レフィエ75mm砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レフィエ75mm砲
Matériel de l'artillerie-p26-Canon de 5.jpg
種類 野砲
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
配備期間 1873–?
配備先 フランスの旗 フランス
開発史
開発者 ジャン=バティスト・ヴェルシェール・ド・レフィエ
諸元
口径 75 mm
レフィエ75mm砲。長さ:2.00m、重量:475kg、砲弾重量:4.9 kg

1873年型レフィエ75mm砲(仏語:Canon de campagne de 5 de Reffye modèle 1873、英語:Reffye 75mm cannon)は、砲兵将軍であるジャン=バティスト・ヴェルシェール・ド・レフィエ(Jean-Baptiste Verchère de Reffye)が、ムードン造兵廠での最高責任者として開発した19世紀のフランスの野砲[1]。1873年にフランス陸軍に採用された。口径75mmの後装式施条砲で、螺式尾栓を採用した。当初は青銅製であった。

概要[編集]

レフィエ75mm砲の螺式尾栓

レフィエ75mm砲は薬室の閉塞のために隔螺式の尾栓という先端的な機構を採用したが、発射ガスの完全な密閉はド・バンジュ式緊塞方式の発明を待たなければならなかった。砲弾としては炸裂弾を使用した[2]。比較的早い持期にライトール95mm砲(1875年)、ド・バンジュ90mm砲(1877年)に置き換えられた。

ド・ラフィエは1870年にはレフィエ85mm砲を開発している。

1866年には、初期の優れた機銃の一つであるミトラィユーズも開発しており[3]、1870年の普仏戦争において使用されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「フランスは1875年の終わりまでに、75mmや85mmの後装式レフェエ砲6門を備える砲兵中隊を495中隊揃えることができるだろう。」Locomotive Engineers Journal - Page 69
  2. ^ Comparato, page 30 [1]
  3. ^ Clodfelter, Page 3
  4. ^ Clark, p.307 [2]

参考資料[編集]

  • Brotherhood of Locomotive Engineers: Locomotive Engineers Journal (U.S.) 1875
  • Frank E. Comparato: Age of Great Guns: Cannon Kings and Cannoneers Who Forged the Firepower of Artillery, The Stackpole Co. (1965), ASIN B001KJR32I
  • Micheal Clodfelter: Warfare and Armed Conflicts: A Statistical Reference to Casualty and Other Figures, 1500-2000, McFarland & Company; 2 edition (March 11, 2002), ISBN 978-0786412044
  • G. N. Clark: The New Cambridge Modern History

関連項目[編集]