F-34 76mm戦車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-34戦車に装備された状態のF-34。

F-34 76mm戦車砲ロシア語76-мм танковая пушка Ф-34)とは、第二次世界大戦中のソ連で使用された戦車砲である。T-34中戦車KV-1重戦車で使用された。F-34をベースにKV-1の砲塔に適合するよう改良を加えたモデルとしてZiS-5(ロシア語:ЗИС-5)が作られた。

概要[編集]

F-34は、L-11F-32といった76.2mm戦車砲の後継として開発された。設計はゴーリキーの第92工場に設置されたヴァシリー・グラービン率いる設計局によって行われた。F-34は従来の76.2mm砲と比べて長砲身化しており、砲口初速と装甲貫通力が向上していた。

独ソ戦開戦当初に配備されていたT-34 1940年型は依然としてL-11を搭載していたが、間もなく武装をF-34に換装した1941年型が登場した。一方でT-34がF-34を装備するようになった後もKV-1は旧式のF-32を装備し続け、一時的に中戦車より重戦車のほうが弱武装という事態になったが、1941年後半に導入されたKV-1 1941年型でF-34に切り替えられた。このF-34は、間もなくKV-1専用に改修されたZiS-5戦車砲(基本性能はF-34に準ずる)に取って代わられた。

F-34とZiS-5は、戦車部隊の中核をなすT-34とKV-1両戦車の主武装として大戦中期までの赤軍を支えたが、1942年末から1943年にかけてナチス・ドイツが投入し始めたティーガー重戦車パンター中戦車に対抗するには対戦車能力が不足していた。新しいT-34の武装としては、長砲身高初速のZiS-2 57mm対戦車砲や、52-K 85mm高射砲を改造したD-5TまたはZiS-S-53 85mm戦車砲が比較され、結果として砲身の寿命や榴弾の威力に勝る後者が選ばれた。KV-1重戦車の後継となったIS-1重戦車もD-5Tを使用していたが、後継で主要生産型のIS-2ではより威力の高いD-25T 122mm戦車砲に交換された。

搭載車両[編集]

貫通力[編集]

砲弾 100m 500m 1000m 1500m
BR-350A 80mm 70mm 63mm 58mm
BR-350B 86mm 75mm 68mm 62mm
BR-350P(高速徹甲弾 102mm 92mm - -
  • 装甲に垂直に着弾した場合の80%貫通保障値(CP値)。
  • 砲弾の個体差によって表の値より数%程度厚い装甲を貫通できる場合もある。

参考文献[編集]