8ポンドグリボーバル野砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8ポンドグリボーバル野砲
thum
8ポンドグリボーバル野砲(中央)は、グリボーバル・システムの野砲の中では、12ポンド野砲(左)と4ポンド野砲(右)の中間もサイズである。
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
配備先 フランスの旗 フランス
関連戦争・紛争 アメリカ独立戦争
フランス革命戦争
ナポレオン戦争
開発史
開発者 ジャン=バティスト・ヴァケット・ド・グリボーバル
諸元
重量 580 kg
要員数 砲手13名、馬4頭

砲弾 103 mm
口径 106.1 mm
砲身 200 cm
銃砲身 1
有効射程 球形弾:800-900 m
ぶどう弾:400-600 m
キャニスター弾:400 m

8ポンドグリボーバル野砲(仏:Canon de 8 Gribeauval)はフランスが18世紀後半から19世紀前半にかけて使用した、グリボーバル・システムに属する野砲である。

フランス革命戦争およびナポレオン戦争で大いに使用された。しかしながら、最初の実戦での使用例はこれより早く、1780年から1782年にかけてジャン=バティスト・ド・ロシャンボー将軍が率いるフランス陸軍アメリカ派遣部隊が使用し、特に1781年のヨークタウンの戦いは有名である[1]

8ポンドグリボーバル野砲の操作には13名が必要で、4頭の馬により牽引された[2]

参考資料[編集]

  1. ^ Napoleon's Guns, 1792-1815 - Page 14 by René Chartrand, Ray Hutchins [1]
  2. ^ Napoleon's Guns, 1792-1815 By René Chartrand, Ray Hutchins p.10 [2]