59式戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
59式戦車
Type 59 tank - front right.jpg
北京の博物館に展示されている59式戦車。オリジナルのT-54との区別は外見上ほとんどつかない。
性能諸元
全長 9.00 m
車体長 6.04 m
全幅 3.27 m
全高 2.59 m
重量 36.0 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 45 km/h
行動距離 430 km
主砲 59式56口径100 mmライフル砲
副武装 54式12.7mm機関銃
59式7.62 mm機関銃
装甲 鋳造砲塔・溶接鋼板
エンジン 12150L
4ストロークV型12気筒
水冷ディーゼルエンジン
520 hp
乗員 4名
テンプレートを表示

59式戦車(59しきせんしゃ 59式主战坦克・WZ-120)は、ソビエト連邦の技術指導の元、1959年中華人民共和国でライセンス生産されたT-54である。1980年代半ばまでに10,000輌以上が生産された。現在でも数多くの改修が行われながら5,000輌近くが中国人民解放軍で現役にあり、全ての中国戦車の基礎である。旧式化に伴い96式戦車99式戦車との交代が進められている。

開発[編集]

1950年代の中華人民共和国とソ連の関係は友好状態にあり、T-54戦車のコピー戦車の中華人民共和国国内での生産を目標に計画は進められ1959年から本格的な量産が始まる。

当初は内モンゴル自治区にある617工場にてソ連から供与されたT-54Aのパーツを組み立てる形で1956年から生産が始まった。1959年までにほとんどを国内で生産出来るようになり正式に59式戦車として採用される。

車体[編集]

59式戦車はT-54Aをのコピーであるが、T-54Aの標準装備だったアクティブ式赤外線ライトが取り外され、砲塔旋回も手動式に変更されるなど簡略化されており、装甲の厚さに関してもオリジナルのT-54より薄いとされている。

武装[編集]

T-54のコピーからスタートしたこともあり当初はD-10Tをコピーした59式56口径100mmライフル砲を搭載していたが、59-II式以降は、オーストリアから供与されたモデルをベースにライセンス生産を始めたNATOの標準規格であるイギリスL7系105mmライフル砲を採用。近年では更に強力な120mm滑腔砲を搭載するモデルも登場している。

副武装も、T-54のDShKM 12.7mm 重機関銃をコピーした54式12.7mm機関銃を車長キューポラに、SGM 7.62mm 重機関銃をコピーした59式7.62mm機関銃を主砲同軸に各1丁装備する。

運用[編集]

1963年から本格的な生産が始まりその後も数多くの改良を重ねつつ総生産数はおよそ10,000輌。うち6,000輌が中国人民解放軍陸軍に配備されたとされる。59式戦車は以後中華人民共和国で開発される戦車の母体となり、これに中ソ国境紛争時に捕獲したT-62戦車や独自のルートで入手したT-72戦車の技術を盛り込み独自の発展を遂げた。

59式戦車が最初に実戦に参加したのは1965年に起きた第二次印パ戦争で、パキスタン陸軍の59式戦車がインド陸軍のT-54/55やヴィジャンタ(ヴィッカーズMk.Iのライセンス生産型)と対決したが、防御能力の低さから弾薬や燃料が誘爆する車両が続出した。その後、1979年中越戦争では人民解放軍とベトナム陸軍の双方が59式戦車を使用し、山岳地域では機動性に劣り苦戦したが、やはり双方が使用した62式軽戦車に対しては優位な立場にあった。しかし1991年湾岸戦争では、イラク陸軍の59式戦車がT-54/55/62/72、69式戦車などとともにアメリカ陸軍M1エイブラムスに対して一方的な大敗北を喫した。1989年六四天安門事件でも運用された。

近年では人民解放軍に未だ配備されている59式戦車の近代化改修や、既に各国に輸出した59式戦車の改修パッケージの売り込みが熱心に行なわれている。近代改修モデルでは箱形のERA(爆発反応装甲)や105mm戦車砲や120mm/125mm滑腔砲も追加され延命を図っており、その内容も現在主流となっているNATO軍規格にあわせた内容となっている。中華人民共和国では最新鋭の96式戦車や99式戦車への更新が遅れている事もあり、今後しばらくは主に支援戦車として現役に留まる予定である。

バリエーション[編集]

