18日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014111802000148.html 2014年11月22日閲覧。 

関連項目[編集]