7.7cm FK 96

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7.7 cm FK 96

7.7cm FK 967.7 cm Feldkanone 96)とは、1896年にドイツ帝国陸軍が制式採用した野砲である。

概要[編集]

FK 96はクルップ社が自社製のFK 73を基に改良した野砲である。しかし反動制御機構は、砲架の脚の内部に仕込んだばねが駐鋤に固定されたもので、限定的な効果しかなかった。

このため、採用の翌年にフランスが砲身後座・液気圧式駐退復座機を搭載したM1897 75mm野砲を開発するとたちまち旧型の烙印を押された。これに対抗するためFK 16の殆どは砲身のみを流用して新型砲架と組み合わせた7.7cm FK 96 nAに改造され、第一次世界大戦にはFK 96のままで実戦投入されたものはほとんど存在しない。

スペック[編集]

  • 口径:77mm
  • 全長:2.15m
  • 全幅:m
  • 重量:919kg
  • 砲身長:mm(口径)
  • 仰俯角:-°~+°
  • 左右旋回角:°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:8発/分(最大)
  • 最大射程距離:m
  • 生産期間:年~年
  • 生産総数:門

関連項目[編集]