L7 105mm戦車砲のコピーを搭載した、59-II式中戦車
59式
T-54Aのライセンス生産型。1958年から生産開始。
59式指揮戦車
59式の指揮戦車型。59式より通信用アンテナが一本多い。
59式(双穏)型
砲安定装置を垂直/水平軸安定式に換装。
59-I式(第一期改装)
別名59A型。レーザー照準器やアクティブ赤外線暗視装置を装備。
59-I式(第二期改装)
59-I式の改良型。
59-I式(第三期改装)
59-I式の改良型。
59-I式(防御力強化試験型)
モジュール式複合装甲やスラットアーマーを装備。人間工学的な改善が施されたのも特徴。
59-I式地雷処理型  
マインブラウや地雷原処理用ロケットを搭載。
59-II式
別名59B型。主砲を79式51口径105mmライフル砲に換装。新型射撃統制システムを搭載。
59-II式指揮戦車
59-II式の指揮戦車型。VRC-8000通信機を2台装備。砲弾搭載数が2発減少している。
59-IIA式  
59-II式の改良型。主砲を81A式51口径105mmライフル砲に変更。
59-IIA式指揮戦車  
59-IIA式の指揮戦車型。CWT-176通信機を追加装備。砲弾搭載数が3発減少している。
59-IIA式地雷処理型  
マインブラウや地雷原処理用ロケットを搭載。
59-III式  
別名59C式。
59DI式
59-II式の改良型。軍制式名はZTZ-59DI型。中国第二世代の射撃統制システムと微光増幅式暗視装置を搭載、エンジン出力を強化(520hp→580hp)。防御力強化のためFY-1/2爆発反応装甲を装着。改良型の59D型のベースとなる。
59D式
ZTZ-59DI型の改良型。軍制式名はZTZ-59D型。主砲を長砲身の83A式58口径105mmライフル砲に換装。
59P式/Al-Zubair 2
IDEX2007兵器ショーで公開。戦車砲は83A式もしくは新開発の長砲身105mm滑腔砲。Pは59P式の販売を担当する解放軍系の輸出企業である中国保利(Poli)集団公司の頭文字に由来する。59P式の基本的な改造内容は59D式に準じている。ただし、59D式よりも爆発反応装甲の装着数が増加しており、砲塔には34枚のFY-1(59D式は28枚)、車体前面は18枚のFY-2(59D式は13枚)が装着されている。また、車体側面のサイドスカートの上にも爆発反応装甲が装備されている。ほかには、車体側面のフェンダー部の装具入れも一体型のものに変更されている。
戦車砲は59D式と同じ83A式105mmライフル砲か、もしくは新規開発の105mm滑腔砲を搭載しているとのこと。59D式と同じくGP-2砲発射式対戦車ミサイルの運用が可能。砲手用サイトの形状は59D式とは異なり、射撃統制システム自体が変更されている可能性がある。エンジンは、580hp、730hp、800hpの3種類が用意されている。最高速度は55km/h。
59P式は、現在スーダン軍で運用されていることが確認されている。スーダンでは「Al Zubair2」の名称が与えられている。就役数など詳細なデータについては不明である。スーダンの軍事パレードの映像(59P式が登場するのは1分47秒から2分42秒の間)
59式改(B59G)  
59式改(59-125)
主砲を125mm滑腔砲に換装。
59-120  
BW120K型/BW1990型の2種類が開発された。主砲を120mm滑腔砲に換装。
59式(96G式砲塔搭載型)
IDEX2007兵器ショーで公開。96G式戦車の砲塔を搭載。
名称不明(125mm砲搭載型)
既存の砲塔に大型の増加装甲を装着、主砲を125mm滑腔砲に換装。
名称不明(59式改造型)
59式に新型レーザーレンジファインダーや弾道計算機、液晶パネル、GPS位置測定装置等を搭載したアップグレード型。主砲は100mm砲のまま。
情報共有型59式  
データリンク機能を付与。
64式戦車回収車  
73式戦車回収車  
64式重牽引車
89式対戦車自走砲砲塔搭載型  
89式120mm自走対戦車砲(PTZ-89)のテストベッドとして製作。
ジャガー戦車  
アメリカとの共同開発。
アル・ザラールI 型  
パキスタンでの近代化改修型。
アル・ザラールII 型  
パキスタンでの近代化改修型。
アル・ザラールIII 型  
パキスタンでの近代化改修型。  
主体砲(M1978「コクサン」)
北朝鮮が59式戦車の車体に、余剰となった170mm沿岸砲を搭載した自走砲

他の採用国[編集]

外部リンク[編集]