62式軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
62式軽戦車
Type 62 tank - above.jpg
上面からみた62式軽戦車
性能諸元
全長 7.9 m
車体長 5.6 m
全幅 2.9 m
全高 2.3 m
重量 21.0 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 60 km/h
行動距離 450 km
主砲 62式54口径85mmライフル砲
105mm低反動砲(M型) ×1
副武装 54式12.7mm機関銃 ×1
59式7.62 mm機関銃 ×1
装甲 砲塔前面40-50 mm
砲塔後面32-38 mm
砲塔上面20 mm
車体前面上・下部各25 mm
車体側面25 mm 後面16 mm
車体上面16 mm 底面 12.6mm
エンジン 12150L-3
水冷V型12気筒
ディーゼルエンジン
430 hp
乗員 4名
テンプレートを表示

62式軽戦車(62しきけいせんしゃ 62式轻型坦克・WZ-131)は、ソ連からの技術供与の元開発に成功した59式戦車をスケールダウンさせた中国初の国産戦車である。山岳、水田、河川の多い地域での運用を目的に開発され、1989年までに1,500輌以上が生産され国内だけでなく海外にも数多く輸出された。現在でも500輌近くが運用されている。

開発[編集]

1950年代、中国は59式戦車での戦車生産を元に、本格的に自国での戦車開発をスタートさせた。技術的限界から59式戦車を元にした軽戦車の開発が企画され、1958年から設計が始まり、1963年から674工場にて生産が始まった。

設計[編集]

車体の基本設計は、59式戦車を一回り小型化したものである。装甲の厚さはベースとなった59式戦車より遥かに薄く、重量は15t 軽く運用性は高い。59式戦車のエンジンの低馬力仕様の12150L-3型12気筒水冷エンジンを搭載した。

兵装は、59式戦車に搭載された105mmライフル砲より小型の62式54口径85mmライフル砲を採用。口径が小型であるため、装弾数も47発と多い(後に装弾数62発に増量)。最大射程は1,200m。当初は照準器のみ搭載されており、移動しながら砲撃する行進間射撃能力は無いに等しかった。後に射撃統制装置暗視装置の追加装備で、原型に比べて射撃能力は遥かに向上した。

運用[編集]

62式軽戦車は主にチベット内蒙古などの山岳地域や華南の低地など道路条件の悪い地域で重宝され、中国人民解放軍陸軍だけで約800輌が配備された。積極的な輸出も行われ、北ベトナム(200輌)、スーダン(70輌)、旧ザイール(現 コンゴ民主共和国)(40輌)、バングラデシュ(40輌)、アルバニア(35輌)、北朝鮮(不明)、タンザニア(30輌)と多方面に輸出された。

中国では1979年の中越戦争で実戦投入されたが、装甲の薄さによる脆弱性を露呈した。特に携帯火器であるRPGによる攻撃で数多くの車輌が撃破された。これを教訓に、翌1980年には装甲を中心に改良が施された62式改軽戦車が開発された。

2000年に105mm低反動砲の搭載やERA装着など延命措置としての改良が行われ現在も約500輌近くが中国国内で使用されている。

2013年2月現在は引退が決まっている。後継は97式歩兵戦闘車(ZBD-97)となる。また、これとは別に、山岳戦用に新型軽戦車を開発中である。

派生型[編集]

正面から見た62式軽戦車
62式軽戦車
62式軽戦車の初期量産型。
62-I式軽戦車
1964年より生産開始。装弾数を62発に増やす。T型マズルブレーキ搭載の新型戦車砲と安定装置、暗視装置を搭載。
62-IA式軽戦車
開発プランのみ。生産されず。
62式改軽戦車
中越戦争での教訓をから新たにレーザー測定器やサイドスカート、HEAT弾やRPG対策として装甲が強化されるなどの強化が行われる。
62式軽戦車北朝鮮仕様
北朝鮮からの依頼によりU-5TU 115mm滑腔砲を搭載したモデル。生産されず。
62-IID式軽戦車
2000年実施された延命モデル。105mm低反動砲を搭載。新型複合装甲、FCSの強化、新型暗視装置の搭載など。
62-IIM軽戦車
前面部を複合素材に変更、対HEAT弾対策としてERA(爆発反応装甲)も追加装着される。

外部リンク[編集]