GUILD SERIES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GUILD SERIES(ギルドシリーズ)は、レベルファイブより発売されているニンテンドー3DS用ゲームソフトのシリーズ。

著名クリエイターによる複数のゲームを1つのパッケージにまとめた『GUILD01』が2012年5月31日に発売。続編として『GUILD02』が予定されていたが[1]、こちらはパッケージソフトとしては発売されず、各ゲーム単品でのダウンロードソフト発売のみとなった[2]

GUILD01[編集]

GUILD01
ジャンル ゲームオムニバス
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 レベルファイブ
グラスホッパー・マニファクチュア
ビバリウム
発売元 レベルファイブ
デザイナー 須田剛一
平井善之
斎藤由多加
松野泰己
発売日
  • 日本 2012年5月31日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)[3]
コンテンツ
アイコン
セクシャル、暴力、犯罪
テンプレートを表示

GUILD01(ギルドゼロワン)は、レベルファイブより2012年5月31日に発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。

2011年10月15日の新作発表会「LEVEL5 VISION 2011」で発表された[4]

日本国外では2012年10月に『解放少女』のみがダウンロードソフトとして単品発売を開始。日本でも11月よりダウンロードソフトとして各ゲームの単品発売を開始した。

解放少女[編集]

須田剛一による3Dシューティングゲーム。100年後の日本を舞台に、第2代新日本国大統領・大空翔子が解放機カムイを操縦し、エネルギーバランスを支える「神獣」を解放する戦いに身を投じる。2013年3月7日にはiOS移植版が配信開始された。

2013年12月5日には、ストーリー上の続編であるPlayStation 3用アドベンチャーゲーム『解放少女 SIN』が5pb.より発売された。

レンタル武器屋 de オマッセ[編集]

平井善之(アメリカザリガニ)による武器屋を題材としたゲーム。リズムゲームの要領で鍛えた武器を、勇者が出かけるクエストに応じて貸し出し、成功の対価として報酬を得る。公式ジャンルはロールプレイングゲームとあるが、ゲーム内容的には経営シミュレーションに近い。

AERO PORTER[編集]

斎藤由多加によるパズル要素の強いシミュレーションゲーム空港ターミナルビル内のベルトコンベアを操作し、乗客の手荷物を効率よく仕分けしていく。

CRIMSONSHROUD[編集]

松野泰己によるテーブルトークRPG風のロールプレイングゲームで、ダイスロール(サイコロによる乱数)が戦闘だけでなくイベント進行にも影響を与える。

GUILD02[編集]

パッケージ版『GUILD01』を3DSに装着した状態で各ソフトを起動すると連動特典がある。

怪獣が出る金曜日[編集]

綾部和ミレニアムキッチン)によるシミュレーションゲーム。2013年3月13日配信開始。

虫けら戦車[編集]

稲船敬二によるアクションゲームで、虫けらサイズに小さくなってしまった戦車部隊が昆虫達と戦う。2013年3月19日配信開始。

宇宙船ダムレイ号[編集]

麻野一哉我孫子武丸によるサスペンスアドベンチャー。乗組員が居なくなってしまった宇宙船の中を、ロボットを操作して遠隔から探索し、謎解きを行うゲーム。2013年3月27日配信開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]