ベネズエラの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネズエラ軍
Fuerza Armada Nacional Bolivariana
MinisterDEFENSA.svg
派生組織 ベネズエラ陸軍
ベネズエラ海軍
ベネズエラ空軍
ベネズエラ国家警備隊
本部 運用戦略司令部
指揮官
最高司令官 第53代大統領 ウゴ・チャベス
国防大臣 ラモン・カリサレス[1](es:Ramón Carrizales)
参謀長 カルロス・ホセ・マタ・フィゲロア陸軍大将(Carlos José Mata Figueroa)
総人員
兵役適齢 18歳から
徴兵制度 徴兵制
適用年齢 18-30歳
現総人員 82,300人(2007)
予備役8,000人(2007)[2]
関連項目
歴史 ベネズエラ独立戦争
連邦戦争
ベネズエラ10月革命
階級 ベネズエラ軍の階級
テンプレートを表示

ベネズエラ軍(ベネズエラぐん、西:Fuerza Armada Nacional Bolivariana de Venezuela)は、ベネズエラ軍事組織。2007年時点で四軍種の総員82,300人、予備役8,000人[3]ベネズエラ大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍の他に、軍事作戦と法執行活動を行なう国家警備隊がある。

徴兵制を採用しており、成人男子は18歳を迎えると徴兵登録する法的義務が存在するが、現在は定員と人口構成の問題から兵役に服することは任意となっている。

概要[編集]

1999年に成立したウゴ・チャベス政権下における対米強硬路線により、従来の兵器供給源が急速に変質することになる。2007年に空軍の名称が変更され、2008年にはアンデス危機が発生。2009年9月、隣国コロンビアにおける駐留アメリカ合衆国軍の増強に対抗する為、ロシアから戦車92輌とS-300の購入や潜水艦3隻、ヘリコプター10機などの供与の契約を結ぶ[4][5]

組織構成[編集]

国軍は大統領を最高司令官とし、国防省傘下の国軍最高指揮官高等会議(Alto Mando y Junta Superior de la FAN)の下で調整運用される。

国軍全体の統合運用、計画、業務執行の全体的戦略の統制を目的とする最高機関として、運用戦略司令部(Comando Estratégico Operacional)が設けられ、国土を5つの軍管区に区分して四軍の調整運用を行なっている。

陸軍[編集]

陸軍は、6個の師団を基本戦略単位部隊とし、4つの機能別集団および部隊・機関から成る。チャベス政権の対米強硬姿勢により西側諸国から調達していた兵器類が禁輸措置により入手困難となり、近年急速にロシア製兵器が導入されている。

海軍[編集]

海軍は、2隻の潜水艦と6隻のフリゲートを主力に44隻の艦艇を有し、国内を7つの海軍管区に区分しカラボボ州プエルト・カベージョに主要基地を設けている。海軍組織の指揮系統としては5つの機能別集団を設け、各艦艇や海軍航空隊、約7,000人規模の海兵隊および沿岸警備隊を治めている。

空軍[編集]

空軍は、5個の機能別集団の下、12個の航空群や学校や機関その他の部隊から成る。2007年にFuerza Aérea VenezolanaからAviación Militar Nacionalに改称した。陸軍と同様に近年はロシアや中華人民共和国製の航空機の導入が進んでいる。

国家警備隊[編集]

1937年8月4日に創設された国家警備隊(en:Venezuelan National Guard)は国内秩序の維持のため犯罪捜査や街頭警備、戦時の際の予備戦力として機能するとされる。この他に予備・補助組織として国民兵組織en:Venezuelan National Militia)が民間防衛組織として存在している。

兵役条件[編集]

ベネズエラ国籍を持つ18歳から30歳までの成人男性、成人女性は25歳までで子供がいないこと、独身者であること、裁判で有罪判決を受けていないこと、前科を持っていないこと、身体障害者でないこと、CI証を提示できることが必要条件となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 副大統領兼務
  2. ^ Military Balance 2007
  3. ^ Military Balance 2007
  4. ^ 47NEWSベネズエラに潜水艦供与か ロシア2009年9月8日
  5. ^ 産経MSNベネズエラ、ロシア製戦車92台購入へ2009年9月14日

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]